日本導入熱望!! ハイランダー ジュークなど異国で大活躍中の国産SUV 30選


 日本人はいつからこんなに好きだったのかと言いたくなるほどブームになっているSUV。だがSUVが好きなのは日本人だけではない。今、世界中の人間がSUVを愛してやまないのである、いや、マジで。

 それゆえ海の向こうの大地には、その地に根ざした独自のモデルが存在し、そしてそれらのモデルは、日本人の我々にはなんとも言えず魅力的に映ったりする。

 日本メーカー製でありながら日本で買えないSUV。そんなもどかしくも魅力的なモデル30台をご紹介。リニューアルしたての新型モデルも登場するから、ぜひお楽しみに!

※本稿は2021年2月のものです
車両解説/大音安弘 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】きっと異国の空の下 誰かの青春を乗せている! 海外で活躍する30台をギャラリーでチェック!!!


■トヨタ

●トヨタ「4Runner」…ハイラックスサーフの面影を残すアクティブ指向の本格SUV。現行型のボディサイズはプラドと同等で大きめ。TRDパーツで武装した「TRDプロ」もアリ。

トヨタ「4Runner」

(主な販売エリア/北米)

トヨタ「セコイア」…フルサイズピックアップ「タンドラ」と基本を共有するSUV。LX譲りのパワフルな5.7L、V8と広い3列シートキャビンを備えており、まるでお得なランクル。日本にもファンが多い。

トヨタ「セコイア」

(主な販売エリア/北米)

●トヨタ「ハイランダー」…RAV4ワイドともいえるFFベースのミッドサイズSUV。RAV4より大きめかつ街乗りを意識したデザインと3列シートが特徴。3.5L、V6と2.5LHVが選べる。

トヨタ「ハイランダー」

(主な販売エリア/北米、一部欧州、中国など)

●トヨタ「ヤリスL クロスオーバー」…中国市場で販売される、ヤリスをクロスオーバー化したモデル。ホイールベースは延長され居住性も改善されている。全車1.5Lエンジンを搭載する。

トヨタ「ヤリスL クロスオーバー」

(主な販売エリア/中国)

●トヨタ「フォーチュナー」…またの名を「SW4」とも言う、ラダーフレーム付きの本格SUV。上級グレード「レジェンダ―」にはスポーティなマスクが与えられる。

トヨタ「フォーチュナー」

(主な販売エリア/アジア、オセアニア、中近東など)

■スバル

●スバル「アセント」…「フォレスター」の兄貴分的な北米向けミッドサイズSUVで、スバル車のなかで最も大きい。スバル唯一の3列シートと2.4Lのターボエンジンが特徴。

スバル「アセント」

(主な販売エリア/北米など)

次ページは : ■日産系

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ