【横浜銀蝿40th】「クルマの思い出に女あり」愛車GTOを駆ってナンパの日々!!やんちゃだったデビュー前~嵐クルマ愛を語る(前編)

【横浜銀蝿40th】「クルマの思い出に女あり」愛車GTOを駆ってナンパの日々!!やんちゃだったデビュー前~嵐クルマ愛を語る(前編)

 1980年9月21日、後に日本のロック史に名を刻むバンドがレコードデビューした。「横浜銀蝿」は、嵐(65)、翔(62)、Johnny(62)、TAKU(60)のメンバー全員がサングラスに黒の革ジャン、ドカン姿。不良の危険な薫りを全面に漂わせた4人が奏でる熱いサウンドと時代の気分をとらえた歌詞は、当時の若者たちを虜にし、社会現象を巻き起こす。活動期間はわずか3年3カ月だったが、40周年にあたる2020年は「横浜銀蝿40th(フォーティース)」としてオリジナルメンバーで復活を果たした。

 新型コロナウイルス禍の窮屈な世の中を歌った『ツッパリHigh School Rock‘n Roll(在宅自粛編)』が大きな話題を呼び、40周年記念日となる9月21日には無観客配信ライブ「40周年記念ファンクラブイベント♯銀蝿記念日 昭和火の玉ボーイ」が、翌22日には「TAKU 還暦REBORN! 生誕祭ライブ」が開催され、復活を待ち望んだファンを熱狂させた。そして2日後の24日にはニューシングル『昭和火の玉ボーイ』もリリース。2021年春からはコロナで順延された全国ツアー「横浜銀蝿40th コンサートツアー2020~It’s Only Rock’n Roll集会 完全復活編 Johnny All Right!~」も予定されている。

結成40周年の記念日となる2020年9月21日、無観客配信ライブを行った横浜銀蝿
結成40周年の記念日となる2020年9月21日、無観客配信ライブを行った横浜銀蝿

 横浜銀蝿は、そもそも「単なる車好きの集まり(嵐)」(『ぶっちぎり最終章』講談社刊より)だった。40周年を機に、メンバーたちはベストカー編集部の取材にそれぞれ応じ、クルマにかけてきた情熱を語った。

 翔(前編・後編)、Johnny(前編・後編)、TAKU(前編・後編)に続き、メンバー最後に登場するのはリーダーの嵐。年末2回に分けてお届けする嵐のインタビュー前編では、「クルマ」と「女」…銀蝿前夜の熱き“やんちゃ”だった青春の日々を回想する。

文:堀晃和/メイン写真:中里慎一郎

■え!?車検代が20万円!!せっかく“タダ”でもらったのに…

 親の所有車だったり、知人からもらったり、業者から中古や新車を買ったり。初めてのクルマに乗る経緯は、おおよそこんな感じだろう。しかし、嵐の場合はどれにも当てはまらない。最初の1台は、どうやって手に入れたかというと…。

 「マージャンやって、もらったの」

 19歳で運転免許を取って間もない頃だ。地元の横浜・戸塚で、先輩や知り合いと卓を囲んだ時のこと。「洋服屋の店長やってる先輩からすごく勝ったのね。そしたら、『コレ、やるわ』って言って鍵を渡されて(笑)」

 それがフォード・タウナス20M。ドイツ車だった。外車だから周囲に対しても格好が付く。機嫌よく乗っていたが、しばらくして車検の時期がやってきた。車検に通すのも初めての経験。それに輸入車は、国産車よりもきっと高く付くだろうと思った。

銀蝿デビュー前の青春時代、楽しい思い出には必ずクルマの存在があった
銀蝿デビュー前の青春時代、楽しい思い出には必ずクルマの存在があった

 それで、友達の自動車修理工場に持っていたのだが、請求額を聞いて青ざめた。なんと20万円。当時は1970年代半ば。現在の感覚で考えても、かなりの高額だ。手に入れた時は、無償だったが、結果的に高い買い物になってしまった。店長が無償で譲ってくれた意味が何となく飲み込めた。

 「車検ではけっこう、ぼられたよ(笑)」。部品交換で実費がかかるのは仕方がないこと。ただ、友達なのにどうして…と、今振り返っても釈然としない思いも残る。

 後でわかったことだが、その店長はもう1台所有していた。英国の名車、ロータス・ヨーロッパ。直後に連載が始まる人気漫画『サーキットの狼』(1975~79年)にも登場し、日本の少年たちにはおなじみの存在になるスーパーカーだ。

 「要らない方をよこしやがったんだよ。ロータスよこせよ!(笑)」

 タウナスももちろん気に入っていた。乗り味はよかった。しかし、足回りの“やわさ”が気になった。2年ほどで手放した。それで、次に乗ったのが三菱ギャランGTOだ。

次ページは : ■我が人生の1台“ヒップアップクーペ”「クルマも女もケツが上がってるのが好き」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ