レヴォーグ タイプR N-BOX?? 今のうちに絶対乗っとけ純エンジン車 現行モデル13台


 CASE、CAFE、カーボンフリー、SDGs…最近ニュースを賑わすこれらの言葉が指し示すのは、2030年代半ばには、この国でも新車販売のメインストリームとなるのが電動車かもしれない、という未来。

 純エンジン車に乗れるのは、冗談抜きで“いまのうち”かもしれない。

 そこで今回は、ベストカーが誇る自動車評論家5氏に、「絶対に乗っておいたほうがいい」現行型の純エンジン車を3台ずつ挙げてもらった。

 大排気量モデルからターボ、小排気量自然吸気モデルまで、興味深いクルマが勢揃いだ!

●ラインナップ
・松田秀士氏…スバル レヴォーグ/プジョー208/マツダ CX-5(2.2Lディーゼル)
・清水草一氏…スズキ スイフトスポーツ/ルノールーテシア/日産スカイライン400R
・小沢コージ氏…ホンダ N-BOX(ノンターボ)/レクサスLX/BMWの直6ディーゼルツインターボ
・岡本幸一郎氏…AMG A45 S/ホンダ シビックタイプR/スバル WRX S4
・島崎七生人氏(番外コラム)…フィアット500ツインエア

※本稿は2021年3月のものです
文/松田秀士、清水草一、小沢コージ、岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】5氏が太鼓判!「いまのうちに絶対乗っとけ!」な13台をギャラリーでチェック!!!


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ