さらばかつての超名門 プレミオ/アリオン惜別企画 正直微妙だった5ナンバーセダンたち

プレミオ/アリオン惜別企画 正直ビミョーだった?? 5ナンバーサイズのセダンたち

 20年の歴史を持つトヨタのプレミオ/アリオンが、今年(2021年)3月に生産終了となる。

 初代、2代目とも5ナンバーサイズを堅持、それでいてカローラより格上! という、微妙なポジションを貫き通した両車に、敬意を払いたい。

 そんなわけでこの企画だ。「微妙な結果に終わった5ナンバーサイズセダン」。5ナンバーサイズセダンには敬意を払う。でも、けっこう微妙なデキなのもあったよねと、自動車評論家 清水草一氏とともに振り返る企画である。

 けっして「プレミオ/アリオンも晩年は少し微妙だったね」というつもりではないので、くれぐれもご注意いただきたい。

【画像ギャラリー】もはや絶滅危惧種…?? 日本のビミョウな(!?)5ナンバーセダンをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2021年1月のものです
文/清水草一、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■トヨタ 5代目ビスタ(1982-2003)

●どんなところがビミョー?

 全高を先代比で一気に約100mmも高くして、広い室内空間を実現! 多くの評論家が絶賛した!

 でも、メッチャカッコ悪かったんだよね。ボクシーなセダンボディのまま、ただ背を高くしたら、不格好になってアタリマエ。ただのオッサン体形だもん! ただただ実用性をアップした律義さが、あまりにもビミョーでした。

トヨタ 5代目ビスタ…歴代初となるワゴン=アルデオが設定されたのがこの5代目。セダンでありながらシフトはコラム式

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★☆☆☆☆
・不幸の匂い度:★☆☆☆☆

■日産 ラティオ(2012-2016)

●どんなところがビミョー?

 小型セダンは、もはや国内に需要ナシ! がわかっていながら、「主に営業車用に」と、アジア向けに作られたタイ製小型セダンを逆輸入。その安っぽさ、カッコ悪さは時空を超えていた! まるで現代に能勢慶子(かつてのB級アイドル)の歌声が蘇ったかのような衝撃! まさにタイムマシン! タイムボカン! ボカンと殴られた感じでした。

日産 ラティオ…2012年登場、2016年12月販売終了。直3、1.2Lエンジンのみの設定は現在のほうが評価されるかも

・走りの楽しさ:★☆☆☆☆
・デザインの美しさ:★☆☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★★

次ページは : ■三菱 6代目ランサー(2010-2010)