【1億円オーバーカーも出現】超高額日本車5選

 しばらく前から「日本車の価格が高くなった」とよく言われるようになったが、日産GT-Rの50byイタルデザインの価格が1億円を超えるなど、スーパーカーに属するモデルでは2000万円を超える日本車も出てきた。

 当記事では歴代と今後登場が予想される2000万円を超えるスーパーカー、ハイパーカーを紹介する。

文:永田恵一/写真:NISSAN、HONDA、LEXUS、DOME

【画像ギャラリー】市販されなかった国産スーパースポーツカー


日産GT-R 50 byイタルデザイン

車両価格:約99万ユーロ(日本円で約1億1979万円)

日本車史上最も高額なGT-R50 byイタルデザインの価格は日本円で約1億2000万円。50台の限定販売で、内外装はいかようにもオーダー可能となっている

 3代目スカイラインにレース参戦を念頭に置いて開発された4ドアセダンのGT-Rが追加されたのは1969年のこと。

 それ以来約17年と約5年という空白期間もあったものの、GT-R 50 byイタルデザインはGT-Rが誕生から50年の節目を迎えたことを記念した50台限定車だ。

 GT-R 50 byイタルデザインは2018年7月にイギリスで毎年行われるイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でプロトタイプが発表され、デリバリーは2020年後半から開始される。

 開発はイタリアの名デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏が設立したイタルデザインが手掛けた。

GT-R50 byイタルデザインは2020年の後半からデリバリーを開始する予定という。インテリアはGT-Rの面影を強く残している

 内外装はGT-Rの雰囲気こそは残るものの、まったく別物となっている。また内外装のカラーは限定50台の超高額車ということでいかようにもオーダーできるという。

 機能面を見ると、エンジンはカタログモデルのGT-RのトップモデルとなるGT-R NISMOのものをNISMOがさらに手を加え最高出力720馬力にパワーアップされ、タイヤはカタログモデルのGT-Rより1インチ大きい21インチを履くなどの手が施されている。

 実車が展示された今年の東京オートサロンで話を聞くと、GT-R 50 byイタルデザインはまだ完売していないとのことなので、ごくごく少数にせよこの金額を出せるGT-Rファンだったら検討する価値は大きい。

 なおカタログモデルのGT-R NISMOの2020年モデルの価格も2420万円と、こちらも2000万円オーバーだ。

2014年に初登場したGT-R NISMOの価格は1501万5000円だった。性能の進化とともに価格もアップし、2020年モデルの価格は2420万円!!

ホンダNSX(2代目:現行)

車両価格:2420万円

2020年モデルはビビッドなインディイエロー・パールIIのボディカラーを新設定。現行NSXはフロント左右2個、リアに1個の合計3個のモーターを搭載するホンダらしさ全開のハイブリッドスーパースポーツカーだ

 2016年に11年振りの復活を遂げたNSXはポルシェ911などターゲットにしたスポーツカーから、フェラーリやランボルギーニに勝負を挑むスーパーカーに生まれ変わった。

 ミドシップなのは初代モデル同様だが、現行NSXはリアに1つ、フロントの左右という3つのモーターを持つ3モーターハイブリッドの4WDとなっており、住宅地などではEV走行で静かに走ることも可能だ。

内装カラーは選ぶことができるが、NSXタイプR時代を彷彿とさせるレッドのバケットシートを装備する内装がカッコいい

 現行NSXの初期モデルはやや軟派なところもあったが、2018年に行われたマイナーチェンジでソリッドな乗り味に変更されている。

 現行NSXは若干乗用車的な雰囲気のインテリアに対する不満もあるが、GT-Rと並ぶ日本のスーパーカーとしてタイプRの追加なども含めた今後のさらなる熟成を期待したい。

レクサスLFA

車両価格:3750万円

2005年にプロトタイプが初公開され、2010年から販売開始となったLFAは限定500台(全世界)が圧倒間に完売し、現在ではプレミアム価格で取引されている

 レクサスの頂点として、コンセプトカーやニュルブルクリンク24時間レース参戦を経て2009年の東京モーターショーでデビューした世界限定500台のスーパーカー。

 成り立ちはカーボンとアルミを適材適所に使ったボディを持ち、V10エンジンをフロントミッドに搭載、デファレンシャルと一体になったトランスミッションをリアに置くというトランスアクスルのFRとなる。

LFAに搭載されるヤマハと共同開発した4.8L、V10(1LR-GUE)は珠玉のユニットとして後世にまで語り継がれるエンジンだ

 LFAが目指したのはレクサスらしいラグジュアリーさや速さはもちろん、それ以上にLAFが注力したのは官能的なサウンドを奏でるV10やドライバーを裏切ることがないハンドリングなどによる最高のドライビングプレジャーであった。

 またLFAは限定500台のうち約50台が速さを追求したニュルブルクリンクパッケージで、こちらは自動車開発の聖地である独ニュルブルクリンクにおいて2011年に当時のFRの市販車としては最速のタイムを記録している。

 LFAの輝きは生産終了から生産終了から7年が経ってもまったく色褪せておらず、ユーザーにはいつまでも大切に乗り続けてほしい。

ニュルブルクリンクパッケージは2011年に発表された。サーキット走行を前提とした高性能バージョンで生産台数は約50台と超希少モデルだ

ホンダNSX-R GT

車両価格:5000万円

NSXがスーパーGTのGT500のホモロゲ取得のために製造したNSX-R GTは5台限定だが、実際に販売されたのは1台と言われている

 NSX-R GTは初代NSXの生産が終了した年となった2005年の2月に限定5台で発売されたスペシャルモデルだ。NSX-R GTが市販された目的はズバリSUPER GT参戦時の戦闘力向上が見込める外装パーツのホモロゲーション(承認、認証)を得るためであった。

 具体的なものとしては空力性能向上のため設計された前後バンパー、リアに装着される大型のエアインテークが挙げられ、これに伴いカタログモデルのNSX-Rに対し全長は180mm、全幅も90mm拡大されている。

 ちなみにエンジンルーム上方のガラス部分にあるリアハッチガーニッシュと呼ばれるパーツは、カタログモデルのNSX-Rにもメーカーオプションで設定があったものだ。

 NSXタイプR GTは限定5台に対し、1台が販売された。

ボディサイドのインテークにより全幅が広げられているほか、最も目立つのがリアのシュノーケル状のエアインテーク

トヨタGRスーパースポーツ

車両価格:1億円オーバー!?

東京オートサロン2018で初公開されたGRスーパースポーツコンセプト。2021年からトヨタはこのクルマでWECに参戦する

 ル・マン24時間レースを筆頭とするWEC(世界耐久選手権)に参戦するトヨタTS050ハイブリッドのロードカーとして、遠くないうちに市販化されるのがトヨタGRスーパースポーツである。

 GRスーパースポーツはナンバーを取得するための対応は行われるにせよ、「公道を走れるTS050ハイブリッド、最高峰のレーシングカー」を目指し、フルパワーとなるシステム出力が1000馬力と言われている2.4L、V6直噴ツインターボ+モーターのハイブリッドなど限りなくTS050に近いものとなるに違いない。

 またWECやルマン24時間レースに今年からスーパーカーの上を行くハイパーカーの市販車をベースにした「LMハイパーカー」という規定が採用される。そのため市販化の暁にはGRスーパースポーツがWECやルマン24時間レースを走る姿も見られそうで、その時も今から大変楽しみだ。

東京オートサロン2020では出展されていなかったが、Gazoo Racingカンパニープレジデントの友山茂樹氏は、スーパースポーツカーの市販を明言

まとめ

 日本車のスーパーカー、ハイパーカーも価格に見合った価値を伴うようになってきた。

 それだけにその種のクルマに加え、今回はオプションなしだと2000万円に僅かに届かないこともあって本企画では取り上げなかったトヨタセンチュリー(1996万2963円)なども含め、こういったクルマたちには日本車のフラッグシップとして世界に通用するクルマであり続けるようたゆまぬ改良を願うところだ。

【参考データ:高額輸入車 】
■ロールスロイス ファントムEWB 6670万円
■ベントレー ミュルザンヌ スピード 3945万7000円
■アストンマーチンDBSスーパーれジェーラ ヴォランテ 3727万円
■マクラーレン720Sスパイダー 3930万円
■メルセデスベンツAMG Cロードスター 2352万円
■フェラーリ812スーパーファスト 4128万円
■ランボルギーニ アヴェンタドールSロードスター 5091万6331円

【画像ギャラリー】市販されなかった国産スーパースポーツカー

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ