さらばかつての超名門 プレミオ/アリオン惜別企画 正直微妙だった5ナンバーセダンたち


■トヨタ プラッツ/べルタ(1999-2005)

●どんなところがビミョー?

 ともにヴィッツがベースのセダンで、プラッツは初代ヴィッツにトランクを取って付けただけ! そのカッコ悪さは抱きしめたくなるレベル。

 2代目ヴィッツベースのベルタは、その反省からデザインを見直したけど、それでもイケてない感ビンビン。小型セダンという存在自体、格安営業車や老人専用車という時代になっていたのですね……。

トヨタ プラッツ…名車といわれる初代ヴィッツをベースにしたのに、セダンとなった途端にビミョーといわれるプラッツ

・走りの楽しさ:★★☆☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★☆☆☆

■ホンダ フィットアリア(2002-2009)

●どんなところがビミョー?

 これはアレです、上のプラッツやなんかと一緒で、ハッチバックボディに無理矢理トランクをつけたヤツです。

 VWジェッタやヴェントは、その不格好さがなぜかカッコよく見えるんだけど、フィットアリアはフィリピンの雑貨屋さんみたいな雰囲気でした。トランクは当時のメルセデスSクラス並みに広かったんだよねぇ、ホント。

ホンダ フィットアリア…初代フィットの派生車で2002年12月登場。フィットが2代目になった後も継続して2009年まで販売

・走りの楽しさ:★★★☆☆
・デザインの美しさ:★★☆☆☆
・不幸の匂い度:★★★☆☆

次ページは : ■マツダ ペルソナ(1988-1992)