ハリアー、タフト…異例のSUV新車ラッシュ! 国産各社の狙いと背景は?


 トヨタの新型ハリアー、RAV4 PHV、日産 キックス、ダイハツ タフトと一挙に4モデルがデビュー! 異例のSUV新車ラッシュ月間で各社の狙いは?

 2020年6月は異例のSUV新車ラッシュ月間となっている。8日にRAV4 PHVが発売されたのを皮切りに、10日にはダイハツ初の軽SUV、タフトが発売。さらに、新型ハリアーが17日に、キックスが24日に発売予定となっている。

 コロナ禍の影響があるとはいえ、1ヵ月に4モデルが一挙に発売され、しかも同一のジャンルであることは異例だ。そのことからもSUV人気の高さを伺えるが、各社がこのタイミングでそれぞれのモデルを投入した狙いとは?

文:渡辺陽一郎、写真:トヨタ、日産、ダイハツ、スズキ、日産、池之平昌信

【画像ギャラリー】RAV4 PHV、タフト、ハリアー、キックス、新型車続々登場!!


新型ハリアー「全店併売に合わせてRAV4と差別化」

 2019年から2020年に掛けて、各メーカーはSUVを活発に発売している。特に注目されるのがトヨタだ。2019年にRAV4とライズ、2020年にはハリアーを加え、秋にはヤリスクロスも投入する。

2019年11月にデビューした新型ライズ。販売台数では2020年1月、2月と首位になった。

 前輪駆動ベースのSUVをコンパクトで価格の安い順に並べると、ライズ/ヤリスクロス/C-HR/RAV4/ハリアーとなり、綿密なSUVラインナップを構築する。

 各車種間の価格差は15~30万円だから、用途、好み、予算に応じて選びやすい。かつてのスターレット/カローラII&ターセル&コルサ/カローラ&スプリンター…、とそろえた時代を思い出させる。

 しかも以前はRAV4のユーザーがハリアーに乗り替えるには販売店を変える必要があったが、2020年5月からは全国のトヨタの販売店が全車を扱っている。販売店を変えずにすべてのトヨタ車を選べるから、人気の高いSUVは売れ行きをさらに伸ばす(逆に不人気車は一層落ち込む)。

 ハリアーはもともとフルモデルチェンジの時期を迎えていたが、全店/全車併売とタイミングを合わせた。

6月17日にデビューする新型ハリアー

 この戦略はいかにもトヨタらしい。以前はSUVの車種増加に慎重だったが、他社の販売動向から好調に売れると判断すれば、車種を一気に増やしてSUVの需要を根こそぎ奪う。

 以前の前輪駆動に移行したり、ミニバンを充実させる時と同じく、大きな販売網を生かした囲い込みを行った。

 そしてハリアーは、前輪駆動ベースのシティ派SUVでは(オフロードSUVのランドクルーザー&プラドを除く)最上級車種になる。トヨタのSUVではイメージリーダー的な存在で、人気の高かった従来型から乗り替えるユーザーも多い。

 そこで新型は、ハリアーらしさを一層際立たせた。エンジンやGA-Kプラットフォームは基本的にRAV4と共通で、合理化を図りながら、個性を際立たせる高効率な車両開発を行っている。SUVの特徴を巧みに利用した戦略だ。

RAV4 PHV「人気SUVにPHV追加で先進性訴求」

 RAV4は1994年に初代モデルを発売した。この時は5ナンバーサイズのコンパクトなシティ派SUVで、価格も割安だったから、クルマ好きの多かった当時の若年層の間で人気を高めた。

 ところがこの後、フルモデルチェンジを行う度にボディが拡大され、売れ行きが下がった結果3代目で国内販売を終えた。4代目RAV4は、国内では売られていない。

RAV4は2019年に復活を遂げた。

 ところが約3年の空白期間を経て、2019年に5代目の現行RAV4が復活した。以前と同じく海外向けだが、5代目の外観にはオフロードモデルの雰囲気もあり、SUVの原点回帰を感じさせる。

 ハリアーとは異なる魅力が備わり、共存できると判断された。SUV需要の拡大もある。国内新車販売総数に占めるSUV比率は、2005年頃は4~5%だったが、2019年頃には14~15%に達していた。

 そこで5代目RAV4を改めて発売すると、価格が比較的高い割に好調に売れた。一番の人気の理由は、先に述べた水平基調で角張った外観だ。野性味と存在感が強い。

 エンジンは直列4気筒2Lのノーマルタイプと2.5Lハイブリッドで、前者はコストを抑えやすい。駆動方式は4WD中心で、悪路を含めた走りの良さを訴求している。

 このRAV4のイメージに沿って、2020年6月にはPHV(プラグインハイブリッド)を加えた。トヨタのPHVはプリウスに次いで2車目だから、RAV4を環境性能を訴求する基幹車種に位置付けている。

6月8日にデビューしたばかりのRAV4 PHV

 RAV4・PHV・G(4WD)の価格は469万円だ。4WDのハイブリッドGが約389万円、4WDの2.0Gが約326万円だから、PHV・Gは2.0Gに比べて143万円高い。

 それでも駆動用リチウムイオン電池の容量は18.1kWhと大きく、充電された電力だけで95kmを走れる。前輪側のモーターは最高出力が182馬力、最大トルクは27.5kg-mで、RAV4ハイブリッドの120馬力・20.6kg-mを大幅に上まわる。

 つまりRAV4・PHVは、RAV4ハイブリッドに充電機能を加えたクルマではなく、走行性能まで向上させた。RAV4のイメージリーダーであり、MIRAIと並んでトヨタの電動車の先進性をアピールする存在でもある。

 大人気のRAV4に先進的なプラグインハイブリッドを組み合わせることで、トヨタ全体のブランドイメージを高めることもねらっている。

次ページは : 新型キックス「売れ筋e-POWER&小型SUVテコ入れで国内投入」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ