実は俊作ワゴンだった!? 惜別ジェイド 隠れたホンダの佳作が生産終了に!


 ホンダ ジェイドが生産終了となることが明らかになった。

 ホンダ広報部に確認したところ、「ジェイドは2020年7月に生産終了となります。すでに販売店にも案内を出しています。(生産中止の理由は)事業性を考え、日本のラインナップを再検討した結果です」とのことだった。

 なにせジェイドは、とことん売れなかった。これだけ売れなければ、消滅やむなしである。

 しかし、ジェイドの車としての評価は思いのほか高かった。そこで、本稿では車生を終えるジェイドに惜別の想いを込め、「ジェイドを高く評価している」という清水草一氏に、その魅力を解説してもらった。

 嗚呼ジェイド、君は確かに人気を得られなかったが、素晴らしい車だった。ありがとう、ジェイド!

文:清水草一
写真:編集部、HONDA

【画像ギャラリー】3列目は激狭!? ホンダ ジェイド「写真」が物語る割り切りの美学と秀逸デザイン


ストリーム消滅の穴を埋めるべく登場した悲運のジェイド

日本では2015年2月に発売されたジェイド。発売当時は3列シート仕様のみで、パワートレーンもハイブリッドのみだった

 もともとジェイドは、中国市場をメインに開発されたグローバルカーで、日本市場への投入は、ストリーム消滅の穴を埋めるため。

 ストリームが消滅したのも販売不振が原因で、そもそも全高の低いスポーティタイプのミニバンは、国内では完全に市場を失っていた。そこに、ストリームよりサイズが大きく価格も高いジェイドを投入しても、売れないであろうことは予想できたんじゃないか……とは言える。

 あまりの販売不振により、2018年には2列シートのステーションワゴンタイプが導入されたが、国内ではステーションワゴン市場も微々たるものになっているから、これが起爆剤になるはずもなかった。

 しかし、個人的な嗜好ではありますが、私はジェイドが大好きだった。最初に試乗した時から強く惹かれ、真剣に購入を検討したくらいだ。価格を見た瞬間に「高すぎる!」と思い、結局買いませんでしたけど……。

実はジェイドが魅力的である2つの理由

ジェイドハイブリッド。かつてのステーションワゴン型ミニバン的で、ワゴンとミニバンの中間ともいえる伸びやかなフォルム

 なぜジェイドに魅力を感じたか。第一の理由はデザインだ。

 ジェイドは、ミニバンとしてはぶっちぎりに速そうなフォルムを持っており、非常に格好良い。ホンダはかつて、アコードエアロデッキやアヴァンシアというクルマを作ったが、ジェイドのフォルムはその発展形であり完成形である!

 フォルムは完ぺきな流線形で、しかもリヤフェンダーの豊かなふくらみが、大地に踏ん張る感を強く醸し出している。斜め後ろから見た姿には惚れ惚れする。

 ひょっとしてジェイドは、歴代ホンダ車の中でも、指折りにデザインの優れたクルマだったのではないか。少なくとも初代・2代目ストリームとは、比べ物にならないほど美しい。

3列目シートは画像のように頭上空間が厳しく緊急用的な位置づけだが、大人4人で使えば居住性や積載性能も充分で優れたワゴンだ

 パッケージングも秀逸だった。ジェイドは、「3列目シートがメチャメチャ狭い」と酷評され続けたが、そもそもミニバンの3列目なんて、そんなにしょちゅう座るもんですか? 実態としては「たまに」じゃないですかねぇ。ならこの程度で充分。

 しかもその3列目シート、しっかり床下に収納できるのである。そのまま一度も使わなくたってぜんぜんかまわない。

 2列目の贅沢なキャプテンシートが、V字型に前後スライドするのもカッコよかった。めいっぱい後ろに下げると、シートがセンターに寄る。するとフロントガラスを通して前方視界が良くなって、後席の乗員も気持ち良い。

 4人乗り+αとして使えば、実にステキなパッケージングだったのである。逆に5人乗りのステーションワゴン仕様については、特にイイとも何とも思いませんでした。

次ページは : ジェイドは素晴らしいハンドリングワゴンだった!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ