新型コロナ禍マイカー需要増で「クルマ離れ」が止まる!? 見直されるクルマの価値

 2020年5月25日、北海道、神奈川県は解除目安を満たしてはいなかったが、罹患者が減少傾向ということで最後まで残っていた1都1道3県も緊急事態宣言が解除された。これにより、2020年4月7日に発令された新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は全面解除された。

 日本のみならず、世界を揺るがした新型コロナ禍では「パーソナルエリア」が重要視された。そういった理由から注目を集めたのが、公共交通機関とは違い、プライベート空間で移動できる「マイカー」だ。

 緊急事態宣言が出る前には、「子どもをマイカーで送り迎えをしたい」や、「スーパーなどでまとめ買いした時に便利」という理由から、自動車教習所のペーパードライバー講習に申し込みが多かったという。

 クルマ離れがささやかれる昨今だったが、今回の問題を機にクルマが見直されるきっかけになるかもしれない。自動車評論家の渡辺陽一郎氏が、その動きについて分析する。

文/渡辺陽一郎

写真/Adobe Stock(blanche@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】緊急事態宣言が明けたら気になるあのクルマを見に行きたい! これから登場する注目車


■3密回避 人との接触を避ける移動手段として注目されたクルマ

 新型コロナ禍では、外出を自粛して自宅に留まることが求められた。理由は3密(密閉・密集・密接)を避けて、感染を防ぐことだ。言い換えれば、外出をすると3密のどれかに抵触して感染の危険も高まるから、自宅にとどまる。

 そのいっぽうで、人の少ない公園の散歩などには、出かけても構わないといわれた。犬を飼っていたりすれば、散歩に出かけないわけにもいかないだろう。他人と触れ合わず、感染を避ける配慮をした上での外出であれば、問題ないというわけだ。

 そこでクルマがメリットを発揮する。クルマで外出して、他人と接触したら感染の危険も生じるが、単純に移動するだけなら自宅にいるのとほとんど変わらない。クルマが普及を開始した時代には「クルマは動くマイルーム」などといわれた。クルマに乗って30分から1時間ほど走るだけでも、外出した気分を味わえる。常に自己責任の意識を持つことは大切だが、クルマを使えば、他人との接触を抑えた外出が行える。

遠出はできないが、家から出て、違う景色を見るだけでも気分転換になった。どこかに立ち寄らなければ、人と接触することのないクルマはベストな移動手段だった(xiaosan@Adobe Stock)

 外出先で車外に出たい時も、クルマであれば人の少ない場所を探せる。例えばお弁当を持ってクルマで出かけ、いくつかの公園を回って、空いている場所で食べる方法もある。通常なら公園を探しながら走るのは面倒だが、今ならその移動にも意味が生まれる。

 これが徒歩では、目的地の公園が混雑していた時、別の公園まで歩いて行くのは大変だ。他人との距離を気にしながらその公園で過ごすことになりそうだが、クルマなら混雑を避けられる。給油する時も、空いているセルフスタンドを選べば、他人との接触はほとんど生じない。

 新型コロナ禍をきっかけに、ドライブ・イン・シアターも話題になった。広い駐車場にスクリーンを設置して、クルマに乗った状態で映画を鑑賞する施設だ。音声はラジオなどを使って車載のオーディオから流す。

 かつてのドライブ・イン・シアターは、密閉された狭い車内で男女が密接になれることを目的に利用されることもあったが、見方を変えると他人との接触を最小限度に抑えられる。

 後席からはスクリーンが見えにくかったりするから、ファミリーには推奨しにくい面もあるが、新型コロナ禍におけるクルマの有効活用としてはアリだろう。近年はドライブ・イン・シアターも廃れていたから、かつて利用した経験のある中高年齢層が改めて出かけると、懐かしい気分に浸れるかも知れない。

■9割減もあった公共交通機関 落ち込みが最小限にとどまったレンタカー

 クルマは在宅勤務でも重宝する。会社に出勤していると、自宅で仕事をすることは想定されていない。いきなりテレワークを命じられても、スペースを確保するのが難しい場合もあるだろう。特に幼い子供がいると、パソコンを使った会議などでは気を使う。

 このような時、車内を簡易オフィスにする方法がある。今はステアリングホイールに引っ掛ける小さなテーブルも販売され、パソコン程度であれば載せられる。真夏や真冬はエアコンを使う必要も生じるが、春と秋なら、車内での仕事も可能だろう。長時間にわたって同じ姿勢で座り続けると、エコノミークラス症侯群(肺血栓塞栓症)になる心配もあるから時々運動することも大切だが、必要に応じて車内も静かな仕事場になる。

テレワークが実施されたが、自宅では適したスペースを確保できない…という悩みの声も多かった。クルマならば、人の少ない開放的な場所へ行き、車内で仕事をすることも可能だ(starmix@Adobe Stock)

 このほか必要に迫られて外出する時も、クルマであれば、公共の交通機関に比べて他人と接触する機会を大幅に減らせる。例えば親の介護に出かける時など、通常の公共交通機関ではなくクルマを使うユーザーも多いと思う。

 ちなみに2020年3月におけるタイムズパーキングの売上高は、前年に比べて10%少々減ったというが、東海道新幹線の利用者は40%以上減少している。2020年4月には約90%減った。新型コロナ禍が駐車場に与える影響は小さくないが、必要に迫られてクルマで外出する人もいるから、利用者は公共交通機関ほど極端には減っていない。

 また新型コロナ禍が問題化した2020年3月には、大手レンタカー会社で「レンタカーを利用するお客様が少し増えている」という話を聞いた。他人との接触が多い公共交通機関の利用が不安になり、遠方への外出などにレンタカーを積極的に利用するようになったという。そこで新型コロナ禍対策として「ステアリングホイール、インパネ、ドアノブなど、手が触れる部分には消毒を行っている」とのことだ。

JR東日本が発表した、ゴールデンウィーク期間中の予約は前年比9割減。カーシェアも遠出が制限はされていたが、まとめ買いのためにクルマを使いたいというニーズがあり落ち込みは最小限にとどまった格好だ(Paylessimages@Adobe Stock)
カーシェアでは多くの人が利用するということで、次亜塩素酸水(消毒液)のスプレーボトルをクルマに常備。その都度、利用者が消毒できるように対策を行っていた(hiroshiteshigawara@Adobe Stock)

■新型コロナ禍で見直されるクルマの価値

 今回の新型コロナ禍が終息したあとも、日常的な衛生に対する見方が、以前とは変わるだろう。インフルエンザの被害は以前から大きく、2018年には日本国内だけで3325人が亡くなったが、あまり気にしない人も多かった。この意識が変わってインフルエンザに対する危機感も高まり、新型コロナ禍が終息しても、公共の交通機関などでマスクを使う人はあまり減らないと思われる。

 特に混雑した電車など、他人同士が密接に触れ合う環境には、不安や嫌悪感を抱くようになる。今までは働き方改革に基づく在宅勤務や時差出勤など、面倒で敬遠したい気持ちもあったが、これからは自分の身を守るために積極的に活用するのではないか。いわば新型コロナ禍により、働き方改革が強制的に進められたわけだ。困難に対応するために新しい働き方が身に付き、「安心と健康を得られるなら、このスタイルでも生活していける」と多くの人達が納得し始めている。

 この新しいライフスタイルとクルマの活用は親和性が高い。クルマの「いつでも、どこでも、好きなところに行ける」価値観は、1両の電車に大勢の人が乗車したり、1つの部屋で複数の社員が仕事をする集団的な行動の対極にあるからだ。テレワークによってビジネスとプライベートの時間を積極的にコントロールするライフスタイルは、他人に左右されないパーソナル性の強いクルマの移動に似ている。

 クルマの売れ行きが1990年をピークに下降していく過程では、「クルマの敵は携帯電話とインターネット」といわれた。クルマはいつでも、どこでも、好きなところに出かけて人と会えるコミュニケーションツールだから、携帯電話やインターネットで繋がれば、クルマは駆逐されるという見方があった。

 この考えは間違いではないが、今後は新しい段階に入る。クルマと携帯電話やインターネットを対立させる構図ではなく、パーソナルなツールとして共存させる利用法だ。進化したテレワークによって普段離れた場所で仕事をしているからこそ、クルマで出かけて、リアルに会いたい欲求が生まれる。

【画像ギャラリー】緊急事態宣言が明けたら気になるあのクルマを見に行きたい! これから登場する注目車

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ