ホンダ フリード マイナーチェンジ正式発表!!! SUVテイストが魅力のクロスターも登場!!


 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」と、2列シート車の「フリード+」が発売から3年目を迎え、10月18日、マイナーチェンジを発表した。すでにCMもバンバン流れているので、ご覧になった方も多いかもしれない。

 これまで明らかになっていなかった正式な価格も合わせ、今回のマイナーチェンジのポイントをご紹介していこう。

■フリードマイナーチェンジモデルの注目ポイント
・クロスオーバーSUVテイストの新モデル、CROSSTAR(クロスター)を新設定
・先進安全運転支援システム、ホンダセンシングを全グレードに標準装備。後方誤発進抑制機能を追加
・スポーツモデル向けのブレーキ操作ステップダウンシフト制御をガソリン車に。ホンダのミニバンとしては初採用
・全車でWLTCモード対応。平成30年排出ガス基準75%低減

【画像ギャラリー】 どこがどのくらい変わった? クロスターは何が違う? 前モデルとギャラリーで比較!

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部/撮影:雨田芳明
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■2代目登場から3年 初のマイナーチェンジ!

 フリードはモビリオの後継車として2008年5月に初代モデルが誕生。その後、2列シート車のフリードスパイクを加え、2008年下半期にはミニバンモデルの販売台数1位を記録している。

 現行モデルは2016年9月にフルモデルチェンジで登場し、初代を含めた累計では85万7000台を販売し、そのうち2016年モデルだけで27万4000台を販売した。

2016年に発売された前モデル。間に「モデューロX」などの発売などがあったものの、純粋なマイナーチェンジとしては今回が初となる。

 フリードのカテゴリーとなるコンパクトミニバンクラスは、1998年に年間48万台規模だったのが昨年は65万台にまで拡大している。

 コンパクトミニバンはミニバン市場全体がダウンサイズ傾向にあるなかでノア/ヴォクシー、セレナなどのミドルサイズミニバンクラスに次ぐ市場だ。

 ちなみにフリードの昨年度の登録台数はホンダ車のなかでもN-BOXの23万9706台、フィットの8万5925台に次ぐ8万3669台を記録しており、それだけにホンダとしても今回のフリードの改良には並々ならぬ力を注いだ格好だ。

■SUVテイストの「クロスター」登場

 今回のマイナーチェンジのポイントは大きく分けてふたつ。

 まずは外観にクロスオーバースタイルのテイストを持たせたモデル、「CROSSTAR」(クロスター)を新設定。

SUVテイストが魅力の新設定モデル「クロスター」

 フロントグリルとバンパー、サイドシルガーニッシュ、リアロアスポイラー、ルーフレール、専用アルミなど標準モデルのフリードとは異なる専用エクステリアが与えられているが、車高は標準モデルと変わらない。

クロスターのリアスタイル。リアのガーニッシュとドアミラーがボディ同色ではなく、シルバーとなるのが標準モデルと違う部分だ

 標準モデルはフロントマスクを中心にフェイスリフトを施されている。

「クロスター」のインテリア。マイナーチェンジ前モデルからデザインは基本的に変更されていないが、ローズウッドの専用インテリアカラーが与えられ、シート生地も専用のデジタルカモフラージュ材が採用されている

次ページは : ■「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ