エルグランド、オデッセイ続々派手顔に それでも揺るがないアルファード強さの根源とは

 オデッセイに続き、エルグランドも――。9月に入って、ホンダ・日産両社のフラグシップミニバンのマイナーチェンジの情報が、相次いで飛び込んできた。

 ご存じの通り、オデッセイは「低床ミニバン」として一世を風靡した過去をもち、エルグランドも、かつては月販1万台を超える売り上げを誇った人気モデルだ。しかしながら、現在は両車とも、強敵「アルファード」の前に、伸び悩んでおり、今回のマイナーチェンジで一矢報いたい、といったところであろう。

 しかし、おそらく、アルファードが君臨する、高級ミニバン界の勢力図を変えることにはならない、と筆者は考える。アルファード強さの根源とは何なのか、エルグランド、そしてオデッセイには何が足りないのか、考察していく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】続々派手顔に!! エルグランド・オデッセイの歴代モデルをギャラリーでチェック!!


エルグランド・オデッセイは、いいクルマだが設計が古い

 エルグランドにしても、オデッセイにしても、乗り心地や静粛性、動力性能、車室内の広さや快適性、衝突安全性、先進安全装備など、とても優れたミニバンであり、いいクルマであることは間違いない。

 ただ、この2台とも、基本設計の古さは隠せない。マイナーチェンジでは、今回のように、フロントフェイスのような目につくパーツの化粧直しは行われるが、改修規模が大きくなる内装の改良まで、大きく行われることは少ない。

 例えば、ナビゲーションモニターのサイズやレイアウト、インパネやエアコン排気口などへの加飾、手が触れるところの素材、シートデザインや座り心地、こうした部分を含めたインテリアの質感の古さは、こまめにモデルチェンジを行い、流行を取り入れてアップデートしているアルファードと比べてしまうと、どうしても敵わないのだ。

 ただし、今回のマイナーチェンジで、エルグランドはナビゲーションモニタのサイズを、従来の8インチから10インチに拡大してきた。モデル末期であるはずなのに、エアコン吹出口の形状変更も含めた大改修をおりこんできたことは、日産の本気が伝わるマイナーチェンジだ。

現行オデッセイのインテリアは、清潔感があって落ち着いた印象だが、高級感に乏しく、ナビゲーションモニターのタッチパネル部のサイズなどは一昔前のサイズで古い
今回のマイナーチェンジで、エルグランドはナビゲーションモニタのサイズを、従来の8インチから10インチに拡大してきた改良型エルグランド
アルファードのインテリアは、始めに大型ナビモニターが目に入る また、ウッド調パネルやアルミ調パネルなどで、一目で豪華絢爛さが伝わる

アルファードの魅力1 「清潔感とチョイ悪さが絶妙なフロントフェイス」

 今年5月に行われたトヨタ系列販売店統合の効果もあり、アルファードの7月度販売台数は8448台、8月度は7103台と、売れ筋のコンパクトカーたちに迫る勢いとなっている。

 2018年に行われたマイナーチェンジで、アルファードは、大人しい印象のフロントマスク(とはいえ縦型グリルはメッキでギラギラだったが)から方針を転換。ヘッドランプ内をブラックアウトと細目化を行い、フロントグリルもブラック基調にしながらも、メッキの縦ラインを入れたフロントグリルとなった。

 これにより、清潔感と、チョイ悪の要素が混ざったフロントフェイスとなった。特に、エアロ仕様による厳つさが引き締まって、程よくカッコよい。

 2018年のマイナーチェンジは、内外装のほかにも、3.5リッター車に新開発の直噴エンジン搭載と新開発ダイレクトシフト8ATの組み合わせなど、多岐にわたった

 一時期は、兄弟車「ヴェルファイア」のほうが人気の時代もあったが、2018年のマイナーチェンジをきっかけに、その状況は逆転。2019年はなんと1.9倍もアルファードのほうが多く売れた。今年は、販売店統合の影響で、ヴェルファイアは、さらに販売台数を落としている。 

2018年のマイナーチェンジでフロントフェイスのギラギラ感は明らかに増したが、顧客はアルファードの方へ流れてしまった

 ヴェルファイアは、2018年のマイナーチェンジで、これまでよりもさらに、ギラギラ感が増したフロントフェイスとなった。これが少々「やりすぎ感」があったのかもしれない。程よいバランスのアルファードの方に、人気が集まることとなったのだ。

 エルグランドもオデッセイも、マイチェンによって、新しいフロントフェイスを与えられることとなるが、顔がよくても、顔だけでは、どうしようもないだろう。顔がイケメンでも、スタイルや中身が好みじゃなければモテることはない。

今秋にもマイナーチェンジをするオデッセイ。横基調の大径グリルやヘッドライトなど、インサイトに似た方向性のデザインとなった
巨大なフロントグリルを採用したマイナーチェンジ版エルグランド。内装にも手を加えており、日産の本気度が伝わる一台だ

アルファードの魅力2 「オーラ」

 そして、アルファードの魅力のもう一つが「オーラ」だ。アルファードは、クルマ全体のスタイリングから溢れる「威厳」が、他社車を圧倒している。その「威厳」の主な要因は、背の高さにある。

 背高の高いクルマは、必然的に車両重心が高くなる。コーナリングではボディの傾きが多くなり、不安定さが増す。また、表面積が大きいことで横風の影響を受けやすくなるし、空気抵抗も増えるため、燃費も悪い傾向だ。そのため、自動車メーカーのエンジニアとしては、「クルマは背が低くなければ」と考える。

アルファードは、クルマ全体のスタイリングから溢れる「威厳」が、他社車を圧倒している

 ホンダのオデッセイや、かつて存在したエリシオン、そして日産のエルグランドは、クルマを背高にすることで生じてしまう弱点を重視し、ミニバンであっても背が低いほうがよい、と考えた。背が低くても、室内空間は最大限確保できるよう、技術とアイディアで乗り越えつつ「背が低いミニバン」を目指したのだ。

 しかしアルファードは、背高であることのメリットのほうを重視した。背高によるデメリットに対しては、リアのサスペンション形式を変更したり、トレッドやホイールベースを広げたり、軽量化をしたりと、できる限りの対策を行った。

 そのためアルファードは、でこぼこした道でボディが左右にユサユサと大きく揺れることはあるが、大らかなボディモーションとなるように、乗り心地がコントロールされている。また、ハンドルもグイグイ切れ込むようなセッティングではなく、ゆったりとしたギア比にされている。

でこぼこした道でボディが左右にユサユサと大きく揺れることはあるが、大らかなボディモーションとなるように、乗り心地がコントロールされている

 据え切りから高速走行まで、ステアリング操舵力が軽いので、操舵感を感じにくい、というネガティブな部分はあるが、高速直進性はしっかりと確保されている。優秀な先進運転支援の恩恵もうけ、乗り心地の雰囲気と合わさって、「アルファードの持ち味なのでこれで良いのだ」、と納得させられる世界観が、アルファードにはある。

なんとか次期型に繋いでほしい

 今回のマイナーチェンジは、エルグランドもオデッセイも、フルモデルチェンジに踏み切る判断ができる程度に売れてくれれば、それで成功ではないか、と筆者は考える。おそらく、日産もホンダも、そのつもりではないだろうか。

今回のマイナーチェンジは、エルグランドもオデッセイも、フルモデルチェンジに踏み切る判断ができる程度に売れてくれれば、それで成功ではないか

 そして、次期型エルグランド/次期型オデッセイで、王者アルファードに挑み、高級ミニバン界の勢力図を荒らしてくれることを、期待している。そうすれば、日本の高級ミニバン界はさらに昇華するだろう。

【画像ギャラリー】続々派手顔に!! エルグランド・オデッセイの歴代モデルをギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ