シエンタ、アルファード、セレナ…快適&便利!! 最新国産3列シートミニバン 14選


 家族が増えたら3列シートを備えるミニバンはとっても便利。多人数が乗車できて、荷物も多く積めて実用性も高い! そこで今回は自動車評論家 渡辺陽一郎氏とともに、3列シートを備えた最新の人気国産ミニバン全14モデルをご紹介! 「オススメモデル」や各モデル「ウリのポイント」、「値引き見込額」まで解説!!!

【画像ギャラリー】 3列シートで快適に!!! 国産ミニバン14モデルの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年11月のものです。また本企画の値引き目標額は流通ジャーナリスト遠藤 徹氏調べによるものとなります
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月10日号


■今、オススメのミニバンはどれか?

 最も推奨されるミニバンは、標準ボディが5ナンバー車となるミドルサイズだ。運転のしやすさと車内の広さを両立させている。特にセレナは3列目が最も広く、シートアレンジも多彩で、ミニバンの機能を充実させた。

 ヴォクシー系3姉妹車は内装が上質で、3列目にも快適に座れる。シートアレンジも簡単で、トヨタらしいキメ細かな作りが魅力だ。

 ステップワゴンは、ハイブリッドを含めて、低床設計に基づくホンダらしい走りのよさに特徴がある。これらのミドルサイズミニバンは、ファミリー向けとあって、突出した個性を抑えて機能のバランスを高めた。

 一方、3ナンバー車は個性が強い。アルファード/ヴェルファイアは、内外装から乗り心地まで、上質感を徹底追求した。デリカD:5は、優れた走破力とディーゼルの搭載でSUVの価値を与え、3列目を含めて居住性も快適だ。

 オデッセイは低床設計で走行安定性が優れ、居住性もいい。特に3列目席の座り心地は、アルファード/ヴェルファイアを上回る。

 以上のようなミニバンの実力は、実際に使わないとわからない。買う時は候補車種を挙げて、できれば家族全員で入念に試乗したい。

■トヨタ シエンタ(2015年登場)

●このクルマのポイント

 1.5Lエンジンを搭載するコンパクトなミニバンだ。全高は1700mm以下だが、薄型燃料タンクの採用で3列目シートの床が低い。膝の持ち上がる窮屈な姿勢になりにくく、コンパクトでも大人6名の乗車を可能にした。

 メーターを高い位置に配置したインパネは、視認性がいい半面、小柄なドライバーは圧迫感を抱く。側方や後方の視界もあまりよくないが、ボディが小さいから運転はしやすい。人気も高く、今年の8月と9月には小型/普通車の販売1位になった。

曲線を使った柔らかな印象を与える内装デザイン。今年9月のマイチェンでは内装の意匠変更はないが、2列シート車が設定された

・価格:180万9500~257万9500円
・JC08モード燃費:28.8km/L(ハイブリッド)
・エンジンラインナップ:1.5L/1.5L HV

●値引き目標:21万円

次ページは : ■トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア(2014年登場)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ