アルファードとオデッセイ どこで差がついた? 売れるクルマと売れないクルマの分岐点


 同じカテゴリー、同じようなサイズ感、多少の差はあれど価格帯もそれほど違わない。ライバル車とされる日本車2台だが、気づけば両車の販売台数に差がついている。 そこにはユーザー心理を絶妙についた「策」が潜んでいるかもしれない。「売れる」「売れない」の分岐点を探る。

※本稿は2021年1月のものです
文/諸星陽一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月26日号

【画像ギャラリー】アルファード フォレスター ノート…売れてるクルマのキモはどこに? ピックアップされたモデルをギャラリーでチェック!!!


■売れるアルファード VS 売れないオデッセイ

 アルファードはLクラスミニバンのベンチマークである。

 日本での圧倒的人気はもちろん、東南アジアや中国ではアルファードはステータスですらある。ついにレクサス版であるLMも登場するなど、その勢いは止まらない。

 初代オデッセイは背の低いミニバンとしてデビュー。

 ハンドリングのよさで大ヒットしたが、現在では背の高いミニバンでも充分なハンドリングが確保できる。現行はずいぶん背が高くなったが、それでもアルファードには及ばない。

トヨタアルファード(2015年1月登場)…2020年累計販売台数:9万746台/2020年12月・月販台数:7960台
ホンダオデッセイ(2013年11月登場)…2020年累計販売台数:9716台/2020年12月・月販台数:1140台

 お客は背が高く、グリルが大きい厳ついクルマが欲しいのだ。

 今、商売や利益優先でオデッセイをアルファードに似せるか? ホンダらしさを貫くか? 経営者は大きな判断に迫られているといえよう。

●売れる・売れないの分岐点は?…ニーズを掴んだアルファード。その真似で下降線

■売れるフォレスター VS 売れないCR-V

 フォレスターもCR-Vも人気のミドルクラスSUVだ。その全幅をチェックするとフォレスターが1815mm、CR-Vが1855mmとなる。この1855mmという数値がひとつの大きな分かれ目となる。

 マンションなどでは敷地内の駐車場にサイズ制限を設けていることがほとんどで、その多くが1850mmであるという。

 つまり1855mmの全幅を持つCR-Vはマンション敷地内の駐車場に対応していない可能性がある。もともとがアメリカでの販売を考えていたモデルなので、これは仕方ないことなのかもしれない。

スバルフォレスター(2018年7月登場)…2020年累計販売台数:2万4057台/2020年12月・月販数:2327台
ホンダCR-V(2018年8月登場)…2020年累計販売台数:6140台/2020年12月・月販台数:460台

 クラス的にはミドルクラスSUVと同クラスに位置する両車だが、価格を見るとフォレスターが約292万~約329万円、CR-Vが約336万~約456万円と、CR-Vは1クラス高い価格設定。この差はユーザーも放っておかない。

 しかもフォレスターは全車4WDなので、4WD同士を比較すると、さらにフォレスターの買いやすさを感じる。

 また、CR-Vは日本で販売されていなかった期間が意外と長く、知名度が落ちてしまっていることも否めない。

●売れる・売れないの分岐点は?…全幅1855mmがひとつの鍵となりCR-Vは低空飛行

次ページは : ■売れるヴェゼル VS 売れないキックス

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ