BMW Z4が中古だとスープラより断然お得な訳 新車は約100万円高なのに!?

 2019年5月、17年振りに復活した「スープラ」。日本国内において3代目にあたる現行モデルは、BMW社との包括提携による初の商品で、ネーミングもトヨタ「スープラ」ではなく、「GRスープラ」を名乗っている。

 クーペモデルのスープラに対して、兄弟車となるBMWは2シーターオープンカーの「Z4」を販売。新車価格もスープラの499万5000~731万3000円に対して、Z4は580万~850万円と対応するグレードで比較すると、だいたい約100万~約120万円高くなっている。

 今回は登場から1年が経過したスープラとZ4の中古車相場を比較し、どちらがお買い得になっているのかを調べてみた。

文/萩原文博
写真/BMW、TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】どこがどう違う? トヨタ「GRスープラ」とBMW「Z4」を比較チェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ