王者キャディラックの大改革!! 輸入車としての魅力溢れるアメ車の現在地


 キャデラックの新作、CT5の出来がよくてびっくりした。

 よいと言っても、これまで散々アメリカ車に対して使ってきた「日本車やドイツ車にはないおおらかさがあって……」という苦肉のレトリックではなく、ホントによいのだ。例えばこれがメルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズの新型だと言われても納得できるくらいによい。

 大げさかもしれないが、生き馬の目を抜く自動車業界で次に覇権を握るのは、ほんの11年前に破綻したにもかかわらずV字回復を果たして見事再生したゼネラルモータース。

 そしてEV専業という極端な戦法によって短期間のうちにベンチャー企業から株価世界一の大企業にまで登りつめたテスラのような新しい勢力が共存するアメリカなんじゃないかと思わせるものがあった。

 Make America great againを可能とするのはトランプじゃなく自動車なのでは!?

文/塩見 智、写真/ゼネラルモーターズ・ジャパン

【画像ギャラリー】新生GMが送り出したアメリカの誇り!! 新型キャデラックCT5&XT4を見る


■生まれ変わったアメリカン・セダン

キャデラック CT5。サイズ的にはベンツ EクラスやBMW 5シリーズなどと競合する

 冒頭からブーストがかかって話を広げすぎた。具体的にCT5がどうよいかを述べていきたい。CT5は従来のCTSのモデルチェンジであり、サイズは全長4925mm、全幅1895mm、全高1445mm、ホイールベース2935mm。メルセデス・ベンツEクラスやBMW5シリーズあたりとぶつかるサイズのセダンだ。

 ホイールベースが長く、前後、特にフロントのオーバーハングが非常に短いため、実寸よりもかなりコンパクトに見える。

 ロングノーズでキャビンがリア寄りにある典型的なエンジン縦置きのレイアウトだ。エンブレムと同じ形状の五角形グリルの両脇にある小ぶりなヘッドランプの両端からほぼ真下へ向かってデビルマンっぽいLEDのDRL(デイタイム・ランニング・ランプ)が伸びるのが面白い。

 プラチナム(560万円)とスポーツ(620万円)の2グレードがあって、パワートレーンはどちらも2リッター4気筒ガソリンターボエンジン(最高出力240ps、最大トルク350Nm)と10速ATの組み合わせ。

 ちなみにアメリカ車としては珍しくハイオク指定だ。プラチナムが後輪駆動なのに対し、スポーツは四輪駆動となる。

■スムーズな変速とユニークな安全装備が楽しい

パワーは過剰なほどではないがエンジンは気持ち良く回る。街中のコーナリングでも持て余すことはなかった

 試乗したのはスポーツ。エンジンは4気筒としては振動が少なく、軽やかに回る。モリモリとパワーがあふれ出るというわけではないが、十分に力強い。特にスポーツモードを選ぶとエンジン音がやや獰猛な音色となり、やや引っぱり気味の変速タイミングとなる。

 10速ATと聞いて、街なかではせわしなく変速し続けてわずらわしいのではないかと心配したが、杞憂に終わった。タコメーターを見ていると確かに変速の頻度は高いが、変速ショックをほとんど感じられないので、わずらわしさはない。

 GMはトランスミッションを自社で開発する珍しいメーカーのひとつであり、早くから多段化に積極的だっただけあってうまくつくる。

 ただしギアダウンで減速しようとすると左パドルを何度も引く必要がある。キックダウンへの反応は適切で、必要とあれば躊躇なく4、5段吹っ飛ばす。

 低負荷時に2気筒を休止して燃費を稼ぐ小技ももちあわせている。カタログには燃費の記載がないが、首都高を中心に小一時間試乗した後の車載燃費計の表示は13km/Lあたりだった。悪くない。

後続車が右から接近するとシート右側が振動し、左から接近すると左側が振動するという感覚的なアラートシステムがユニークだ

 街なかでの試乗だったため、ハンドリングを事細かに確認することはできなかったが、首都高の曲率の高いコーナーでは気持ちよく曲がることができた。

 GMのエンジン縦置き車が用いるアルファプラットフォームは熟成されており、乗り心地のよさとハンドリングの気持ちよさを高い次元でバランスさせる。不自然な挙動がなく、荒れた舗装路もうまく振動を吸収してくれる。

 4WDはツアーモードでは40:60、スポーツでは同20:80、アイス&スノーでは50:50の前後トルク配分となる。

 全車速対応のACC、車線逸脱防止支援(車線中央維持支援はない)、リアクロストラフィックアラート、後側方からの車両接近を知らせる警告など、ADAS(先進運転支援システム)も日欧のライバルに引けを取らない内容が備わっている。

 デジタルカメラによるルームミラーも標準装備。備わるだけではなく、例えば先行車両との車間調整はスムーズだったし、右後側方から車両が接近すればシートの右半分が、左後側方から接近すればシートの左半分が振動して注意をうながすユニークなシステムもしっくりきた。

次ページは : ■キャディよお前もか!! ラインナップをSUVに注力

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ