ジムニー スイフト アルトワークス …スズキの100年記から選ぶ 殿堂入り名車ランキング2020


 今年100周年を迎えたスズキ。CMのたびに映し出される「感謝、感謝。感謝の100年でした。」というメッセージを目にした人も多いだろう。

お客さまのためなら、
どんなことをしてでもこたえろ。
頑張れば、できるもんだ。

とは、創業者 鈴木 道雄の言だ。

 1955年に軽乗用車の「スズライト」を発売し、1970年には現在まで続く軽自動車の本格オフローダー、ジムニーが誕生。

 1979年には「47万円」という圧倒的低価格のアルトが登場して大ヒットし、その後もアルトは1980年代にスポーツモデルのワークスをラインナップして話題に。

 1993年に発売したワゴンRでは軽の定番ジャンルを新たに作り上げた革命的モデルになる…などなど、スズキ歴代の車には日本の歴史に欠かせないヒット作の数々がある。

 そんな100年の歴史のなかで「殿堂入り」に値する20車を選べ、となったら、果たしてどのクルマたちが選ばれるのか?

 まずは総合ランキング(1位〜10位)、ついで総合ランキングの元となった、松田秀士、片岡英明、国沢光宏、岡本幸一郎4人の評論家による総評と個別ランキングとを見ていこう。総合11位〜20位については、車名含め画像ギャラリーを御覧いただきたい。

 初代アルト、ジムニーなど名作あり、注目車ありの殿堂入りランキングをご覧あれ!

【画像ギャラリー】「人」に応え続けた100年! スズキ殿堂入り20モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです。4氏の選んだ10車をF1ポイント方式(1位25点、2位18点、3位15点、4位12点、5位10点、6位8点、7位6点、8位4点、9位2点、10位1点)で採点。同点、同順位車が出た場合は、編集部がそのなかでの順位を決定した。
選出・文:松田秀士、片岡英明、国沢光宏、岡本幸一郎、ベストカー編集部/写真:SUZUKI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月26日号


■1位 初代ジムニー(1970年)

●軽で本格オフローダーの歴史を切り開いた

1位 初代ジムニー(1970年)

 スズキの殿堂入りモデルナンバーワンは1970年に誕生し、軽自動車の本格オフローダーという道を切り開いた初代ジムニー。悪路走破性に優れるラダーフレームを基本骨格に、信頼性の高い前後リーフリジットサスを装備するなど、実用車としての本格仕様を徹底的追求。土木・建設・林業などのプロの現場でも高い評価を受け、それは現在にも至っている

■2位 カプチーノ(1991年)

2位 カプチーノ(1991年)

 フロントに直3ターボエンジン縦置きしたFRレイアウトの2シーター軽オープンスポーツ。軽初の四輪ダブルウィッシュボーンサスを採用した。

次ページは : ■3位 2代目スイフトスポーツ(2005年)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ