【1億円オーバーカーも出現】超高額日本車5選


 しばらく前から「日本車の価格が高くなった」とよく言われるようになったが、日産GT-Rの50byイタルデザインの価格が1億円を超えるなど、スーパーカーに属するモデルでは2000万円を超える日本車も出てきた。

 当記事では歴代と今後登場が予想される2000万円を超えるスーパーカー、ハイパーカーを紹介する。

文:永田恵一/写真:NISSAN、HONDA、LEXUS、DOME

【画像ギャラリー】市販されなかった国産スーパースポーツカー


日産GT-R 50 byイタルデザイン

車両価格:約99万ユーロ(日本円で約1億1979万円)

日本車史上最も高額なGT-R50 byイタルデザインの価格は日本円で約1億2000万円。50台の限定販売で、内外装はいかようにもオーダー可能となっている

 3代目スカイラインにレース参戦を念頭に置いて開発された4ドアセダンのGT-Rが追加されたのは1969年のこと。

 それ以来約17年と約5年という空白期間もあったものの、GT-R 50 byイタルデザインはGT-Rが誕生から50年の節目を迎えたことを記念した50台限定車だ。

 GT-R 50 byイタルデザインは2018年7月にイギリスで毎年行われるイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でプロトタイプが発表され、デリバリーは2020年後半から開始される。

 開発はイタリアの名デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏が設立したイタルデザインが手掛けた。

GT-R50 byイタルデザインは2020年の後半からデリバリーを開始する予定という。インテリアはGT-Rの面影を強く残している

 内外装はGT-Rの雰囲気こそは残るものの、まったく別物となっている。また内外装のカラーは限定50台の超高額車ということでいかようにもオーダーできるという。

 機能面を見ると、エンジンはカタログモデルのGT-RのトップモデルとなるGT-R NISMOのものをNISMOがさらに手を加え最高出力720馬力にパワーアップされ、タイヤはカタログモデルのGT-Rより1インチ大きい21インチを履くなどの手が施されている。

 実車が展示された今年の東京オートサロンで話を聞くと、GT-R 50 byイタルデザインはまだ完売していないとのことなので、ごくごく少数にせよこの金額を出せるGT-Rファンだったら検討する価値は大きい。

 なおカタログモデルのGT-R NISMOの2020年モデルの価格も2420万円と、こちらも2000万円オーバーだ。

2014年に初登場したGT-R NISMOの価格は1501万5000円だった。性能の進化とともに価格もアップし、2020年モデルの価格は2420万円!!

ホンダNSX(2代目:現行)

車両価格:2420万円

2020年モデルはビビッドなインディイエロー・パールIIのボディカラーを新設定。現行NSXはフロント左右2個、リアに1個の合計3個のモーターを搭載するホンダらしさ全開のハイブリッドスーパースポーツカーだ

 2016年に11年振りの復活を遂げたNSXはポルシェ911などターゲットにしたスポーツカーから、フェラーリやランボルギーニに勝負を挑むスーパーカーに生まれ変わった。

 ミドシップなのは初代モデル同様だが、現行NSXはリアに1つ、フロントの左右という3つのモーターを持つ3モーターハイブリッドの4WDとなっており、住宅地などではEV走行で静かに走ることも可能だ。

内装カラーは選ぶことができるが、NSXタイプR時代を彷彿とさせるレッドのバケットシートを装備する内装がカッコいい

 現行NSXの初期モデルはやや軟派なところもあったが、2018年に行われたマイナーチェンジでソリッドな乗り味に変更されている。

 現行NSXは若干乗用車的な雰囲気のインテリアに対する不満もあるが、GT-Rと並ぶ日本のスーパーカーとしてタイプRの追加なども含めた今後のさらなる熟成を期待したい。

次ページは : レクサスLFA

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ