カローラクロス来秋登場か!? 年末新年に向けた動きがさらに加速!!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、トヨタがタイで発売したカローラクロス。このカローラクロスが国内導入の動きを見せている? という話題から。

 ほか、全系列店での販売統合が行われたトヨタ系列店の様子や、スズキ・ダイハツの軽販売頂上決戦、そして新型情報など、年末に向けて加速する自動車業界の“今”を取って出し!!!

【画像ギャラリー】ほんとにきたら嬉しいぞ! カローラクロスを中心に話題にのぼったモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものを適宜修正しています。
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■新型SUVのカローラクロスを来秋に国内投入か?

 トヨタは来秋、新型上級コンパクトSUV「カローラクロス」を国内に投入する方向で調整をしている模様です。

 トヨタには同クラスにC-HRがありますが、C-HRがよりスポーツ色の強いスタイリッシュなSUVであるのに対し、カローラクロスは室内空間に余裕を持たせた遊び道具のようなSUVという位置づけで、コンセプト分けをします。

 パワーユニットは1.8Lと1.8Lハイブリッドを搭載。駆動方式はFF&4WDが設定される見込みです。

 車両価格は235万~310万円でC-HRと同じくらいになると思われます。デビューはカローラシリーズのマイナーチェンジに合わせて設定するようです。

今年(2020年)7月にタイで初公開されて発売されたカローラクロスは日本にも導入される可能性が出てきた。日本のカローラシリーズに加わるのか? 注目だ

■「トヨタの敵はトヨタ」の状態が加速

 全系列店でのトヨタ全車の併売が、今年5月に全国規模で始まってから約5カ月が経過しました。

 各系列店の一部では「従来は他店の専売だった人気モデルが、自分の販売店でも扱えるようになったので商売がやりやすくなった」と好意的に受け止めているようです。

 しかし一方で、販社を統合した東京や神奈川地区を除いては、多くの地域が4系列店の販社が別法人のまま引き続き存続しているため、激しいシェア争いが勃発して「トヨタの敵はトヨタ」という状況が多数発生しています。

今年5月から全国のトヨタの販売店でトヨタ全車が選べるようになったが、これによってトヨタ車同士での販売競争が激しくなった地域も多くある

 ニューモデルによるマーケットニーズが高い時期はそれほど問題がありませんが、そのニューモデルの需要が一巡した時期に入ると、売れゆきを回復させるために乱売に走る必要性が出る可能性があります。

 特に経営基盤が弱く、これまで乱売することもあったカローラ店とネッツ店は苦境に追いやられる確率が高くなりそうです。サバイバル戦に敗れた販社は他系列店に統合され、結局トヨタ販社全体のセールスパワーが削がれる事態になることも予想されます。

■ダイハツvsスズキの軽自動車トップ争いが熾烈に!

 ダイハツとスズキによる軽自動車販売のトップ争いが熾烈になってきています。

 今年1~8月の軽自動車販売速報によると、ダイハツが33万2486台(前年同期比21.6%減)であるのに対し、スズキは33万1189台(同15.2%減)であり、両社の差はわずか1297台となっているのです。

 8月の実績はスズキが4万1443台(前年同月比8.4%増)、ダイハツが3万8413台(同19.4%減)と明暗を分け、スズキがトップを奪還しています。

 両社の差はスーパースペースワゴンであるスペーシア対タント、SUVのハスラー+ジムニー対タフト、キャブオーバータイプのエブリイ対アトレーといったライバル競争があり、いずれもスズキ陣営に軍配が上がっています。

スズキ ハスラー
ダイハツ タフト

 このままの勢いで今後も推移すると、年鑑では久し振りにスズキがトップに返り咲く可能性があります。

■ランドクルーザーのフルモデルチェンジは2022年中盤以降に延期か?

 トヨタは2021年中盤に予定していたランドクルーザー、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジを2022年中盤以降に延期することを決めたようです。コロナ禍によるパーツ供給の遅れが要因と思われます。

 来夏には安全対策強化を中心とした一部改良が実施され、これによって商品力を強化するものと思われます。

なかなか状況が進展しないランドクルーザー。2017年7月に一部改良を果たして以来、ごく小規模の仕様変更以外目立った動きはない

■トヨタ ハイブリッドは1.8Lと2Lの両方を共存させる方針

 トヨタは1.8Lハイブリッドをプリウスなどに、2LハイブリッドをRAV4などに採用しています。

 以前トヨタはその1.8Lハイブリッドと2Lハイブリッドを近い将来、2Lハイブリッドに統合する方向だと示していましたが、この両ハイブリッドユニットは一本化せずに併存することに方針を変更したようです。

 低燃費を重視する5ドアハッチバック車などは1.8Lハイブリッド、車重の重いSUVやミニバンは2Lハイブリッドと、クルマの特性に合わせて両ハイブリッドを設定したほうが、今後の商品戦略上優位という考え方があるためです。

1.8Lハイブリッドを採用するプリウス
2Lハイブリッドを採用するRAV4

■スズキ ソリオが11月にフルモデルチェンジ

 スズキは11月にコンパクトスーパースペースワゴンのソリオをフルモデルチェンジする予定です。そのため、現行モデルはオーダーストップしていて、在庫一掃セールに入りました。

 すでにグレードやボディカラー、オプションパーツの生産枠に限りが生じていて、好みの仕様を選べないケースもあります。

 次期型ソリオの商品内容はまだ明らかにされていませんが、基本的にキープコンセプトの世代交代となり、新しいプラットフォームなどで進化させると思われます。

 パワーユニットは、現行モデルから改良した1.2LのマイルドハイブリッドとEV走行可能なフルハイブリッドを搭載します。フルハイブリッド車は駆動方式がこれまで2WDのみでしたが、次期モデルでは4WDも設定される見込みです。

 また、10月に入ると先行予約を開始する見通しです。

スズキ ソリオ(現行型)。新型投入で冒頭触れたダイハツとの頂上決戦に弾みをつけるか??

■マツダ MX-30 10月8日発売

 マツダは10月8日新型SUV「MX-30」の販売を開始しました。

 2Lマイルドハイブリッド車で、駆動方式は2WDと4WD、トランスミッションは6ATが組み合わされます。

 1グレードですが標準車をベースに、ベーシックパッケージ、エクステリアパッケージ、インテリアパッケージ、ユーティリティパッケージ、セーフティパッケージ、360度セーフティパッケージという6つのパッケージで装備を選ぶ方式になっています。

 標準車は2WDだと242万~297万9880円で、4WDは23万円高となります。

 同時にマツダ創立100周年記念の特別仕様車(315万7000円)を年内の期間限定で発売します。

新型SUVのマツダMX-30。10月8日に2Lマイルドハイブリッドモデルが発売、EV仕様は今年度中のリース販売を予定している

■日産キックスの供給がさらに先送りになる

 日産の新型コンパクトSUV「キックス」は6月の発表から2カ月半以上が経過し、受注台数は1万台を超えて好調なのですが、登録がスムーズにできずに納期遅れが発生しています。コロナ禍によって生産工場での組み立てや船による輸送が予定どおり進んでいないのが要因です。

 9月上旬現在の成約分の納期は来年の年明け1~2月で、最長5カ月待ちとなっています。日産販売店は「こうした状況が年末まで続くと、販売店の収益にかなりの影響が出る可能性がある」と、頭を抱えています。

 あまり納車が遅れるとキャンセルされて、トヨタのヤリスクロスやホンダのヴェゼルなど、ほかのライバル車への乗り替えが発生するケースもあります。

2020年6月は1836台、7月は456台、8月は1178台となっているキックスの販売台数。納期遅れの影響が出ている

【画像ギャラリー】ほんとにきたら嬉しいぞ! カローラクロスを中心に話題にのぼったモデルたちをギャラリーでチェック!!!