新型シビックタイプRは2022年登場へ!! 2Lターボ&モーターで400ps‌!!?

 先日、ホームページを通じ今夏を予定していたマイナーチェンジ版の発売延期がアナウンスされたホンダ シビックタイプR。

 新しい発売日についての情報が待ち遠しいところだが、そんな最中に今度は2022年次期型、つまりフルモデルチェンジの情報が入ってきた!!!

【画像ギャラリー】果たして次期型はどんな姿に!!? 改良型 限定版 予想CGをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものを適宜修正しています
文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年7月26日号


■ビッグマイナーチェンジ版は今夏の発売を再度延期

 現行型シビックタイプRのデビューは2017年7月だが、ベースとなるシビック自体は2015年秋に先行して北米、続いて欧州で登場しており、シビック自体のフルモデルチェンジが来年、2021年に計画され、開発が進行している。

 次期型シビックにもタイプRは用意されており、現行型同様、最初からタイプRを念頭に置いた開発が進められている。

こちら、すでに発表されている現行型のビッグマイナーチェンジ。320ps/40.8lgmのエンジンに変更はない

 シビックタイプRといえば、現在は一時的に販売が中断しているが、それはホンダがアナウンスしているように、操安性能をより高めるための大がかりなマイナーチェンジを予定しているため。

 その内容はすでに発表されているとおりで、エンジンスペックに変更はないものの、サーキット走行でネックとなる冷却性能を高めるためにフロントグリルの開口部を大きくするとともに、それによって悪化する空力性能をアンダースポイラー形状などの工夫でほぼイーブンに維持するなど、実にマニアック。

 シャシーチューニングでは、フロントボールジョイントのフリクション低減による追従性向上や、リアサストーイン量増加によるリア接地性向上など、これまたマニアックだが確実にレベルアップする変更を加えている。

 このビッグマイチェン、本来ならもうすでに販売開始の計画だったのだが、新型コロナウイルスによる影響で発売の延期が発表されている。

 そんなさなかの“次期型タイプR”情報だ。

■2Lターボ+モーターで400ps!?

 ベストカースクープ班はテスト走行を繰り返す新型シビックの車体をベースとしたタイプRの姿を捉えた。

ベストカーによる予想CG。ボディ形状を最適化することで空力付加物を最小限にし、スッキリした印象となるという。

 テスト車は偽装を施されているものの、明らかに現行型シビックとは異なるシルエットで、新型とわかる。

 エンジン音からターボエンジンを搭載していることは明確。おそらく、これは現行型同様、直列4気筒2Lターボだ。

こちらもベストカーによる予想CG。ホンダとしては、現行タイプRでは、ダウンフォースのための空力付加物が、ドラッグの要因になっているとの反省がある

 さらに興味深い情報として、新型シビックタイプRには、後輪をふたつのモーターで駆動する、トルクベクタリング4WDが採用されるという。

 これはレジェンドで実用化され、前後逆転したシステムがNSXに採用されている。

エンジンは現行型にも搭載される直列4気筒ターボを搭載するとみられている。最新の情報では、レジェンドで採用されるようなリアを2つのモーターで駆動するシステムを搭載、システム出力は400psにもなるという!

 後輪をモーター駆動とすることで、システム出力は400psにも達しながらも、より安定した操縦性を実現するという。

 シビック全体のフルモデルチェンジは来年、タイプRは2022年に登場する計画だ。

【画像ギャラリー】果たして次期型はどんな姿に!!? 改良型 限定版 予想CGをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ