レヴォーグ タイプR N-BOX?? 今のうちに絶対乗っとけ純エンジン車 現行モデル13台


 CASE、CAFE、カーボンフリー、SDGs…最近ニュースを賑わすこれらの言葉が指し示すのは、2030年代半ばには、この国でも新車販売のメインストリームとなるのが電動車かもしれない、という未来。

 純エンジン車に乗れるのは、冗談抜きで“いまのうち”かもしれない。

 そこで今回は、ベストカーが誇る自動車評論家5氏に、「絶対に乗っておいたほうがいい」現行型の純エンジン車を3台ずつ挙げてもらった。

 大排気量モデルからターボ、小排気量自然吸気モデルまで、興味深いクルマが勢揃いだ!

●ラインナップ
・松田秀士氏…スバル レヴォーグ/プジョー208/マツダ CX-5(2.2Lディーゼル)
・清水草一氏…スズキ スイフトスポーツ/ルノールーテシア/日産スカイライン400R
・小沢コージ氏…ホンダ N-BOX(ノンターボ)/レクサスLX/BMWの直6ディーゼルツインターボ
・岡本幸一郎氏…AMG A45 S/ホンダ シビックタイプR/スバル WRX S4
・島崎七生人氏(番外コラム)…フィアット500ツインエア

※本稿は2021年3月のものです
文/松田秀士、清水草一、小沢コージ、岡本幸一郎 写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】5氏が太鼓判!「いまのうちに絶対乗っとけ!」な13台をギャラリーでチェック!!!


■松田秀士の“絶対乗っとけ”3台

 新型レヴォーグね。アクセル踏んだ瞬間にスッと飛び出すレスポンス。

 最近エコ系のハイブリッド車に慣れてしまって、この純エンジン特有のダッシュ力は新鮮!

 EVやPHEV、e-POWERも停止時からの瞬発力はあるけど、低→中→高としっかり伸びのある加速が楽しめる。

 そして室内の静粛性と乗り心地。サスペンションの動きがスムーズで、しかもその気になればコーナリングも狙いどおりにラインが決まる。

177ps/30.6kgm、伸びのある加速が楽しめる水平対向1.8Lターボが搭載された新型レヴォーグ

 プジョー208はまず内外のデザインにやられちゃうね。ドライバーズシートに座ると、こんな見せ方あったんだ! と驚く。

 フランス人のセンスというか、個性の塊。乗っていること、持っていることに自然と笑いがこみあげてくる。走らせれば驚くほどスムーズに動くサスペンション。

 クルマを見る目が変わると思うね。

プジョー208には1.2Lターボエンジンが搭載されている。100ps/20.9kgmというスペックだが、低速からモリモリとトルクが湧き上がり、走らせると気持ちいい

 CX-5は2.2Lディーゼルが俄然よくなった。

 一般的なディーゼルはガソリンに比べて2000rpmほどトップエンドが低く4000rpmを超えたあたりから力感が急に低下して加速が鈍るもの。

 それが4000rpmを超えても加速感に衰えがなく、ストレスなく気持ちよく回る。アクセルペダルを重くすることでコントロール性が向上。

 ディーゼルを積んだSUVの代表格として乗っておくべき。

CX-5の2.2Lクリーンディーゼルは欧州系2Lディーゼルより出力やトルクが大きい。今年1月の改良で10psアップし、アクセルペダルも改良されさらに気持ちよくなった

■清水草一の“絶対乗っとけ”3台

「絶対乗っとけ」と言うからには、あんまり高いクルマを挙げるのは控えようと思いまして、こちらの3台になりました。

 今の時代、高回転高出力型のエンジンを日常的に楽しむのは難しい。

 低い回転から太いトルクを楽しめる最新のターボが、快感の総量がデカいと思うのです。つまり、現代のダウンサイジングターボは絶対乗っとけ! と私は言いたい。

 そのなかから選ぶと、まずスイスポ!

 140psの1.4Lターボは低中回転域でとっても痛快! しかもお値段はたったの201万円から。「これこそ絶対乗っとけ!」と言いたいですわ。

 まず自分が買えって感じだけど。

スイスポはスポーツカーにしては快適性も高い。家族に遠慮してるそこのアナタ、スイスポなら大丈夫だ

 続いてルノールーテシア。1.3Lターボは131ps。コイツは低中回転域だけでなく、高回転域でも痛快!

 GT-Rの技術が使われているせいだろうか? これまた237万円からとお買い得! 乗らずには死ねない。

決して価格は高くないルーテシア。下手な国産車より安いし、純エンジン好きなら手に入れない理由がない

 そして最後は、スカイライン400Rです。これは少々お高いですが、3L V6の400psは伊達じゃない。ドッカーンと豪快に加速するスカGに涙が出る。

 乗り心地もフンワリしててオッサン向き。お財布に余裕のある中高年スカイラインファンは絶対乗っとけ!

確かに価格は高いが、400ps以上の国産車のなかでは最安。スカイラインファンは一度は乗っとけ

次ページは : ■小沢コージの“絶対乗っとけ”3台

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ