GT-R RX-8 WRX STI…次の世代に残したいニッポンの名エンジン7選


■スバル/EJ20ターボ+VAB型WRX STI(2014年)

モータースポーツで性能と信頼性を磨き上げ てきた、 2リッター水平対向ターボのEJ20ターボエンジン


■エンジン形式:水平対向4気筒2リッターターボ
■搭載車種:WRX STI、4代目までのレガシィなど
■登場時のスペック:308ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpm

ドイツのニュルブルクリンク・サーキットなど、世界各国の様々な走行条件下で 走行性能を鍛え上げたVAB型WRX STI

 10年ほど前までスバルの主力エンジンとなっていたEJ型は文字通り「社運を賭けた」といえる初代レガシィとともに1989年に登場し、特に初代レガシィRSとインプレッサ時代も含めたWRX STIに搭載されていたEJ20ターボはランサーエボリューションとの戦いもあり、エンジンも切磋琢磨しながら成長していった。

 EJ20ターボはランサーエボリューションの4G63ターボとは対照的にクルマへの搭載要件もありストロークが短かったこともあり、特に初代インプレッサ時代のものだと「中低速トルクに欠ける代わりに高回転域では爆発的なパワーを発揮する」という性格だった。

 そのためランサーエボリューションに比べると運転はWRX STIの方が難しい傾向だっただが、「乗りこなせたときの歓びはWRX STIの方が上」という意見も多かった。

 EJ20ターボ搭載車も最終型となった2014年登場のVAB型WRX STIの魅力は高い。EJ20ターボは2007年登場のGRB型から高回転域での爆発的なパワーを若干抑えられたものの、その代わり4G63ターボほどではないにせよ中回転域のパワーが厚くなっており、扱いやすいエンジンとなった。

ディフューザー一体型バンパーやツインデュアルタイプのテールパイプを採用した、 WRX STIのリアフォルム

 またクルマ自体もサーキットの速さに代表される絶対的な速さは2代目のGDB型がピークだったと思うが、ロードカーとしての質感は新しいモデルほど高まっている点も大きな魅力だ。

 2019年にVAB型が最終モデルとなったことでEJ20ターボも姿を消してしまったが、2019年まで30年に渡ってEJ20ターボが進化を続けながら続いたことには大きな拍手を送りたい。

■まとめ

スポーツカーには高性能エンジンが不可欠

 今後新しいスポーツエンジン、特にNAのものが登場するという可能性は極めて低いだけに、欲しい人は今のうちに自分のものにし、すでに持っている人も含め末永く大切に乗って、名機の魅力を後世に伝えてほしい!

【画像ギャラリー】NA、ターボ、ロータリー、水平対向、今のうちに乗っておきたい名エンジン搭載車