さらばかつての超名門 プレミオ/アリオン惜別企画 正直微妙だった5ナンバーセダンたち


■三菱 6代目ランサー(2010-2010)

●どんなところがビミョー?

 これを町で見かけたら、真剣に駆け寄って抱きしめたい! まさに黒歴史! 魔のバミューダトライアングル! ブーレイ顔のランサーは2年弱しか作られていないので超希少! もう「ビミョー」なんてレベルをはるか高高度で超越し、火星人の襲来レベルだ! 中古車を検索したら1台しかなかった……。なんかもう、とにかく希少です!

三菱 6代目ランサー…6代目ランサー自体は2000年から10年販売されたが、ブーレイ顔の販売期間は2003~2005年の間のみ

・走りの楽しさ:★★★☆☆
・デザインの美しさ:★☆☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★★

■日産 2代目 ブルーバードシルフィ(2005-2019)

●どんなところがビミョー?

 ブルーバードの名前を半分捨てて誕生したシルフィ。その2代目はゴーン就任後の2005年に登場した。日産のV字回復と中村史郎氏のデザイン改革の成果から期待されたが、フタを開けたら目玉つながりのおまわりさん!「すべての日産車のデザインをよくする」という中村氏の宣言は、この時点で挫折を余儀なくされたのでした。

日産 2代目ブルーバードシルフィ…ホイールベース延長による居住性改善や、インパルによるスポーツモデルもあったけど、やっぱりビミョー

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★★☆

次ページは : ■トヨタ プラッツ/べルタ(1999-2005)