【横浜銀蝿40th】最高級車プレジデント購入は出馬がきっかけ~嵐クルマ愛を語る(後編)

【横浜銀蝿40th】最高級車プレジデント購入は出馬がきっかけ~嵐クルマ愛を語る(後編)

 2020年9月21日でデビュー40周年を迎えた「横浜銀蝿」は、嵐(65)、翔(62)、Johnny(62)、TAKU(60)のメンバー全員が大のクルマ好きだ。目指した音楽も「もちろん車を走らせながら聴くためのロックンロールで決まり(嵐)」(『ぶっちぎり最終章』講談社刊より)。クルマ選びでも他のメンバーを主導してきたリーダーの嵐が、ベストカー編集部の取材に熱い思いを語った。

銀蝿40thの撮影で、シボレー・インパラの前でポーズを決める
銀蝿40thの撮影で、シボレー・インパラの前でポーズを決める

 2回に分けてお届けする嵐のインタビュー後編では、銀蝿デビュー後のユニークな愛車遍歴をたどる。(前編はこちら)

文:堀晃和/メイン写真:中里慎一郎

■銀蝿の成功で買ってもらったジープ

 三菱ギャランGTO、トヨタ・スポーツ800、日産フェアレディZ。スポーツカーを乗り継いできた嵐は、1980年9月21日の銀蝿デビュー後、これまでの愛車とは趣が異なるクルマを手に入れる。オフロード対応の三菱ジープJ58だ。

 「クルマ選びは、助手席に乗る女を基準にしてたところがあったけどね。これは、銀蝿がヒットして、レコード会社が買ってくれたんだ」

 もちろん、嵐の意向だ。GTOを偏愛していることからもわかるように、嵐は大の三菱ファン。そのラインナップの中で乗ってみたかったのが、ジープだった。

 ジープは1941年にアメリカで生まれた四輪駆動の名車。戦後、日本ではノックダウン方式(部品を輸入して国内で組み立てる生産形態)による生産・販売が始まり、その後は提携先の三菱による製造となって国内に流通していた。

三菱ジープでオフロードを走る4人。嵐の愛車遍歴で唯一の新車だ
三菱ジープでオフロードを走る4人。嵐の愛車遍歴で唯一の新車だ

 82年に四輪駆動の三菱パジェロが発売され、以後、車種は減っていく。20世紀末には三菱での生産が終了するが、もちろんジープブランド自体はその後も日本国内で販売され、安定した人気を今も誇る。

 「格好よかったよ。(ロープを巻き取る)ウインチを付けたり、後ろには予備のガソリンタンクも搭載してね。ウインチは、一度も使わなかったなあ(笑)。格好はいいんだけど、寒かった。幌を付けても寒いんだ」

 そんなクルマでは、得意のナンパはさすがにできない。「銀蝿時代は、メンバー同士で、牽制しあっていたこともあるしね。やっぱり、不祥事が起きたら、周囲に迷惑をかけるから、よくない。暗黙のルールがあったんだよ。それにさ、ジープじゃ寒くて、パンツ脱げないでしょ(笑)。銀蝿が終わってからは、どうしようもなくなった。タガが外れちゃったな(笑)」

次ページは : ■「これはバケモンだ!」ポルシェ930ターボの衝撃

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ