新生日産の今後を占う重要モデル!! 日産アリア アリやそれともナシや?

 2020年5月28日の決算会見の場で、日産は昨年の東京モーターショーに出展したEVコンセプト「アリア」を、2020年7月15日に発表すると明言した。

 ご存知のように現在、日産の経営状況は芳しくない。そんななか発表されるアリアを、日産は新たなフラッグシップと考えているフシがある。今回は、アリアがそれに足る魅力を備えたクルマなのか否か探っていく。

※本稿は2020年6月のものです
文/ベストカー編集部、木下隆之
写真/NISSAN
初出:『ベストカー』 2020年7月26日号

【画像ギャラリー】もうすぐ登場! 日産のイメージリーダーとなれるか!? 「アリア コンセプト」を詳しくチェック!!


■日産復活を告げる狼煙となるか!? 新たなEVクロスオーバー

 アリア最大の特長、それは前後に高出力モーターを搭載した電動4輪駆動であるという点に尽きる。

日産が送り出す新型EV「アリア」。コンセプトでは、全長4600×全幅1920×全高1630mmと、車幅はR35 GT-R(1895mm)よりも広く、全長はエクストレイル(4690mm)よりも短いサイズだった
寝かされたリアピラーが作るクーペ的な外観も魅力。21インチホイールが市販時にどうなるか

 モーター出力は明らかになっていないが、2019年試乗会が行われたリーフベースの電動4輪駆動試験車が、300psを超える出力を発生していたことから、アリアも同様の出力を確保していると思われる。この出力のモーターが見せる発進・加速性能が、そうとう高次元のものであることは想像に難くない。

 さらに優れているのがトラクション性能だ。GT-Rが積む「アテーサE-TS」、エクストレイルの「インテリジェント4×4」などの開発から得たノウハウをもとに、モータートルクやブレーキなどを統合制御する「e-4ORCE」というシステムを搭載する。高いライントレース性を実現し、どんな路面状況であってもドライバーは自信を持って運転できると日産は説明している。

「e-4ORCE(イーフォース)」はアテーサE-TS、インテリジェント4×4システムの開発実績を通じて生み出された電動駆動4輪制御技術の名で、当然アリアに搭載される。「多くのプレミアムスポーツに匹敵する安定したパワーとハンドリングを実現する」とは、日産による説明

 バーチャルパーソナルアシスタントによる情報提供といった、コンセプトカーが謳ったコネクテッド技術がどこまで実装されるかは未知数だ。だが、高速道路上でのハンズオフ走行を可能にする「プロパイロット2.0」の搭載は確実と思っていい。

 かように日産アリアには魅力的な性能が与えられている。新しさを感じさせる外観、スッキリとした内装など、見た目にも強い魅力を備える。ヒットする要素は充分に思えるが、はたして……。

インパネとドアパネルがシームレスにつながるスッキリとした印象のコックピット。ディスプレイモニターは12.3インチ

 2020年7月15日発表ゆえ、当然まだ試乗できない「アリア」。だが、その走りの片鱗を知ることはできる。アリアが搭載する電動駆動4輪制御技術、日産はそれを積んだリーフベースのテストカーに2019年10月、ジャーナリストを乗せていたのだ。いかなる走りを見せたのか。木下隆之氏に聞いてみた。

電動駆動 4輪制御技術テストカーのスペック

■LEAFベーステストカーに見る アリアの異次元ハンドリング(TEXT/木下隆之)

 リーフe+電動駆動4輪制御技術車の凄さはふたつ。ひとつはそのパワー。69.3kgmという怒涛の出力が炸裂すると、吐き気がするほどの加速を示す。だが、もっと感心させられたのはその操縦性だった。

 標準のリーフはフロント駆動だから、例えばウエット路面での旋回ではアンダーステアに陥ることがある。だが、4輪制御が加わるとアンダーステアが魔法のように消える。

優れたハンドリング性能以外に、[1]加減速でも揺れが少ない [2]雪道や雨の日でも運転を楽しむ余裕が持てるなどの効果があるという
1/10000秒という驚異的な速さで緻密にモーターを制御している

 といっても、スキッドコントロールで駆動力を絞っていのではない。フロントタイヤの旋回力が限界に達すると、そのぶんリアの駆動力を強めるのである。パワーを絞らないからもたもたすることなく、高い旋回速度をキープすることができた。

 いわばGT-Rが採用しているアテーサE-TSの応用だと考えればわかりやすい。GT-Rは後輪がスライドを始めた瞬間、駆動力をフロントに分け与えて安定性と加速性能を稼ぐ。このテストカーは、フロントが限界に達すると、フロントの駆動を抑え、リアの駆動力を高める。発想としては似ているのだ。

 ただし、ガソリンエンジンがパワーのやりくりで安定性を稼ぐのに対して、電気モーターは加えるだけだ。しかも、モーターの反応は圧倒的にガソリンに勝るから、制御は緻密である。コンピューターの指示したとおりの制御が可能なのである。これがアリアに搭載されたら、とんでもないことになるだろう。

■そろそろいこう最終結論 魅力充分 日産アリアは アリやそれともナシや

 充分な魅力を備えることがわかったアリア。だがそれだけで売れるとはかぎらない。最後はベストカーでおなじみの3人の評論家に判断を聞いてみたい。アリア、アリやナシや?

●国沢光宏はこう見た 【アリ!】
RAV4 PHVより高すぎなければ

 基本的に「アリやね!」と思っているけれど、価格次第では厳しいかもしれません。というのもガチンコのライバルになること間違いなしのRAV4 PHVの価格が予想より大幅に安かったからだ。

 なんせ電気自動車に匹敵する18‌kWhというバッテリーを搭載しているため、普段使いは電気自動車と言っていい。それでいてガソリン入れれば航続距離は「根性次第」。500万円台の真ん中以上という予想だったのに469万円から。アリアがRAV4 PHVの価格を大きく超えていれば厳しいと思います。

●鈴木直也はこう見た 【微妙……】
コロナ騒動も影響しそう。判断困難

 アリアは技術的にもマーケティング的にも意欲作だ。ツインモーター4WDの”e-4ORCE”は、パワフルなだけではなく操安性に新次元を拓く技術だし、価格的にも日産EVでは初のプレミアムゾーン狙い。

 プレミアムEVというと、テスラ「モデルS」やジャガー「I-PACE」のように1000万円超えが常識だったが、ほぼ半額でそこに肉薄するパフォーマンスが手に入ると思えばスゴイよね。

 しかし、世の中一寸先は闇。突然のコロナ騒動の影響がどう出るか……。個人的には黄信号が灯ったと思うなぁ。

流行りのクーペSUV的スタイル。圧倒的な加速性能に、新次元のハンドリング。たっぷりの魅力を備えたアリア。だが不安要素が皆無かといえば、そうではない

●渡辺陽一郎はこう見た 【アリ!】
イメージリーダーゆえ高額でもOK

「電気自動車はここまでデキる」を示すのがアリアの使命だ。前後に鋭く反応するモーターを搭載して、4輪独立ブレーキ制御も積極活用する。加速は機敏で、操舵角に忠実に曲がり安定性も高い。少し不自然でも異次元の走りに凄いと感動させ、日産電動車のイメージリーダーに据える。

 価格はリーフe+ Gよりも約200万円高い700万円前後だろう。大量には売れないがイメージリーダーだから構わない。クルマ好きの富裕層なら、メルセデスベンツの次にポルシェ、そしてアリアという乗り換えもアリアです。

 価格設定面での不安を指摘されながらも、おおむね好意的な反応が返ってきたアリア。なんとか比較的廉価な価格で登場し、日産の反攻はアリアから始まったと言われるようになってほしい。以上。

            ◆        ◆        ◆

 価格設定面での不安を指摘されながらも、おおむね好意的な反応が返ってきたアリア。なんとか比較的廉価な価格で登場し、日産の反攻はアリアから始まったと言われるようになってほしい。

【画像ギャラリー】もうすぐ登場! 日産のイメージリーダーとなれるか!? 「アリア コンセプト」を詳しくチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ