王者キャディラックの大改革!! 輸入車としての魅力溢れるアメ車の現在地

王者キャディラックの大改革!! 輸入車としての魅力溢れるアメ車の現在地

 キャデラックの新作、CT5の出来がよくてびっくりした。

 よいと言っても、これまで散々アメリカ車に対して使ってきた「日本車やドイツ車にはないおおらかさがあって……」という苦肉のレトリックではなく、ホントによいのだ。例えばこれがメルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズの新型だと言われても納得できるくらいによい。

 大げさかもしれないが、生き馬の目を抜く自動車業界で次に覇権を握るのは、ほんの11年前に破綻したにもかかわらずV字回復を果たして見事再生したゼネラルモータース。

 そしてEV専業という極端な戦法によって短期間のうちにベンチャー企業から株価世界一の大企業にまで登りつめたテスラのような新しい勢力が共存するアメリカなんじゃないかと思わせるものがあった。

 Make America great againを可能とするのはトランプじゃなく自動車なのでは!?

文/塩見 智、写真/ゼネラルモーターズ・ジャパン

【画像ギャラリー】新生GMが送り出したアメリカの誇り!! 新型キャデラックCT5&XT4を見る


■生まれ変わったアメリカン・セダン

キャデラック CT5。サイズ的にはベンツ EクラスやBMW 5シリーズなどと競合する
キャデラック CT5。サイズ的にはベンツ EクラスやBMW 5シリーズなどと競合する

 冒頭からブーストがかかって話を広げすぎた。具体的にCT5がどうよいかを述べていきたい。CT5は従来のCTSのモデルチェンジであり、サイズは全長4925mm、全幅1895mm、全高1445mm、ホイールベース2935mm。メルセデス・ベンツEクラスやBMW5シリーズあたりとぶつかるサイズのセダンだ。

 ホイールベースが長く、前後、特にフロントのオーバーハングが非常に短いため、実寸よりもかなりコンパクトに見える。

 ロングノーズでキャビンがリア寄りにある典型的なエンジン縦置きのレイアウトだ。エンブレムと同じ形状の五角形グリルの両脇にある小ぶりなヘッドランプの両端からほぼ真下へ向かってデビルマンっぽいLEDのDRL(デイタイム・ランニング・ランプ)が伸びるのが面白い。

 プラチナム(560万円)とスポーツ(620万円)の2グレードがあって、パワートレーンはどちらも2リッター4気筒ガソリンターボエンジン(最高出力240ps、最大トルク350Nm)と10速ATの組み合わせ。

 ちなみにアメリカ車としては珍しくハイオク指定だ。プラチナムが後輪駆動なのに対し、スポーツは四輪駆動となる。

次ページは : ■スムーズな変速とユニークな安全装備が楽しい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号