【デザイン、コスパ、走りで選ぶなら…??】 いろいろカー・オブ・ザ・イヤー 2019


 トヨタ RAV4の受賞で幕を閉じた「日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY) 2019-2020」。

 そんな本家COTYに対して、“走り”や“がっかりデザイン”、“「期待外れ」” “「国産中古車」”など、ベストカーならでは(!?)の表彰メニューを設定し独自の「COTY」を開催してみた!

 表彰メニューは以下の12。自動車評論家のみなさんがクルマを選定してくれたぞ! 果たしてどのクルマがどんな賞に選ばれるのか⁈

■表彰メニュー
「走りで選ぶ」COTY/「コスパで選ぶ」COTY/「デザインで選ぶ」COTY/「がっかりデザインで選ぶ」COTY/「SUVだけ」COTY/「期待外れ」COTY/「マイチェンモデル」COTY/「国産中古車」COTY/「輸入中古車」COTY/「スーパーカー」COTY/「MOTY」(メーカー・オブ・ザ・イヤー)/「DOTY」(出来事オブ・ザ・イヤー)

【画像ギャラリー】ベストカー独自のCOTY開催!! 12の賞に輝いたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです
文:国沢光宏、渡辺陽一郎、清水草一、伊達軍曹、西川 淳/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月10日号


■「デザインで選ぶ」COTY……マツダ MAZDA3

(選出者・TEXT:清水草一)

「今年はデザイン面で豊作!」という清水氏。超正攻法で美しいMAZDA3を選んだ

●文句なしにこれ! しっかり眺めるほどにスバラシイ

 2019年の国産ニューモデルは、デザイン面でまれにみる豊作だった! いいデザインが目白押しやんけ! うれしい悲鳴ッス!

 例えばカローラ。これまでカローラがデザイン面で注目されたことなんざ絶無だったが、新型カローラは本当にバランスがいい。例年ならデザインCOTYに選んでもおかしくなかったヨ!

 eKクロスも凄いインパクトだった。人の違和感に訴える刺激的なフロントフェイスは、一度見ると病みつきに。これだけチャレンジングで優れたデザインは、そうそう出るもんじゃない。

 しかしそれでも、やっぱりトップはマツダ3だ。超正攻法で、超シンプルで美しいんだから、文句があろうはずがない。自動車デザインに一家言を持つ者として、これを選ばなかったらバチが当たる!

 徐々に感激は薄れつつあるけど、改めてしっかり眺めれば、本当にスバラシイ!

 次点は、シトロエンC3エアクロスSUV。輸入車勢では、イヴォークもI-PACEもプジョー508もよかったけど、こういう遊んだデザインに次点くらいあげとかないと、息苦しくなるっしょ。

●次点:シトロエン C3エアクロスSUV

■「コスパで選ぶ」COTY……ホンダ N-WGN

(選出者・TEXT:渡辺陽一郎)

人気のN-BOXよりも走行性能が向上しているうえ、衝突被害軽減ブレーキが最新の自転車検知可能型となっているためN-WGNは安全面でも優位性がある

●ベストセラーのN-BOXよりもコスパは上!

 最近は安全装備の充実化や環境性能の向上で、クルマの価格が全般的に高まった。その結果、従来以上に小さな車種が売れ筋になっている。コスパの重要性も高い。

 コスパで最も注目されるのはN-WGNだ。基本部分をN-BOXと共通化しながら全高は約100mm低く、車両重量も40kgほど軽い。走行安定性が一層高くなり、乗り心地も軽自動車では快適だ。

 さらに居住性が優れ、後席の下には、傘などが収まる横長の収納を備えた。荷室は床や開口部が低いため、重い荷物も積みやすい。専用ボードを使うと、荷室を上下2段に分割して使える。

 衝突被害軽減ブレーキのホンダセンシングは、ホンダ車では初めて、自転車の検知が可能になった。軽自動車は街中を中心に使われるので、自転車検知をN-WGNから採用するのは現実的だ。

 価格は「Lホンダセンシング」が136万4000円だから、N-BOXに比べて約18万円安く、買い得感が大きい。

 次点はカローラだ。売れ筋のツーリングSは1.8Lエンジンを搭載して、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、サイド&カーテンエアバッグ、ディスプレイオーディオなどを装着しながら価格は221万6500円に抑えられている。

 税抜き本体価格は従来型のフィールダー1.8Sよりも少し安い。

●次点:トヨタカローラ&ツーリング

次ページは : ■「期待外れ」COTY……マツダ MAZDA3

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ