エスティマ ヴェルファイア……営業マンが残念がる生産終了車とは

エスティマ ヴェルファイア……営業マンが残念がる生産終了車とは

 ここ数年、国内で売られている量産モデルの生産終了車が多数に及んでいる。トヨタ、ホンダ、日産に多く見られるが、このほかマツダ、ダイハツ、スズキなども検討中の車種がいくつか存在することが伺える。

 なかには営業マンが「これはモデルチェンジすれば売れるようになるのに残念」と指摘する車種も少なくない。

 もしかしたらシエンタ、RAV4のようにニーズが再び生じて復活する車種が出現する可能性もあるのではないか?

 そこで、遠藤徹氏が首都圏の主要ディーラーマンに話を聞きながら、生産終了車が再び発売される可能性について調べてみた。

文/遠藤徹
写真/トヨタ 日産 ホンダ マツダ

【画像ギャラリー】モデルチェンジしたら売れるかも? 近々廃止予定の車種をチェックする


アイシス、エスティマ、ヴェルファイア復活の声

近い将来の生産終了が噂されるヴェルファイア。2021年4月の一部改良により、ZゴールデンアイズII以外のグレードが廃止された
近い将来の生産終了が噂されるヴェルファイア。2021年4月の一部改良により、ZゴールデンアイズII以外のグレードが廃止された

 トヨタは2025年までに2017年時点で約60車種あったモデルを30車種の半分に削減することを公表し、以降廃止モデルを着実に増やしている。

 これまで廃止された主な車種はプレミオ、アリオン、マークX、プリウスα、タンク、ポルテ、スペイド、アイシス、エスティマなどである。

 2021年から2022年にかけてはエスクァイア、ヴェルファイア、クラウンセダン、カローラセダン(5ナンバー車)、カローラフィールダーなどが予想される。

 アルファード/ヴェルファイアは2021年4月28日の一部改良で、ヴェルファイアが従来のカタログモデルを廃止して特別仕様車の「ZゴールデンアイズII」のみとなった。その後の受注、販売推移を見ると、アルファードの売れ行きが絶好調なのに対してヴェルファイアは極端な激減ぶりで明暗を分けている。

 カタログもこれまで別々に分けていたのをひとつに統合している。2022年後半にはフルモデルチェンジし「新型アルファード」に1本化する方針だが、首都圏にあるトヨペット店筋によると「次期型にバトンタッチするのを待たずに、今年中にヴェルファイアの生産を中止するのではないか」と予想している。

2019年に生産を終了し、約30年の歴史に幕を閉じたエスティマ。販売再開を望む声も根強い
2019年に生産を終了し、約30年の歴史に幕を閉じたエスティマ。販売再開を望む声も根強い
2017年12月に販売終了した7人乗りミニバンのアイシス
2017年12月に販売終了した7人乗りミニバンのアイシス

 「人気の高かったアイシスやエスティマを復活してほしいという声をよく聞きます。特にエスティマは、流麗なスタイルだったので惜しむ声が多いですね」(首都圏トヨタ販売店)。

 「全車種統合により、全店でアルファードが販売できるようになりましたので、どうしてもアルファードに集中してしまいます。かつてはヴェルファイアのほうが人気でしたが、今ではほんのたまにですがヴヴェルファイアを選ばれる方がいらっしゃいます。ただこれだけ集中してしまいますと納期が遅れることが多くなりますので、ヴェルファイアを廃止しないでいただきたいですね」(首都圏トヨタ販売店)

次ページは : ノアよりヴォクシーのほうが売れているのにヴォクシーを廃止するのは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ