シエンタ前年比17.9%増加!? クルマ業界+α 大ヒット商品 9選

シエンタ前年比17.9%増加!? クルマ業界+α 大ヒット商品 9選

 消費税増税、(もう正直あんまり話題に出したくもないですが)新型コロナウイルス、冷え込む市場……。昨年から今年にかけて、どうにも景気活性化していない状況ですが、売れまくっているものもあるのです。

 クルマ界はもちろん、各分野の「売れ売れ」のものをドンドコ紹介。景気いい話のシャワーを浴びて景気よくいきましょう!

【画像ギャラリー】眺めてると幸福が舞い込む!? カリナン ウルス ベンテイガの画像をギャラリーでチェック!!!!

※本稿は2020年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:AdobeStock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月26日号


■ロールスロイスの売上が過去最高に!!!

●昨年の世界販売5152台! 過去最高を記録しちゃった!!!

 いきなり、こんなにも景気のいい話。ただでさえお高いロールスロイスが、昨年、創業116年で世界販売台数最高記録。前年比25%増の5152台というからため息が出る。昨年、消費税が10%になる前に、駆け込みでモデルチェンジ前のホンダフリードを買った企画担当は空しくなりました(涙)。

過去最高記録に貢献したカリナン。価格は3920万円から。売れまくりました

 記録更新の要因は、初のSUV、カリナンが堅調に売れたことという。加えて各車に設定される、黒仕立ての「ブラックバッジ」モデルを若い人が好み、好調。販売台数は北米が引き続きトップで、中国、欧州と続き、日本での販売数も記録更新したそうだ。あやかりたい、景気のいい話ね。

●関連記事→【夜の黒王見参!!】 最高級SUV ロールス・ロイス カリナンに漆黒の「ブラック・バッジ」登場

■輸入車モデル爆上がり!!!

●不景気風は関係なし!!? 前年比、大幅増加だらけ!!!

 輸入車を見渡しても、昨年の販売台数が前年比で増加というブランドは多い。例えばジープは16.8%増、ランドローバーは14.8%増、シトロエンは15.5%増、DSは20.7%増……といった具合。ラングラーのような新モデル、あるいはC3のような定番人気モデルが堅調に売れたのが要因といえそうだ。いい商品を作れば、売れ売れになるんですね。

 そして、ここでも目を引くのは前項同様に超高級車。ランボルギーニが24.9%増、ベントレーが20.4%増という事実。「不景気風、どこ吹く風ですか?」という状態だね。

■ランボルギーニ&ベントレー

●世界販売台数が43%も増加! 売れすぎてゴメンね

 そのランボルギーニ、日本の前年比24.9%増も驚くが、昨年の世界販売台数がなんと43%も増加!!! 販売台数は史上最高の8205台でウラカンなども堅調だが、SUVのウルスが4962台と半分以上を占める。ランボのSUVはやはり最強だったか!!!

押し出し感強すぎのウルス 約2918万円
押し出し感強すぎのウルス 約2918万円

 お次はベントレー。昨年の日本販売台数は20.4%増と凄いが、昨年の世界販売台数も好調。7年連続で1万台を超える1万1006台。

 前年比は5%増とランボに比べれば控えめだが、こちらも超高級車だから1台あたりの価格が違う。新型のコンチネンタルGTコンバーチブルやSUVのベンテイガが増加の要因とのこと。

ジェントル感もあるベンテイガ(約2042万円~)
ジェントル感もあるベンテイガ(約2042万円~)

●関連記事→ランボルギーニウルス「猛牛」ぶりを堪能!! 3000万円超高級SUV!!??

次ページは : ■売れまくった国産車に注目!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ