タイムマシーン3号とコラボ! おふたりが探してるクルマとは? クルマ「太らせてぇ〜」


 お笑い芸人「タイムマシーン3号」の代表作「太らせる」のクルマ版を作ってくれとオファーし実現した本誌『ベストカー』のコラボ企画をダイジェストにてご紹介!

 漫才はYouTubeで公開します! ぜひ見てね!

※本稿は2021年3月のものです
文・写真/ベストカー編集部 撮影/堤 晋一
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】試乗中のオフショットも! 関さん山本さん試乗の様子をギャラリーでチェック!!!


■ベストカーは彼らにオススメのクルマを用意 タイムマシーン3号は漫才を作ってきたくれた!!

 なぜこの企画を立てたのか、まずはソコについて説明させていただこう。

 先日、アメトーークという番組で「旧車芸人」が放送された。これからいろんな自動車媒体で彼らが取材されることだろう。

 もちろんそんなクルマ大好きな芸人さんたちにも興味津々なのだが、今回はあまりクルマのイメージがない芸人さんを取材し、読者の皆さんにも読んでもらいたいと思うワケである。

 今回、白羽の矢が立ったのはお笑い芸人「タイムマシーン3号」のお二人。彼らの代表作に「太らせる」という漫才がある。

タイムマシーン3号…太田プロ所属のお笑いコンビ。芸歴20年。テレビのレギュラー番組を多数抱える売れっ子芸人。M1グランプリ決勝進出2回、キングオブコント決勝進出1回を誇る。写真左がボケ担当の関太さん、右がツッコミ担当の山本浩司さん

 最近コレをアレンジして「ジャンプの漫画を太らせる」とか「マガジンの漫画を太らせる」といった漫才をご本人たちがYou Tubeで披露しているのだ。

 アレ、これクルマでもイケるんじゃない? 試しに所属事務所にできるか聞いてみると、「ええ、2週間いただければ」マジか。いけるの? じゃあ試しにやってみてもらおう! となったわけだ。

 自動車メディア(たぶん)史上初の「漫才ネタ作ってもらった」企画となるので、そういう意味では“初モノ”だ。

 せっかくなので、タイムマシーン2号のふたりにはクルマを好きになって帰ってもらうことにしよう。

 今回は、ふたりが欲しいクルマはどんなクルマかを事前にヒアリング。お薦めのクルマを紹介することにする。もちろん太らせる漫才・クルマ編も披露してもらった。こちらはあとのお楽しみ!

■奥様も運転をする関さんにオススメの日産車 日産・スカイラインハイブリッド

 まずはタイムマシーン3号のボケ担当、関太さんの希望するクルマから紹介しよう。

 希望は「燃費がよくて、安全装備や運転支援が充実している日産車」が希望らしい。

 今回は、走りのよさも体験してもらいたくてスカイラインハイブリッドを用意。それでは、関さんのインプレッションの様子をレポート!

日産 スカイラインハイブリッド

●ノートやキックス希望の関さん、スカイラインにグラリ

関:いや~、今真剣にクルマを探してて。いただいた見本誌を読ませてもらいましたけど、クルマが沢山あって迷っちゃいます。

ベストカー:今回は、燃費もよくて走りもいい、スカイラインハイブリッドを用意しました。

関:プロパイロット2.0が搭載されているんですよね? キックスとかノートに搭載されているのは?

ベストカー:手放し運転ができる2.0ではないです。ノートはナビリンク機能付きっていうキックスよりは進化したものを搭載していますが。

燃費がよくて運転支援も充実の日産車が欲しいと関さん。「最近、本気でクルマが欲しくて!! いろいろ調べてるんですよ」。いい笑顔

関:日産でいいなと思ってるのはキックスかノートなんですよー。実は両親が日産で出会って結婚していて。

ベストカー:だから日産指定なんですね! キックスも凄く乗りやすいですし、新型ノートも評判いいですよ。

関:お話いただいてクルマを見るようになってから、クルマいいなって思うようになりまして。熱が上がってきて。車種もいろいろあって、街中で走ってるクルマみても「あーアレは○○か」って意識するようになりました。

ベストカー:あるあるですね~。

関:普段125ccのバイクに乗ってるんですけど、コロナだし冬だしで、そろそろ欲しいなと思ってて。

ベストカー:やはり小さいほうがいいですか?

関:奥さんも運転したいのがあって。ノートやキックスあたりなら大丈夫かなと。アウディならQ2とかQ3とか。

ベストカー:バッチリ調べてらっしゃる。ではさっそく、山本さんも一緒に試乗しましょう。

●走りのスムーズさに驚きっぱなしの大満足試乗に!

関:あー、なめらか!

ベストカー:ハイブリッド車は滑らかで運転しやすいですよ!

306ps/35.7kgmの3.5L、V6エンジンを搭載するハイパワー車だが扱いやすいクルマなのだ

山本:ウインカーの音も上品ですね。

関:スムーズ。とにかくスムーズ! すんごい滑らか。

山本:車内……かなり静かだなぁ。これは電気で走ってるからですね。

関:イヤー、楽しい! スカイラインだからですかね、すんごい乗りやすいです。いや~……コリャいいね。

「すんごくなめらか!! 気に入りました」

ベストカー:今日は下道試乗ですが、高速道路だとプロパイロット2.0を使った手放し運転もできます。

山本:GPSを使ってるんですか?

ベストカー:はい。あとは3Dの地図を使ってます。

関:オートブレーキホールド使ってみたいんですけど……。

山本:何それ?

関:今赤信号で止まるじゃん? オンにしてたらブレーキ放しても止まったままで、あとはアクセル踏めば進んでくれるんだよね。楽なんだよ。

ベストカー:さて、試乗の感想をお願いできますか?

関:乗り心地がよくて、運転してて優しいなと感じました。飛ばすタイプでもないですし、安全に快適に目的地に行くには、僕の理想どおりだなって感じですね。

ベストカー:高評価! このクルマは500万円くらいしますが、リアルな「欲しい度」は何点くらいですか? ガチなやつ。

関:うーーーん……80点ですね。値段もありますし、ほかのも乗りたいので。

 関さんありがとうございました! …と、残念ながら今回「ベストカーWeb」でご紹介できるのはここまで! ツッコミ・山本さんの「輸入車でモテるSUV」という希望に対してベストカーが対してオススメしたのはボルボ・XC60だったのだが…こちらの様子はぜひ本誌でお楽しみいただきたい!

●スカイラインハイブリッドGT 主要諸元
・全長×全幅×全高:4810×1820×1440mm
・ホイールベース:2850mm
・車両重量:1820kg
・最小回転半径:5.6m
・エンジン:V6DOHC+モーター
・総排気量:3498cc
・最高出力:306ps/6800rpm
・最大トルク:68ps/29.6kgm
・モーター:13.6ps/4.1kgm
・トランスミッション:7AT
・WLTCモード燃費:12.4km/L
・価格:557万5900円

次ページは : ■漫才に入る前に知っておきたい タイムマシーン3号の「太らせる力」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ