マツダ新型MX-30、まずはマイルドHV仕様から登場!! EV仕様の投入は?

 2020年7月31日、幕張メッセにて開催のモーターショー「オートモービルカウンシル2020」で国内投入が発表された、マツダ期待の新型車「MX-30(エムエックス サーティー)」。

「マツダ3」「マツダ CX-30」に続く、新世代商品群の第3弾となる「MX-30」。

 昨年(2019年)の東京モーターショーで発表された当初から、マツダ初の量産ピュアEV、つまり電気自動車としてアナウンスされてきた……のだが。

 今回この場で新たに明らかとなったのは、国内ではまず、これまたこの場で初めてその存在が明らかになった、マツダ独自の「マイルドハイブリッド」仕様のモデルが投入される、というものだった。

 え、どゆこと? EV仕様の国内投入はどうなるの?

 オートモービルカウンシル2020での発表、そしてそれを正直ビビりながら受け止めたベストカー取材班の様子を踏まえながら、MX-30の今わかっているすべてと今後の展開を改めて振り返ってみたい。

■マツダ MX-30のポイント
・観音開きのフリースタイルドアを採用。
・日本国内は新開発の「M HYBRID(エム ハイブリッド)」を組み合わせたマイルドハイブリッドモデルから販売開始!
・国内におけるEV仕様の販売は今年度中にリースにて開始予定!

【画像ギャラリー】全方位からのビューも合わせて、マツダの新鋭「MX-30」の姿をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:ベストカー編集部/写真:MAZDA、ベストカー編集部/撮影:大音安弘
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ