スズキジムニーの魅力と真価とは? 孤高の魅力で爆発的人気続行中!!

 4代目ジムニーが登場したのは、2018年7月。

 登場するやいなや、大人気となり、その人気はいまだ衰えることを知らない。なんと一時は、納車待ちが2年以上もあったそうだ(現在もさほど短くなっていないらしい)。

 「ジムニーらしさ」がにじみ出た無骨なデザイン、耐久性の高いラダーフレームや頑丈な前後リジットアクスル、狭い道でもグイグイ進めるコンパクトなボディなど、ジムニーが売れる理由はいくつか考えられる。

 これほどまでにジムニーが人気な理由は、いったい何だろうか。

文:吉川賢一、写真:スズキ、トヨタ

【画像ギャラリー】オフロードで走るジムニー&歴代車たち


なぜジムニーは愛されるのか? 

 ジムニー/ジムニーシエラの最大の強みが、「悪路走破性」であることは、言うまでもない。

ジムニーにはゴツゴツした岩場を走ってみたくなる魅力がある

 「遊べる軽」として人気のSUVタイプのスズキハスラーのような「なんちゃってSUV」では、到底走破することができない土煙の立つオフロードや、雨でドロドロになった悪路、ゴツゴツした岩が転がる岩場などを走ってみたくなる、そんな魅力がある。

 とはいえ、こうした「走破性が高いSUV」という理由だけでジムニーが売れているのであれば、車格が大きく違うとはいえ、トヨタのランドクルーザーや、

 すでに国内販売は中止ではあるが、三菱パジェロなどの本格クロカンが、もっと売れていてもおかしくはない。

現行型ランドクルーザー

 ジムニーが売れ続ける最大の理由は、“ジムニーがユーザーの期待を決して裏切らないことにある”と筆者は考えている。

本物の4WDは人々の命を救う

 ジムニーにまつわる、こんな話がある。

「初代ジムニーを最初に購入した人には、お医者さんが多くいた。舗装されていない道が多い、山村にある診療所の医師たちだったそうだ。

 1970年代当時の山道は、雪や雨が降ると、ぬかるみでスタックをしたり、上り坂が登れなかったりと、普通乗用車では患者がいる所まで辿り着けず、急患を運ぶことができなかった。

 しかし、ジムニーの登場によって、これまでは困難だった人々の命を救うことができた。」

初代ジムニー

 走破力の高い4WDシステムをもち、取り回しが良くコンパクトなボディのジムニーならば、狭い山道でも通ることができ、悪路にも対応できる。まさに、本物の4WDシステムだからこそ、人々の命を救うことができたという話である。

 この話は、スズキ自動車が、ジムニーの市場調査で作成した資料に残っているそう。ジムニーユーザーが、ジムニーに求める4WD性能を、ジムニー開発を担当するスズキのエンジニア達がしっかりと把握し、その開発理念が脈々と受け継がれている。

 だからこそ、他メーカーのみならず、当のスズキ自動車でさえ、舗装路での快適性を中心に性能向上させていくのとは一線を画し、ジムニーは頑なに「オフロードを走行できるコンパクト4WD」として、作り続けられているのだ。

他にもある!ジムニーが魅力的な理由

 普通の軽自動車であれば、10年10万kmも走ると、車体にガタがきてしまう。

 しかし「ジムニー」は、最近の乗用車ベースの4WD車に比べて、デフやドライブシャフト、プロペラシャフトの強度が高く設定されているため、基本的なメンテナンスをし続ければ、ずっと長く乗ることができる。車体が頑丈で維持費がかからないのだ。

 さらには、好みに合わせたカスタマイズが豊富にあることも、ジムニーがユーザーを惹きつける魅力のひとつだ。

 多くの純正パーツやアフターパーツが用意されており、ローダウンでも、上げ系でも、自分好みにカスタマイズができる。

ジムニーシエラ マリンスタイル(東京オートサロン2020参考出品車)
大人のマリンレジャーをイメージしたカスタムカー

 クルマが頑丈であることに加え、豊富な交換パーツが用意されていることも、長く乗り続けることができる理由のひとつだろう。

 ちなみに、下取り価格が下落しにくいことも、ユーザーにとっては大きな魅力のひとつとなっている。

まとめ

 登場年次となった2018年カーオブザイヤーでは、ジムニー/ジムニーシエラがイヤーカーとして本命視されていたが、排ガスや燃費の測定データ改ざんが明らかになったことが影響し、スズキ側からエントリーを辞退したという事情があった。

 しかし、2019年のワールドカーアワーズ(WCA)では、ジムニー/ジムニーシエラがワールドアーバンカーを獲得、さらにはワールドカーオブザイヤーTOP3を獲得するなど、世界的にも認められた一台となった。

 ジムニーは、いつの時代でも、ユーザーの期待を裏切らないコンセプトで作り続けられてきた。今後もジムニーは、お客様の心を掴んで離さないであろう。

【画像ギャラリー】オフロードで走るジムニー&歴代車たち

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ