日産エルグランドの苦悩と一縷の望み かつての帝王は大幅変更で復権なるか?


 日産のLクラスミニバンのエルグランドが2020年10月にフロントマスクを大幅に変更するビッグマイナーチェンジを受けた。

 現行のエルグランドは2010年のデビューだから、10年目での初の大幅テコ入れだ。

 エルグランドは日産のビッグネームゆえ、ビッグマイチェンに対する注目度は高かったのだが、その後話題に上らなくなっている。

 ビッグマイチェンを敢行したエルグランドの販売動向について、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/NISSAN、TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】初代エルグランド誕生から22年 蔵出し画像で綴る日本のLクラスミニバンの足跡


マイチェン前のエルグランドの販売はアルファードの10分の1以下

2020年コロナ禍で販売を伸ばしているアルファード(右)は、販売会社の統合でヴェルファイアのユーザーも多数取り込んでいる

 最近はアルファードが絶好調に売れている。2020年10月には、1カ月の登録台数が1万台を突破した。以前からアルファードは、存在感の強いフロントマスク、上質な内装、多人数乗車に適する広くて快適な室内空間などにより、好調に売れていた。

 しかも2020年5月以降は、全国のトヨタ系販売店で、トヨタの全車を購入可能になった(それまではトヨペット店のみ)。人気車のアルファードは売れ行きをさらに伸ばし、逆に姉妹車のヴェルファイアは需要を奪われ、明暗を分けている。

 アルファードの競争相手として、エルグランドも気になる存在だ。

オラオラ顔と言われるアルファードに負けず劣らず迫力を増した新型エルグランドのフロントマスク。存在感は確実に増している

 日産の最上級ミニバンとされ、1997年に発売された初代エルグランドは、発売当初には1カ月平均で4000~5000台を登録した。価格の高いLサイズミニバンでありながら、今のセレナと同等か、それ以上の売れ行きであった。

 初代エルグランドにはトヨタも苦戦して、グランビアとその姉妹車で立ち向かったが、販売面で勝てない。そこで渾身の初代アルファードを開発した経緯がある。

 従ってエルグランドの知名度は今でも高い。アルファードが好調に売れると聞けば、「エルグランドはどうした?」という話になる。

 そこでエルグランドの登録台数を見ると、かなり苦戦している。コロナ禍の影響を受ける前の2019年でも、1カ月平均が561台であった。アルファードは5725台だったので、エルグランドの売れ行きは10%以下だ。

フロントに比べて大きな変化がないリアビュー。リアから見ると2010年デビューという古さが隠せないのが厳しいところ

ビッグマイチェンも奏功せず!?

 この状況を打開するため、エルグランドは2020年10月12日に大幅なマイナーチェンジを実施した。フロントマスクは刷新されて存在感を強め、2台先を走る車両も検知可能な前方衝突予測警報など、安全装備も充実させた。

 しかし本稿執筆時点で明らかになっている2020年10月の登録台数は、400台を下回っている。

ビッグマイチェンだがインテリアは大きく変更されていない。豪華だが、アルファードほどの広さはない

 果たしてエルグランドのマイナーチェンジは、これから販売面にどのような効果をもたらすのか。2020年11月以降に登録台数を伸ばす可能性はあるのか。このあたりを販売店に尋ねた。

「エルグランドの納期はだいたい1カ月半です。2020年12月上旬に契約した場合、納車されるのは、正月休みを挟んで1月末でしょう。ただし2トーンのボディカラーは納期が長く、納車は3月上旬です」

 と、まずは納期について説明してくれ、現状について続けた。

「現行エルグランドの発売は2010年なので、モデルチェンジを待っていた従来型のお客様は少なくありません。そこで何台か注文をいただきましたが、売れ行きが急増したわけではないです」

 コメントからは状況は芳しくないようだ。

プレミアムブランドのオーテックモデルも刷新された。スポーティさを求めながらもチャラチャラしたのが嫌な人には打ってつけのモデルだ

次ページは : e-POWERがないことが辛い

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ