さらばかつての超名門 プレミオ/アリオン惜別企画 正直微妙だった5ナンバーセダンたち

 20年の歴史を持つトヨタのプレミオ/アリオンが、今年(2021年)3月に生産終了となる。

 初代、2代目とも5ナンバーサイズを堅持、それでいてカローラより格上! という、微妙なポジションを貫き通した両車に、敬意を払いたい。

 そんなわけでこの企画だ。「微妙な結果に終わった5ナンバーサイズセダン」。5ナンバーサイズセダンには敬意を払う。でも、けっこう微妙なデキなのもあったよねと、自動車評論家 清水草一氏とともに振り返る企画である。

 けっして「プレミオ/アリオンも晩年は少し微妙だったね」というつもりではないので、くれぐれもご注意いただきたい。

【画像ギャラリー】もはや絶滅危惧種…?? 日本のビミョウな(!?)5ナンバーセダンをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2021年1月のものです
文/清水草一、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■トヨタ 5代目ビスタ(1982-2003)

●どんなところがビミョー?

 全高を先代比で一気に約100mmも高くして、広い室内空間を実現! 多くの評論家が絶賛した!

 でも、メッチャカッコ悪かったんだよね。ボクシーなセダンボディのまま、ただ背を高くしたら、不格好になってアタリマエ。ただのオッサン体形だもん! ただただ実用性をアップした律義さが、あまりにもビミョーでした。

トヨタ 5代目ビスタ…歴代初となるワゴン=アルデオが設定されたのがこの5代目。セダンでありながらシフトはコラム式

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★☆☆☆☆
・不幸の匂い度:★☆☆☆☆

■日産 ラティオ(2012-2016)

●どんなところがビミョー?

 小型セダンは、もはや国内に需要ナシ! がわかっていながら、「主に営業車用に」と、アジア向けに作られたタイ製小型セダンを逆輸入。その安っぽさ、カッコ悪さは時空を超えていた! まるで現代に能勢慶子(かつてのB級アイドル)の歌声が蘇ったかのような衝撃! まさにタイムマシン! タイムボカン! ボカンと殴られた感じでした。

日産 ラティオ…2012年登場、2016年12月販売終了。直3、1.2Lエンジンのみの設定は現在のほうが評価されるかも

・走りの楽しさ:★☆☆☆☆
・デザインの美しさ:★☆☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★★

■三菱 6代目ランサー(2010-2010)

●どんなところがビミョー?

 これを町で見かけたら、真剣に駆け寄って抱きしめたい! まさに黒歴史! 魔のバミューダトライアングル! ブーレイ顔のランサーは2年弱しか作られていないので超希少! もう「ビミョー」なんてレベルをはるか高高度で超越し、火星人の襲来レベルだ! 中古車を検索したら1台しかなかった……。なんかもう、とにかく希少です!

三菱 6代目ランサー…6代目ランサー自体は2000年から10年販売されたが、ブーレイ顔の販売期間は2003~2005年の間のみ

・走りの楽しさ:★★★☆☆
・デザインの美しさ:★☆☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★★

■日産 2代目 ブルーバードシルフィ(2005-2019)

●どんなところがビミョー?

 ブルーバードの名前を半分捨てて誕生したシルフィ。その2代目はゴーン就任後の2005年に登場した。日産のV字回復と中村史郎氏のデザイン改革の成果から期待されたが、フタを開けたら目玉つながりのおまわりさん!「すべての日産車のデザインをよくする」という中村氏の宣言は、この時点で挫折を余儀なくされたのでした。

日産 2代目ブルーバードシルフィ…ホイールベース延長による居住性改善や、インパルによるスポーツモデルもあったけど、やっぱりビミョー

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★☆

■トヨタ プラッツ/べルタ(1999-2005)

●どんなところがビミョー?

 ともにヴィッツがベースのセダンで、プラッツは初代ヴィッツにトランクを取って付けただけ! そのカッコ悪さは抱きしめたくなるレベル。

 2代目ヴィッツベースのベルタは、その反省からデザインを見直したけど、それでもイケてない感ビンビン。小型セダンという存在自体、格安営業車や老人専用車という時代になっていたのですね……。

トヨタ プラッツ…名車といわれる初代ヴィッツをベースにしたのに、セダンとなった途端にビミョーといわれるプラッツ

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★☆☆☆

■ホンダ フィットアリア(2002-2009)

●どんなところがビミョー?

 これはアレです、上のプラッツやなんかと一緒で、ハッチバックボディに無理矢理トランクをつけたヤツです。

 VWジェッタやヴェントは、その不格好さがなぜかカッコよく見えるんだけど、フィットアリアはフィリピンの雑貨屋さんみたいな雰囲気でした。トランクは当時のメルセデスSクラス並みに広かったんだよねぇ、ホント。

ホンダ フィットアリア…初代フィットの派生車で2002年12月登場。フィットが2代目になった後も継続して2009年まで販売

・走りの楽しさ:★★★☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★☆☆

■マツダ ペルソナ(1988-1992)

●どんなところがビミョー?

 カリーナEDの大ヒットに触発され、マツダが作ったカリーナED。それがなぜビミョーかというと、頑張りすぎたのです、オシャレに。

 特にリアシート中央のまくら? がイカンかった。まくらを外してもキャバレーのソファみたいで。慣れないオシャレは大けがのもと。カリーナEDはOKだけど、ペルソナは微妙にやりすぎだった。

マツダ ペルソナ…女優のイングリッド・バーグマンをイメージして製作。灰皿とライターがオプションになっていた

・走りの楽しさ:★★★☆☆
・デザインの美しさ:★★★☆☆
・不幸の匂い度:★☆☆☆☆

■日産 初代プレセア(1990-1995)

●どんなところがビミョー?

 担当氏がこう申します。「大学生当時、このクルマを買った友人から、これはプリメーラの弟分だと言われ、そうかぁ、弟だからなんかパッとしないのかぁと、ずっと信じてました。だまされてましたねぇ……」とのことです。

 誰も知らないステキなエピソード。とにかくプレセアは、遅すぎたカリーナEDもどきでした。涙。

日産 初代プレセア…初代プリメーラの型式はP10。一方、初代プレセアはR10と、似てるっちゃあ似てるが、似てるのはそれだけ

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★☆

■ダイハツ 2代目 シャレードソシアル(1994-2000)

●どんなところがビミョー?

 まず「ソシアル」という車名が泣かせる。つまり社交界ですね? セダンだから社交界という感覚が鹿鳴館時代を引きずってる……。実際はシャレードにトランクをつけただけ。でも、いまシャレードソシアルに乗ってる人がいたら、逆に猛烈にオシャレ! 時空を超えた鹿鳴館だ! なんだか欲しくなってきた! うおおおお!

ダイハツ 2代目シャレードソシアル…ダイハツにとって、最後の自社開発ノッチバックセダン。といっても、それ以外あまり記憶にない

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★☆☆☆

■スズキ エリオセダン(2001-2007)

●どんなところがビミョー?

 ハッチバックのエリオは、リアの黒いガーニッシュがどこかオシャレさんなクルマだったけど、セダンにはそのガーニッシュがナイ! 代わりにちっちゃーいトランクが付きました。するとあら不思議、オシャレ感はゼロを超えてマイナス方向に進み、白色矮星になってしまったのです! 現在は電波望遠鏡でも観測が難しいです。

スズキ エリオセダン…1.5L車と1.8L車が存在。1.8L車はフェンダーにモールが付くため車幅が広がり、3ナンバーになる

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★☆☆☆

*   *   *

 プレミオ/アリオン生産終了にかこつけて、多くの成功したモデルに隠れがちな、微妙な5ナンバーサイズセダンを紹介した。

 ダシに使われたプレミオ/アリオンからすれば迷惑だろうが、海よりも広い心で許してほしい。ごめんネ。

 プレミオ/アリオン消滅後、唯一新車で買える5ナンバーサイズセダンとなるカローラアクシオ。それはそれでやっぱり微妙

【番外コラム】マニア受けするセダン 3傑

 ビミョーな不人気セダンながら、マニア心に残るセダンたち。まずは1990年にデビューした、マツダ レビュー! このクルマはフーセンみたいに丸くて居住性バツグン! 走りもしっかりしてて、とってもよかった!

 一部で女性向けのカワイイカーと誤解されたけど、とってもステキなクルマでした。私が薦めて後輩(男)が購入して、気に入ってましたヨ!

マツダ レビュー(1990-1998)…マツダ悪夢の5チャンネル時代のオートザム店に登場した小型車。外観は可愛らしいが作りはマジメであり、欧州ではそのスタイルと高い実用性から人気となった

 1996年から発売が開始された三菱 カリスマは、オランダ製の逆輸入車。さすが欧州車だけにシャシーが抜群! それに対してパワートレーンはまったく凡庸。つまりメルセデスみたいな「シャシーがエンジンに勝つ」佳作だったんです! まるで売れなかったけど乗るとステキでした。

三菱 カリスマ(1996年-2001)…オランダのネッドカーで作られたカリスマ *日本での販売期間

 そしてホンダの2代目アスコット/ラファーガ。フロントミドシップで操縦性はシャープだし、なによりも縦置きされた直列5気筒エンジンの回転フィールが超抜群! さすがホンダエンジン!

 トラクションが悪くて雪道には激ヨワだったけど、舗装路なら文句ナシ! カッコもよかったんだよねー。

ホンダ 2代目アスコット/ラファーガ(1993-1997)…直5エンジン縦置き、でもFFなアスコット&ラファーガ

【番外コラム】国産5ナンバーセダン消滅の危機! MAZDA2セダンの投入はないのか!?

 5ナンバーセダンの消滅は、クルマ界の重大な問題だ。このサイズのセダンは、適度な大きさのボディと優れた視界で運転しやすく、背が低いから立体駐車場も利用しやすい。

 しかもセダンは重心が低く、後席とトランクスペースの間に隔壁があるから、ボディ剛性も高めやすい。走行安定性と乗り心地を確保する上でも有利な条件がそろう。

 メーカーは「5ナンバーセダンが売れないから廃止する」というが、その原因は商品開発にあった。10年以上もフルモデルチェンジを行わず、ユーザーの関心が高い安全装備や運転支援機能の進化も怠れば、売れゆきが下がって当然だ。

 5ナンバーセダンは軽自動車やSUVに比べて売りにくく、中高年齢層や法人には相応の需要があるのに見捨てられた。

 悪影響は教習車にも生じている。教習車の規格では、全長:4400mm以上など一定のサイズがあれば上限はないが、運転を覚えるには限度が伴う。そこでタイ製のマツダ2セダンを教習車に改造している。

発売されればカローラアクシオの強力なライバルとなるマツダ2セダン。現在は教習車仕様のみ

 日本で運転を覚える教習車を輸入するとは情けない。ベースのマツダ2セダンは充分な品質を確保するので、一般ユーザーも購入可能にすべきだ。カローラアクシオの後継となるヤリスセダンも開発して、5ナンバーセダンを復活させて欲しい。

(TEXT/渡辺陽一郎)

【画像ギャラリー】もはや絶滅危惧種…?? 日本のビミョウな(!?)5ナンバーセダンをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ