トヨタシーポッド発売! 45万円の中国製超小型EVに勝てるか?

トヨタシーポッド発売! 45万円の中国製超小型EVに勝てるか?

 日本では脱炭素社会を目指して、政府は「2030年半ばでの脱ガソリン車」という目標を打ち出した。

 これに呼応して、トヨタは2020年12月25日に2019年の東京モーターショーで出展していた「超小型EV」を、量産EV「C+pod(シーポッド)として発売した。価格は165万~171万6000円、限定的ながら企業や自治体への限定販売を開始した。

 2022年には個人向けにも販売予定とされ、これまで政府を中心に実証実験が進められてきた「超小型モビリティ」の普及がようやく現実味を帯びてきた。

 ここではシーポッドの中身を紹介しつつ、果たして超小型EV(電気自動車)の時代はやって来るのか、これまでの経緯を含め、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/トヨタ 日産 ホンダ モンスタースポーツ

【画像ギャラリー】写真全26枚! 新時代を駆ける超小型モビリティに目が離せない!!


超小型モビリティとは何か?

2020年12月、トヨタが法人ユーザーや自治体向けに販売を開始した超小型EVのC+pod(シーポッド)。個人向けの販売は2022年に開始する見込み

 まずは「超小型モビリティ」とはどのようなものか?

 国土交通省によれば「自動車よりもコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1~2人乗り程度の車両」とされ、これまで日本各地で実用化を目指して実証実験が実施されてきた。

 今回販売台数と対象を限定しているとはいえ、市販が開始された「超小型モビリティ」対象車両は、2020年9月に国土交通省が道路運送車両法の施行規則を改正して、2人乗りの小型電気自動車(EV)を軽自動車の一種と正式に区分したことで販売が可能になった(以下、国交省発表資料から抜粋)。


■1超小型モビリティの区分
 超小型モビリティは、その大きさや定格出力に応じて、3つの区分(第一種原動機付自転車、いわゆる“原付”)、軽自動車(型式指定車)、軽自動車(認定車)に分かれている。

国土交通省「超小型モビリティ」のホームページ


●第一種原動機付自転車(ミニカー):コムス(トヨタ車体)
 第一種原動機付自転車の満たすべき定格出力・大きさ等を満たしているもの。


●超小型モビリティ(型式指定車):トヨタシーポッド
 原動機付自転車の大きさ以下の軽自動車であり、最高速度60km/h以下の自動車のうち、高速道路または自動車専用道路を運行しないものが該当。最高速度60km/h以下の車両であることを車両後面の見やすい位置に表示する必要がある。


●超小型モビリティ(認定車):タジマ・ジャイアン
 国土交通省の認定制度によって認定されたもの。大きさ、性能に対する条件のほか、(1)高速道路等は運行しないこと、(2)交通の安全と円滑を図るための措置を講じた場所において運行すること等の条件を付すことで公道走行が可能。


■2:認定制度
 国土交通省は超小型モビリティについて、公道走行を可能とする認定制度を2013(平成25)年1月に創設した。

 この制度は超小型モビリティについて、安全確保を最優先に考え、(1)高速道路等は走行しないこと、(2)交通の安全と円滑を図るための措置を講じた場所において運行すること等を条件に、大きさ、性能等に関して一定の条件を付すことで、安全・環境性能が低下しない範囲で一部の基準を緩和し、走行区域を限定して、公道走行を可能とするものとする。


■3:補助制度
(1)超小型モビリティ
国土交通省では、公募を実施している「地域交通グリーン化事業」において、地域・事業者間の連携などによる認定制度を活用した超小型モビリティの導入を支援している。

 支援の内容として、車両の導入には車両本体価格の1/3、充電設備の導入には導入費用の1/3の補助を設定している。

 (2)(1)以外の超小型モビリティ
経済産業省では、「CEV補助金」(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)において、超小型モビリティ(認定車)以外の購入を支援している。

超小型モビリティとしての「C+pod」

C+podのボディサイズは2490×1290×1550mm。軽自動車よりもずっと小さく、超小型モビリティ型式指定車の車両規定にも収まっている。WLTCモードの航続距離は150km
C+podのインパネ。メーターがインテリアの中央に配置されているのが特徴的
C+podの室内。室内幅は1100mm、大人2人が並んで座れる広さを確保した

 前置きが長くなったが、いよいよ登場することになった「超小型モビリティ」のコンパクトEVであるシーポッドの概要を説明しよう。

 まずはボディサイズを見ると、全長2.5m未満、全幅が1.3m未満、全高が2mという、シーポッドが当てはまる国交省が定める超小型モビリティの「型式指定車」の車両規定は、従来の軽自動車枠よりも小ぶりに設定されている。

 シーポッドの前後オーバーハングを切り詰めたスタイリングは、EV独自のレイアウトとして効率化が図られたものだ。

 全長×全幅×全高は2490×1290×1550mmとされ、2490mmの全長は軽自動車の規定よりも3400mmよりも約900mm短く、全幅を1290mmとしたうえで室内幅を1100mmに設定して「大人2人が並んで座れる最小幅」を確保。

 1550mmの全高は都市部でのタワーパーキング利用などに配慮したと想像できる。トヨタは車両全体のサイズを「プリウス1台ぶんの駐車スペースに2台置ける」と表現している。

 パッケージングでの工夫では、余裕を持たせたドア開口部高さや段差の少ない乗り降り口、ヒップポイントを高めに設定して乗降のしやすさに配慮したシートなどが挙げられる。取り回しについては最小回転半径が3.9mとされた。

 パワートレーンに関しては、リアにモーターを配置した後輪駆動を採用した。

 シーポッド向けにアイシングループが新開発した1RM型交流同期モーターは、現行プリウス「E-Four」に採用された後輪駆動用ユニットの構造を基本として、ギア機構を2軸から3軸にレイアウト変更することで軸方向(横幅)を小型化、車幅の狭い本車両への搭載を可能にしつつ、リチウムイオン・バッテリーを車軸間のフロア下部になるシート足元に設置する。

 安全装備としては単眼カメラ+ミリ波レーダーによる自動ブレーキを設定した「プリクラッシュセーフティ」システムや「インテリジェントクリアランスソナー」をはじめとして、スタビリティコントロール(VSC)やABS、SRSエアバッグなどを標準装備する。

 EVとして注目される装備としては、AC100/200V兼用の充電ケーブルのほか、メーカーオプションとしてAC100V、1500Wのアクセサリーコンセントを用意。

 オプションの「ヴィークルパワーコネクター」を普通充電口(車両前方)に差し込めば、外部給電用コンセントとして約10時間程度(一般家庭丼が日常での1日当たりの消費電力量を10kWhとして試算)の電力を供給可能としている。

 充電時間は普通充電のみとして200V(16A)で約5時間、100V(6A)で約16時間(いずれも満充電)となっている。

 シーポッドはグレードとして、マニュアル・クーラーやリモートドアロック、シートヒーターなどの装備の有無の違いで、G(171万6000円)とX(165万円)の2種類を用意する。

 税制面では超小型モビリティの軽自動車として扱われる場合には、個人購入であっても軽自動車の電気自動車として、税制上でエコカー減税の対象となり、新車購入時に重量税や環境性能割(旧:自動車取得税)が免除される予定。

 前述の「CEV補助金」に関してシーポッドでは、現状で一般向けには22万円、シェアカーのサービス利用では32万円が給付される(トヨタ自動車HPより引用)。


■トヨタC+pod:超小型モビリティ(型式指定車)
全長×全幅×全高:2490×1290×1550mm
ホイールベース:1780mm
サスペンション:前:ストラット、後:トーションビーム・アクスル
ブレーキ:前:ディスク、後:ドラム
最小回転半径:3.9m
駆動方式:後輪駆動
モーター最高出力(定格出力):9.2kW(2.0kW)
最大トルク:56Nm
バッテリー:リチウムイオン
総電力量:9.06kWh(容量:51Ah)
乗車定員:2名
車重:690kg(670kg)
最高速度:60km/h
一充電走行距離:150km(WLTC)※
充電時間:約5時間(200V)、約16時間(100V))
車両価格:165万円(X)、171万6000円(G)
※WLTCモードでは、最高速度が限定されたEVの場合、高速道路モードは含まれない

次ページは : トヨタ車体コムス P・COM(B・COM:商用仕様)