アル/ヴェル ランクルも夢じゃない!! 予算300万円以下オススメ中古車16選


 中古車の醍醐味であり最大のメリットは、新車時価格が高くて手の届かなかったクルマが、割安な価格で手に入れられることだ。ただし、生産終了したスポーツカーの一部は海外のユーザーが購入し、価格が高騰することもある。

 最近では軽自動車でも新車価格200万円というクルマも珍しくなくなっているし、カローラの最上級グレードのハイブリッドW×Bが275万円と300万円近い。マツダ3も高いのは300万円超。

 そこで、中古車ならば、予算300万円でどんなクルマが購入できるのかを調べてみると、お買い得となった高級車がてんこ盛りとなった!

【画像ギャラリー】オススメ中古車&相場をギャラリーでクイックチェック!

※本稿は2020年12月のものです。●中古車相場などのデータは萩原氏調べ。流通量の台数は次のとおり。★10台以下、★★50台以下、★★★100台以下、★★★★100台以上、★★★★★300台以上
文/萩原文博、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■Part01 高級SUVの狙い目トップ3

 ライズが新車販売台数ナンバー1に輝くなど、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているSUV。国産車では2020年もトヨタがハリアー、ヤリスクロス、日産はジュークの後継車、キックスが登場するなど充実したモデルラインアップとなっている。

 そんな国産SUVのなかから、上級SUVとして11車種をピックアップしてみた。

 まずは、キングオブSUVという称号を与えられているトヨタランドクルーザー。200系と呼ばれる現行型は2007年に登場したが、現在でも安定した人気を誇る。

 続いてはランドクルーザープラド。SUVのなかでもタフギア色の強いモデルで、もともと人気は高いのだが、最近の直線基調のデザインを採用した無骨系モデルの人気上昇を受けて、さらに注目が上がっている。

 そして国産プレミアムSUVのパイオニアであるハリアーの先代モデルをトヨタからはピックアップした。レクサスは、3列シートモデルを追加した主力モデルのRX。そして、RXとともに安定した人気を誇り、レクサスの屋台骨を支えるNXを選んだ。

 半数近くがトヨタ系となってしまったが、ガソリン車に3列シートモデルを用意するホンダCR-V。

 日本のみならず、北米市場でも人気を誇るスバルは、ステーションワゴンベースのクロスオーバーモデルのレガシィアウトバックと国内販売モデルで最も悪路走破性の高いフォレスター。

 そして三菱はPHVで最も販売台数の多いアウトランダーPHEV。マツダは5人乗りのCX-5と3列シートを採用したCX-8だ。

主な国産上級SUVの中古車相場

 これらの今流通している中古車で、お薦め第1位の車種はランドクルーザープラドだ。

国産上級SUV中古車オススメ No.1:トヨタ ランクルプラド(現行)…販売開始から約11年が経過しても最大値落ち率は約52%と低いがほかにはない魅力がある。割安なのは2.7Lのガソリン車だ

 100万円台から購入できるが、何と言ってもほかに代わる車種がないのが最大の魅力だ。モデルライフが長いので、300万円以下の中古車も約200台と豊富なのも高ポイント。

 グレードは2.7Lガソリン車が中心だが、わずかながらディーゼル車も300万円以下で流通している。

 続いて第2位はアウトランダーPHEV。約300台の中古車が300万円以下で、2.4Lエンジンとなった後期型も狙えるようになった。

 そして第3位はCX-8。ミニバンでない3列シートの選択肢としてお薦めしたい。

国産上級SUV中古車オススメ No.2:三菱 アウトランダーPHEV…家庭用の電気機器が使用できるなど非常に利便性が高い。すでに100万円以下の中古車があるのも魅力
国産上級SUV中古車オススメ No.3:マツダ CX-8…3列シートを採用するので、ボディサイズは大きくなるが、CX-5に比べて値落ち率が高いので中古車として超狙い目

■Part02 高級ミニバンの狙い目ナンバー1

 続いては、予算300万円以下で狙うミニバンの中古車だ。中古車でこの価格帯となると、現在では高級車の代名詞となっている各社のフラッグシップミニバンが中心となっている。

 ピックアップした7車種の顔ぶれは、まずは国産Lサイズミニバンのなかで圧倒的なシェアを占めているトヨタアルファード/ヴェルファイアの現行型と先代モデルだ。そして、初代が国産Lサイズミニバンというカテゴリーを開拓した日産エルグランド。

 エリシオンとのモデル統合によってシリーズ初のスライドドアを採用したホンダの現行型オデッセイ。そして、SUVのパジェロ譲りの悪路走破性をミニバンで実現した三菱デリカD:5だ。

主な国産上級ミニバンの中古車相場

 まずは圧倒的な人気を誇るアルファード/ヴェルファイアだが、先代モデルの時はヴェルファイアの人気がアルファードを凌いでいた。しかし、現行型となって人気が逆転。

 現行型、旧型ともにヴェルファイアのほうが最大値落ち率が大きくなっている。

 アルファード/ヴェルファイアを除くと、3モデルはいずれも現行型だが、モデルライフの長いデリカD:5は最大値落ち率が90%超え。エルグランド、オデッセイも75%超えと値落ち率は大きくなっている。

 そんな国産高級ミニバンでお薦めは現行型のヴェルファイアだ。300万円以下でもガソリン車だけでなく、ハイブリッド車も狙えて、年式は2020年式も圏内となっている。人気の2.5Lエアロ系に加えて、燃費性能に優れたハイブリッド車のエアログレードも狙える。

 値落ち率は小さいが次点は現行型アルファードだ。

高級ミニバンオススメ No.1:トヨタ ヴェルファイア…かつてはアルファードよりヴェルファイアのほうが人気だったが、逆転して割安感はヴェルファイアのほうが上だ
高級ミニバンオススメ 次点:トヨタ アルファード…値落ち率はヴェルファイアより小さいが、アルファードの中古相場も下がってきた

次ページは : ■Part03 高級サルーンの狙い目トップ3

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ