エルグランド、オデッセイ続々派手顔に それでも揺るがないアルファード強さの根源とは

 オデッセイに続き、エルグランドも――。9月に入って、ホンダ・日産両社のフラグシップミニバンのマイナーチェンジの情報が、相次いで飛び込んできた。

 ご存じの通り、オデッセイは「低床ミニバン」として一世を風靡した過去をもち、エルグランドも、かつては月販1万台を超える売り上げを誇った人気モデルだ。しかしながら、現在は両車とも、強敵「アルファード」の前に、伸び悩んでおり、今回のマイナーチェンジで一矢報いたい、といったところであろう。

 しかし、おそらく、アルファードが君臨する、高級ミニバン界の勢力図を変えることにはならない、と筆者は考える。アルファード強さの根源とは何なのか、エルグランド、そしてオデッセイには何が足りないのか、考察していく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】続々派手顔に!! エルグランド・オデッセイの歴代モデルをギャラリーでチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ