トヨタルーミー&タンク 長所とライバル車 両側スライド&室内広々で大ヒット中!!


 総排気量が1.3L以下のエンジンを搭載するコンパクトカーで注目されるのがトヨタのルーミー&タンクだ。ダイハツが生産を受け持つ背の高いコンパクトカーで、トヨタはOEM車として扱う。ダイハツ版のトール、スバルブランドのジャスティもある。

 2019年のルーミーの登録台数は、1か月平均で7638台、タンクも6210台となった。トールとジャスティを加えた4姉妹車合計だと1カ月平均で1万6000台を上回る。

 小型/普通車で販売1位のプリウスが1か月平均で1万466台だから、ルーミー4姉妹車は相当な人気車だ。

 ルーミー/タンクはブランニューモデルとしてはここ近年で最もヒットしていると言えるが、その要因としては、両側スライドドアを採用しながらも2列シートモデルであることがユーザーから評価されている。

 両側スライドドア車が欲しいが、現状ではほとんどが3列シートモデル(ミニバン)となるなか、ルーミー/タンクは貴重な存在なのだ。しかも2列シートゆえに室内は広々感がある。

 そこでルーミー&タンクの実力を改めて探りたい。ライバル車のスズキソリオと比較すると、優劣が分かりやすいだろうということで、この2モデルを対決させる。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】アンダー1.5Lのハイトワゴンの2019年販売ランキング


ボディサイズと運転のしやすさ比較

ルーミー(写真右)とタンク(写真左)はフロントマスクで差別化。ルーミーはトヨタ店、カローラ店、タンクはトヨペット店、ネッツ店の扱い

 標準ボディの大きさは、ルーミー&タンクの全長が3700mmで全幅は1670mm、ソリオは全長3710mm、全幅1625mmになる。

 ソリオは狭い裏道や駐車場での扱いやすさを考えて、全幅を抑えた。ただし車幅が狭いと前輪の切れ角が抑えられ、最小回転半径はルーミー&タンクが4.6m、ソリオは4.8mで少し大回りだ。

ソリオは2015年にデビューし、2016年にハイブリッド追加、2016年にマイチェンをしてエクステリアの質感が高くなっている

内装と居住性比較

 インパネではメーターの配置が違う。ルーミー&タンクはステアリングホイールの奥側に装着したが、ソリオはインパネ中央の高い位置に備わる。

 ソリオの場合、上下方向の視線移動は小さいが、やや左側を見ることになる。インパネの下側にシフトレバーとエアコンスイッチを並べる配置は共通だ。

ルーミー/タンクはセンターパネルが大型化されて目立つこと以外は、きわめてオーソドックスなインパネデザイン
ソリオはセンターメーターを採用。シフトレバーの配置はルーミー/タンク同様にインパネ下部で、扱いやすさを最優先している

 シートの座り心地と各部のスペースは、前席については互角になる。

 異なるのは後席で、ルーミー&タンクはシートの柔軟性が乏しく、乗員のサポート性もよくない。床と座面の間隔も不足して、足を前方に投げ出す座り方になる。先代タントもこれに似た座り心地だったが、現行型では大幅に改善された。

 ソリオの後席も快適とはいえないが、床と座面の間隔は十分に確保され、ルーミー&タンクのような違和感は生じない。

 後席の頭上と足元の空間は両車ともに広い。身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席のスライド位置を後端に寄せると、ルーミー&タンクの膝先空間は握りコブシ4つぶん、ソリオも3つ半だ。

ルーミー/タンクのリアシートは狭くはないが、座り心地はお世辞にもいいとは言えない。ポジションに問題がある
ボディサイズからしても広々としているとは言えないが、ソリオのリアシートのほうが座った時のポジションが自然だ

 ゆったり座れるが、これではリアゲートと後席乗員の間隔が狭まり、追突された時の安全性に不安が伴う。

 そこで実際に乗車する時は、膝先空間を握りコブシ2つぶん程度まで詰めると、リアゲートとの間隔を確保できる。

 この状態でも、ソリオは床と座面の間隔に余裕を持たせたから快適に座れる。ルーミー&タンクは腰が下がって膝が持ち上がりやすい。居住性は総じてソリオが快適だ。

次ページは : 荷室とシートアレンジ比較

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ