カローラ、プリウス…盤石の強さの源 不安を跳ねのけて成功した現行トヨタ車たち


カローラ&カローラツーリング

デビュー:2019年

セダンのカローラ、ステーションワゴンのカローラツーリング、ハッチバックのカローラスポーツの3タイプはどれも堅調な販売をマークしている

 2019年に登場したセダンのカローラとステーションワゴンのカローラツーリングは、カローラが長年売れ続けたクルマということによる母体となる保有台数の多さや、それに伴う安心感に代表されるある種のブランド力などの強みがあったのも事実である。

 しかし、現行モデルからほぼ5ナンバー車のイメージしかないカローラが3ナンバー幅となる点は大きな懸念だった。

 その懸念に対しトヨタは日本仕様のカローラとカローラツーリングを海外向けに対し全長、全幅ともに縮小した3ナンバー幅ながら日本専用ボディにするという誠意を見せたほか、一部グレードのみながら5ナンバー幅となる先代のカローラアクシオ(セダン)とフィールダー(ステーションワゴン)も継続販売することでも対応。

カローラシリーズで最も人気があるのがツーリングで、スタイリッシュなルーフラインがユーザーから好評。スポーティな走りも人気の要因

 さらにカローラとカローラツーリングは最近のトヨタ車ということもありカローラらしい気軽に運転できるという美点に加え、適度な趣味性のような魅力も持つようになった。

 それぞれリアシートが若干狭いのとセダンのリアシートへの乗降性の悪さという弱点はあるものの、それ以外は死角のないミドルクラスカーに成長。

 そんなクルマだけにカローラ、カローラツーリングとも販売は好調だ。

全幅は1700mmを超える3ナンバーサイズとなったセダン&ツーリングだが、リアの居住性はそれほど優れていない。しかし全体的な満足度が高く、ネガもカバー

タンク&ルーミー

デビュー:2016年

ハイトワゴンの人気が高いなか、圧倒的な強さを見せているのがタンク/ルーミー。質感の面で安っぽさは否めないが、使い勝手のよさ、安さが魅力

 タンク&ルーミーはスライドドアとなるプチバンとしてよく売れているスズキソリオをターゲットに、2016年に登場した。

 タンク&ルーミーはダイハツ主導で開発されたモデルのため、コンパクトカーの中でも小さい部類となるパッソ&ブーンがベースだ。

 タンク&ルーミーは使い勝手こそ良好だが、パッソ&ブーンの古さもあり、乗り心地などの動的質感や自動ブレーキの性能といった質や味は全体的に低く、簡単に言えば安っぽい。

クルマに速さや楽しさを求めない人にとっては、ユーザーフレンドリーに設計されたタンク/ルーミーは非常に魅力的に映るハズ

 安っぽさという致命的な欠点があるタンク&ルーミーだが、「需要の多いプチバン+トヨタ全ディーラー扱いの最強の販売力」という要素が組み合わされたこともあり、昨年は2台を合計すると約16万6000台を販売。欠点を見事に販売力で押し切っている。

 だが、現行のタンク&ルーミーはつなぎ的なモデルであってほしく、次期モデルではダイハツで新世代となるDNGAプラットホームを進化させるなどしながら成長してほしい。

次ページは : ハイラックス

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ