レヴォーグ5位!? ロードスター2位?? ならば1位は!?? 編集部総出で選んだ 2020年日本車ベスト10!


■7位 日産 キックス(26ポイント)

●どんなクルマ?

 日産久々の新モデルは全長4290mmと手頃なサイズ感のSUV。e-POWERのみのパワートレーンで2WDのみと街乗りに振ったコンセプトだ。

日産 キックス

●SUVでワンペダル。実燃費よし/編集部・ババの評価

 海外では4年前から売られており、基本設計もデザインも新鮮味はない……が、乗るといいんです。「日産の懐刀=e-POWER」の進化をモーターとエンジンの絶妙なハーモニーで体感でき、実燃費もいい。ワンペダルドライブも慣れればアリと思う。加えてプロパイロットも、当初のセレナ搭載時よりもスムーズ。本音は「あと20万円安ければ(廉価版が約276万円)」ねぇ。

●評点…ババ2位、ウメキ6位

■6位 スズキ アルトワークス(28ポイント)

●どんなクルマ?

 2016年の復活登場で、走り好きの心をつかんだ軽スポーツ。2ペダルもあるが楽しむならやはり5MTだ。約153万円で小気味いい走りを味わえる!

スズキ アルトワークス

●軽さ+ターボ+MT。不満なし/編集部・フルカワの評価

 アルトの車重はFF車だと600kg台。この軽さ+ターボ+MTの組み合わせが魅力的です。しかもワークスは、当初設定されていたターボRSに5速MTを設定しただけのモデルではなく、エンジンはトルクアップされ、足回りも専用にチューニングされていて、乗り味は軽の本格スポーツ感があります。乗り心地は硬いけど、不快な硬さじゃないのもいいと思いました。

●評点…フルカワ4位、ワタナベ6位、イイジマ6位

次ページは : ■5位 スバル レヴォーグ(31ポイント)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ