アルファードとオデッセイ どこで差がついた? 売れるクルマと売れないクルマの分岐点


■売れるヴェゼル VS 売れないキックス

※この2台はキックス販売開始の2020年7~12月の合計販売台数を紹介。12月はキックスが上回り、これからが要注目

 ヴェゼルとキックスはボディの全長、全幅、全高の寸法がそれぞれ5~10mmしか違わないまさにがっぷり四つのライバル。

 しかし、パワートレーンには大きな違いがある。ヴェゼルは1.5Lのピュアエンジンと1.5Lハイブリッドの2種のパワーユニットに、FFと4WDが用意されるが、キックスはシリーズハイブリッドのe-POWERのみ。ここで4WDが欲しいという人はふるい落とされてしまう。

ホンダヴェゼル(2013年12月登場)…2020年7~12月販売台数:1万5838台/2020年12月・月販台数:2205台
日産キックス(2020年7月登場)…2020年7~12月販売台数:1万4597台/2020年12月・月販台数:3529台

 e-POWERのみのキックスの価格は約276万~約287万円だが、ヴェゼルは約211万円から用意される。同じパッケージングでリーズナブルなモデルが欲しいと思えば、ヴェゼルにいくのが当然か。

 また、ヴェゼルはハイブリッドのもっともリーズナブルなモデルでも約251万円なので、ハイブリッドモデル同士の比較でも、まだヴェゼルに分がある状況。

 そして、キックスは国内生産ではなく、タイ日産で生産され、日本に輸入されるモデルなので、大なり小なり、そこの部分を気にするユーザーが存在する可能性も、否定できません。

●売れる・売れないの分岐点は?…モデル末期でも選べるパワーユニット&駆動性能でヴェゼル!

■売れるRAV4 VS 売れないエクストレイル

 エクストレイルはデビューが2013年12月で、すでにまる7年を経過してしまっているところが、まず第一の戦力不足といえる。

 現行3代目デビュー時はクリーンディーゼルがあり、それがアピールポイントであったが、現在のパワーユニットが2Lピュアエンジン車と2Lハイブリッド車の2種に限られる。

 RAV4にディーゼルはないが、ディーゼルユーザーは同セグメントのCX-5に流れている可能性も否定できない。

トヨタRAV4(2019年4月登場)…2020年累計販売台数:5万4723台/2020年12月・月販台数:4070台
日産エクストレイル(2013年12月登場)…2020年累計販売台数:2万280台/2020年12月・月販台数:979台

 エクストレイルは7名定員モデルも用意し、特殊性でアピールするも、その効果はさほど高くはならない。

 対するRAV4は一時期日本市場から姿を消していたが、再びの導入と同時に積極的にテレビCMを展開し認知度がアップ。そしてパワートレーンの充実も見逃せない。

 2Lガソリンエンジン車はFFと機械式4WD、2.5Lハイブリッド車とPHVはFFとフロントエンジン&モーター+リアモーターの4WDというように、パワーユニットと駆動方式の選択肢は5つにもなり、まさにかゆいところに手が届くような状況だ。

●売れる・売れないの分岐点は?…パワーユニットと駆動方式の選択肢は5つ。これぞRAV4の強み

次ページは : ■売れるノート VS 売れないプリウス