来るかPHV新時代 RAV4 PHV発売!! 140万円高の実力やいかに!??

AUTOモードの走行性能はいかに?

 AUTOモードではモーター走行を主体に、アクセルを大きく踏み込んだ場合などにエンジンが始動。コーナーの立ち上がり加速ではEVモードとは明らかに違う、システム出力306psの威力で鋭い加速を見せつける。

 怒涛の加速性能は、アウトランダーPHEVをも軽く凌駕するし、ハンドリング性能も、最新のTNGAプラットフォームの低重心設計が威力を発揮し、アウトランダーより動かしやすい。

SUVにおいてのPHV先駆車 <strong>三菱アウトランダーPHEV</strong>
SUVにおいてのPHV先駆車 三菱アウトランダーPHEV

 とまあ、サーキットで乗っちゃうとこんなインプレが先走っちゃうのだが、一般道をイメージした速度域でももちろん試した。

 レーンチェンジをイメージした動では、重いバッテリーを低く、また車体前後中央に搭載しているメリットだろう。動きがドッシリ穏やかながらも正確で、イヤな位相遅れのような動きがない。

 また乗り心地も、しっとりしなやかで、基準車RAV4ハイブリッドとは一線を画する上質感を醸し出す。このあたりがRAV4 PHVの一番の魅力となるだろう。

 ハイブリッド仕様に比べて約80万円プラス、純ガソリン仕様に比べて約140万円プラスの価格は、この動力性能とプラスaの魅力に価値を見出すなら、それなりにリーズナブルだとも思う。

RAV4 PHV 価格表

【画像ギャラリー】エコ&インパクトな走行性能をもつRAV4 PHV、いざ出陣!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!