惚れたら最後!? ちょい古でオシャレなW123型ベンツが熱い!


 190シリーズやW124型Eクラスの前、1976年から1985年にかけて生産されていたW123型メルセデスベンツを知っていますか? 

 190シリーズやW124型はまだ現代のクルマの香りが残っているけれど、このW123型はネオクラシックなスタイルと、質実剛健という言葉がふさわしい作りのいいボディがいいですよね。

 室内に乗り込むとこれまたクラシカルなデザインのメーターやしっかりと作り込まれたシートなど、現代のクルマにはない魅力があります。

 今回、その魅力に取りつかれてしまったW123オーナーたちに、その理由を直撃。また、W123型の中古車はいくらで売られているのでしょうか?

 そこで、自身もW123オーナーである流浪のクルマバカ、池畑浩氏が解説していきます。

 ちなみに池畑氏の簡単なプロフィールですが、約30年にわたりVWに勤務し、現在は自動車事故調査資格のボッシュCDRアナリストになられています。

文/池畑浩
写真/ダイムラーAG ベストカーweb編集部 池畑浩

【画像ギャラリー】オーナー自慢のW123が大集合!! ベンツW123と懐かしのチューナーベンツを見る


W123型メルセデス・ベンツの歴史を振り返る

愛車のシートに愛犬とともに収まる筆者。愛するものに囲まれる至福の時間だ

 ある日、ベストカーweb編集部のOさんから「古いベンツ買ったらしいですね。ぜひベストカーwebで取り上げたいのでちょっと手伝ってもらえませんか」との連絡があった。

 ボクはVW在職中に1975年式のVWビートルを手に入れて15年ほど可能な限り自分でいぢりながら楽しんでるのですが、昨年ネットの中古車サイトで見つけたチョイ古のメルセデス・ベンツを増車したこともあって、Oさんはボクに「旧車に乗りたいと思っている人の不安を解消してあげてください」とのこと。

 だからといって胸を張って言えることはないのですが、これまでの体験をお伝えすることで少しでも旧車に興味のある方の背中を押し、またこれをきっかけにして旧車に興味を持ってくれる人が増えたらいいなと思い、お引き受けしました。

1970年代から1980年代にかけてドイツで一番多く走っていたのがこのライトアイボリーのW123タクシー
1977年式300TDリムジン

 そんなワケで、今回取り上げるメルセデス・ベンツ「W123」について簡単に振り返っておきましょう。「W123」は1967年に登場した初代コンパクト・メルセデス・W114の後継モデルとして1976年にデビューしました。

 当初はセダン(W123)だけでしたが、翌年には2ドアクーペ(C123)、1978年にはステーションワゴン(S123)が追加されています。

 この他にもロングホイールベースのリムジンや救急車などの特別なモデルやシャシ―がありましたが、当時の輸入元だったヤナセが日本仕様として正規輸入したのはセダン、クーペ、ステーションワゴンの3モデルだけで、ステーションワゴンはすべてディーゼル仕様でした。

 ボディサイズは全長4.7m、全幅1.78m、全高1.44mなので、ちょうど現行型のプリウス(全長4575×全幅1760×全高1470mm)とほぼ同じくらいといってよいでしょう。

W124以前のカジュアルでネオクラシックな佇まいが123の魅力
クーペ版C123はあまり見かけることが少なくなってしまった
こげ茶色のボディカラーとクラシカルな佇まい、S123がたまらない……

■W123シリーズの主要諸元:1984年式

※印は並行輸入のみ

 「W123」は1980年代のメルセデスたる強烈なブランド・アイデンティティの礎を築いたモデルで、1979年に登場した最上級モデルのSクラス(W126)や1982年にデビューした5ナンバーサイズの小型セダン「W201」、すなわち190シリーズにも少なからず影響を与えたモデルです。

W123は「世界で最高の実用車」

W123といえばオシャレなボディカラー。チャイナ―ブルーやライトアイボリー、マラカイトグリーン、マニラベージュなどバリエーションが豊富で鮮やかな色が多い。またボディカラーと同色のホイールキャップもオシャレ

 みなさんの記憶にも残っているであろう、こうしたヒットモデルの先行開発車だった「W123」には、必然的に当時のダイムラーAGやサプライヤーが持つ最新技術が惜しみなく注がれ、「W124」「W201」にも受け継がれています。

 このようなこともあって「W123」シリーズは、「世界で最高の実用車」と賞賛されるほど頑丈かつサービス性に優れたクルマとして世界中で人気を博し、累計約270万台が生産されました。

 ボクが「乗るなら今しかない」という思いで手に入れたのは、1985年式の「230E(セダン)」で、日本向けの最終生産車です(本国は1986年まで後継の「W124」と並行生産)。

 一番ベーシックなグレードですが、みなさんご存じのように、とくに輸入車の最終年次はベースグレードでも豪華仕様が多く、ボクの「230E」にも上級モデルと同じウッドパネルや数々の上級装備が装着されています。

 みなさんも今後、クルマを探す際には、値段や走行距離だけでなく、このように最終生産年のクルマを探してみることをお勧めします。

■W123シリーズのモデル別生産台数【出典:Daimler AG】

※印は北米&日本向けターボディーゼル  ※※印は北米向けディーゼル&ターボディーゼル

次ページは : ■W123オーナー4人に集まっていただきました!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ