【名門レガシイ日本から消滅の危機】次期型登場は来年か!? B4は消えるのか!???


 スバルレガシィは、セダン&ステーションワゴンのラインナップで1989年に初代モデルがデビュー。

 ツーリングワゴンは日本のワゴンブームをけん引し、レガシィ=スポーツワゴンの代名詞となり、長きにわたり君臨したが、現在はそのワゴンもレヴォーグに取って代わられた。

 セダンのB4はジャストサイズの4WDスポーツセダンとして人気を博してきたが、2009年にデビューした5代目で大型化したのが災いし、現在では存在感を失っている。

 ここ数年日本ではビッグネームが苦しい状況にあり、消滅するモデルも少なくないなか、名門レガシィはどうなるのか? 遠藤徹氏が考察する。

文:遠藤徹/写真:SUBARU

【画像ギャラリー】新型は2021年日本デビュー!?アウトバックの系譜をフラッシュバック


かつての栄光はどこへ?

現行レガシィB4のボディサイズは全長 4800 × 全幅 1840 × 全高 1500 mmはクラウンよりもワイドとなっている

 新型レガシイはすでに北米を中心に海外では発売されているが、国内では2021年初めの投入と予想されている。

 日本国内での2019年の登録台数は5024台、月平均419台にとどまっている。これはインプレッサ、フォレスター、レヴォーグ、WRXに次いで5番目であり、スバルのオリジナルモデルではBRZの次に少なく、ますます影が薄い存在になっている。

2019年1~12月の販売台数は、B4の1149台に対してアウトバックは3875台と3倍強だが、ライバルに対して苦戦が続いている

 首都圏にある某スバル店の営業担当者によれば、「レガシイは海外での人気は高いが、日本では大幅な販売不振に陥っている。代が変わるにごとにボディサイズが大きくなりクォリティアップで上級シフトしており、価格も高くなっているので、お客さんがついて来なくなっている」、とコメントする。

 さらに、「B4はセダン市場の縮小で存在価値がますますなくなっている。アウトバックは昨今のSUVブームで多少ニーズはあるが、モデルが古いので販売は頭打ち傾向にある。新型になれば多少望みはあると思われる」と苦悩を語る。

ツーリングワゴンはすでに消滅

 2014年4月15日にステーションワゴンのレヴォーグがデビューしたわけだが、これはレガシイシリーズの主軸モデルである「ツーリングワゴン」を分離独立させ、実質的な世代交代をさせた。

 レガシイシリーズ内で新型にすれば、海外ニーズに合わせてさらにサイズ&クオリティアップせざるを得ず、国内ではもっと販売が頭打ちにならざるを得ないとの配慮があった。

2009年にデビューした5代目が最後となったレガシィツーリングワゴン。ワゴンの不人気が逆風となったのは事実だが、自滅した感は否めない

 レガシイシリーズはツーリングワゴンが抜けて、アウトバックとB4だけになったが、こちらだけでは戦力不足は否めない。

 B4のセダン市場は縮小の一途でSUVのアウトバックも万全ではない。こちらはもともと北米のニーズが高く、これに呼応してあちらで先行投入し、その人気の高さを国内にも持ち込もうとの方針から発売になったという経緯がある。

次ページは : B4は日本で販売しない!?