2030年度の新燃費基準で軽自動車はどうなるのか?


 経済産業省と国土交通省は昨年3月に、乗用車の2030年度燃費基準を策定したことを発表している。2030年度燃費基準の推定値は25.4km/Lで、2016年度実績値19.2km/L(WLTCモード)と比べると32.4%もの改善が必要な目標となっている。

 25.4km/Lというと、トヨタカローラシリーズのハイブリッドモデルやホンダフィットのハイブリッドといった、現行車ではトップレベルの燃費で、これを企業平均で目指すことになる。

 そこで気になるのが、これまでは本格的なハイブリッド車の設定をなしに燃費性能を向上させてきた軽自動車だ。

 2030年度の新燃費基準をクリアするために軽自動車はどのような進化が必要なのか? そしてこれからの軽自動車のために必要な対策とは?

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、スズキ、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】厳しい燃費基準で生き残れるか…? 今後の動向が気になるクルマたち


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ