新型フィットクロスターは「隠れた本格派」だった!! さりげなく3ナンバー化&地上高アップ!!

 2019年の東京モーターショーで世界初公開されながら、軽ハイトワゴンのN-WGNと同様に電動パーキングブレーキの問題で生産開始が遅れていた新型フィットのデリバリーがようやく開始された。

 4代目モデルとなる新型フィットは今のところスポーツモデルのRSがなく少し華に欠ける感があるのは事実だ。

 しかしその代わりにフリードに続くクロスオーバーとなるクロスターが新たに設定され、初期受注でも既報のとおり14%を占めるなど好調となっている。

 当記事では新型フィットはどんなクルマなのかを見ていくと同時に、新設定されたクロスターの魅力について考察する。

文:永田恵一/写真:HONDA、TOYOTA、平野学

【画像ギャラリー】1990年代に登場した元祖クロスオーバーカー国産5選


歴代のDNAを継承しつつ心地よさを追求

初期受注の段階で最も人気が高いのがベーシックの装備を充実させたHOMEだ。価格は171万8200~226万6000円

 新型フィットも広いキャビンやラゲッジスペース、燃費のよさなど「小さいけど街乗りから4人乗車+荷物での移動まで幅広く使えるコンパクトカー」というDNAは歴代モデルと共通である。

 大きく変わったのは「心地よさ」の追求により、さらに日常で使いやすいパートナーを目指した点だ。

 まず見た目で目立つのは親しみやすさを目指したエクステリアと視界の広さだ。

これが新型フィットの大型の三角窓。右左折の際の視界確保に絶大な効果を発揮することは間違いない。こういった細かな配慮がうれしい

 特に後者に関しては衝突の際などの力を受け止めるなどする構造物となる本来のAピラーの前方にフロントピラーを設けることで今までよりずっと大きな小窓(妙な表現だが)を設置。

 結果広い視界や見晴らし、開放感を得た。この点は軽自動車と同じように性別や年齢といったユーザー層が広いフィットにとっては大きなセールスポイントとなるだろう。

新しさを感じさせるインテリア

横基調のインパネデザインは新しさを感じさせる。新型フィットではデジタルメーター、2本スポークのステアリングを新規採用

 インテリアも2020年中に発売される電気自動車のホンダeと共通の2本スポークのステアリングやメーターバイザーレスのデジタルメーターの採用などにより、未来感あるものとなっている。

 またフロントシートは新世代のフレームを使っており、ソフトな座り心地で快適ながら乗員をしっかりホールドする。

 機能面を見ていくと、クルマの土台となるプラットホームは先代モデルの改良版でサスペンションなど各部に細かいモディファイが積み重ねられている。

後席の広さ、快適性はコンパクトカーにライバルはいない。5タイプそれぞれがインテリアでも個性を発揮し差別化されているので購入はかなり悩む!?

初期受注の72%がハイブリッド

 パワートレーンは先代の1モーター+DCTからインサイトやクラリティPHEVにも使われているトランスミッションなしの2モーターとなった1.5Lハイブリッドと、新開発となるCVTと組み合わされる1.3Lガソリンの2つだ。

ハイブリッドシステムは旧型が1モーター+DCTだったのに対し、新型では2モーターを新開発。e:HEVはイー・ヘブではなくそのままイー・エイチ・ブイを読む

 特にハイブリッドは主にエンジンで発電した電気でタイヤを駆動するシリーズハイブリッドとなることはノートe-POWERと同じだが、高速道路などの巡航中にはより燃費効率に優れるクラッチを使ったエンジン直結モードも備える。

 またハイブリッドシステムはコンパクトカーのフィットに搭載するためモーターなどの小型化も行われている。

5タイプすべてにハイブリッドと4WDを設定

電動パーキングブレーキの採用により停止まで対応するようになった先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールがセールスポイント

 運転支援システムは緊急ブレーキ機能、電動パーキングブレーキの採用により停止まで対応するようになった先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールや車線の中央を維持しようとするLKASなどから構成されるホンダセンシングが全グレードに標準装備される。

 なお新型フィットのホンダセンシングは今までのミリ波レーダーと単眼カメラを周囲の情報源としたものから、単眼カメラと前後のソナーを情報源としている点にも注目したいポイントだ。

 バリエーションはグレードというよりもユーザーの嗜好に合うようそれぞれのキャラクターを際立たせた5つが揃う。具体的には以下のとおりキャラクターわけされている。

新型フィットは5タイプを用意。セットオプションを極力少なくし、ユーザーに分かりやすくするための新たな試みと言われている

【5タイプそれぞれの特徴】
■基本となるBASIC
■よりインテリアの質感などを高めたHOME
■フィットネスクラブのようにアクティブなNESS
■ラグジュアリーな方向となるLUXE
■クロスオーバーのクロスター

 という具合になっていて、それぞれにハイブリッドと1.3Lガソリン、FFと4WDが設定されている。

LUXEは旧型の1.5L搭載モデルをさらに高級にした感じのキャラクターが与えられていて、インテリアもほかに比べて高級感にあふれる

クロスターは5タイプのなかで特別な存在!?

レッド×ブラックのツートンカラーがカッコいいクロスター。全幅はノーマルの1695mmに対して1725mmとなるため3ナンバー登録となる

 この記事の主役となるクロスターは新型フィットに先行して、コンパクトミニバンのフリードが2019年10月にマイナーチェンジされた際に追加されている。

 フリードのクロスターはエクステリアでは悪路での干渉に対応したバンパーやサイドシルの樹脂化、ルーフレールの追加、インテリアでは木目調パネルの採用やシート表皮の変更が行われている。

インテリアのデザインは基本的に5タイプ同じだが、クロスターはアクティブに使われるケースを想定して撥水素材を採用

 しかし変わっているのはそのくらいで、「見た目だけのクロスオーバー」という感が強いが、ユーザーはこれを新鮮に感じ好評だ。

 それに対しフィットのクロスターはフルモデルチェンジで加わったフィットの一員ということもあるのか、エクステリアはグリルレスの標準系に対しグリルが設けられ、専用の前後バンパーやクロスオーバーらしいホイールアーチプロテクター(フェンダーの樹脂部分)が付くなど、新型フィットにおけるポジションの違いを感じる。

 なお前後パンパーとホイールアーチプロテクターの追加によりクロスターのボディサイズは標準系に対し全長で95mm、全幅で30mm拡大され、フィット史上初の3ナンバーボディとなるのが最大の特徴だ。

ホンダのクロスター第1弾として2019年に登場したフリードクロスターは全幅はノーマルと同じ。しかしSUVブームもあり雰囲気がウケている
フィットシリーズで初の3ナンバーボディを採用したが、取り回しに関しては標準タイプと変わらないため、恐れる必要はない

ライトなクロスオーバーとして魅力的

 インテリアもアウトドアなどでの使用も考慮し、シートに加えアームレストなども撥水加工されたものとなる。

 そしてフリードのクロスターに対し最大の違いといえるのが最低地上高だ。標準車と変わらないフリードのクロスターに対し、フィットクロスターは15から16にインチアップされたタイヤとサスペンションの変更によりFFで標準系より25mm高い160mm、4WDは5mm高い155mmとなる。

FF系の最低地上高は標準よりも25mm高い160mmとなっている。ホイールサイズも標準が15インチに対してクロスターは16インチとなる

 クロスオーバーというキャラクターを考えると深い雪道への対応や、クロスオーバーの隠れた魅力となる乗降性の向上のためもう20mmくらい最低地上高が高くてもよかった感もあるが、フィットクロスターをライトなクロスオーバーと見るなら十分ともいえるだろう。

 価格は売れ筋となっているHOMEに対し22万円高の193万8200円からとなる。

新型フィットクロスターのライバルとなるアクアのクロスオーバーの全幅はフェンダーモールを追加したことで1715mmとなり、アクアで唯一3ナンバー登録となる

 価格に対しての感じ方は個人差があると思うが、クルマは普通の人にとっては何年かに一度の高い買い物となる商品なのを考えると、多少高くても長期間満足しながら自分に合ったものを選べる可能性が増えるというのは歓迎できる。

 という点などを考えると、フィットクロスターが今後フィットファミリーにおける新たな柱として注目を集めるのはほぼ確実だろう。

フィットクロスターにはルーフボックスがよく似合う。アクティブ派は注目だ!!

【画像ギャラリー】1990年代に登場した元祖クロスオーバーカー国産5選

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ