シビックタイプRはどこへ行く? 次期型はツインモーター400psで4WD!?

4WD化で2Lターボ世界一を狙ってほしい

 シビックタイプRについていえば、4代目が登場した時に、タイプRがターボエンジンでいいのか、という論争もあった。しかし、NA、ターボの問題ではなく、有無を言わせないだけの性能によりユーザーを納得させた。

 ホンダは2025年までに欧州で販売する全モデルを電動化する、と発表したことで2022~2023年にデビューすると思われる次期シビックタイプRについては電動化が確実視されている。

2022~2023年にデビューすると予想されている新型シビックタイプR。2直4ターボ+2モーターにより400psで、トルクベクタリング4WDを採用か(予想CG)
2022~2023年にデビューすると予想されている新型シビックタイプR。2直4ターボ+2モーターにより400psで、トルクベクタリング4WDを採用か(予想CG)

 ベストカーのスクープ情報によれば、2L、直4DOHCターボを搭載し、後輪を2つのモーターで駆動するトルクベクタリング4WDが採用されるという。パワーはエンジンとモーターを合わせて400psをマークするという情報もある。

 個人的に次期シビックタイプRには安易に電動化には知ってほしくない、という気持ちはあるが、存続するためには電動化は必須というのなら致し方ない。

 タイプRに4WD? という論争は当然起きるだろうが、FF最速を本気で追求してきたように、先述のAMG A45 を凌駕する世界一の2Lターボ搭載車になってもらいたい。そのための手段としてハイパワー化とともに4WDは必須となる。

 次期シビックタイプRでは4代目登場時のターボ論争同様に、結果でユーザーを納得させてほしいと思っている。

ターボかNAか、FFか4WDかの論争は当然出てくるが、最終的には2L直4ターボ搭載車で世界ナンバーワンに輝くことで誰もが納得するはずだ
ターボかNAか、FFか4WDかの論争は当然出てくるが、最終的には2L直4ターボ搭載車で世界ナンバーワンに輝くことで誰もが納得するはずだ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!