エスティマ ヴェルファイア……営業マンが残念がる生産終了車とは


ポルテ/スペイドの生産終了

ポルテ/スペイドの助手席側には1枚の大きなスライドドアを装備。助手席のロングスライド機構を用いればワゴン的な使い方も可能

 ポルテ/スペイドは助手席側スライド開閉のコンパクトハイトワゴンでベビーカーや車椅子が乗降可能なのがウリとなっていた。

 ところが2016年11月に両側スライドドアでより利便性の高いルーミー/タンクが子会社のダイハツからOEM供給されることになり、その役目は終わったとして生産中止になった。

 こちらについて販売店各社は「ルーミーがあればポルテ/スペイドは必要ないので復活はないだろう」と見ている営業担当者は多い。

クラウンはやはりセダンが廃止されSUVになるのか?

現行の15代目クラウンは発売から3年が経過。セダン不況の影響からか、販売面で苦戦を強いられている

 さて、先般話題となっているクラウンについては「2022年中盤のフルモデルチェンジではSUVに変わり、セダンは生産中止になる。」との見方が強まっている。セダンの分野はFFラグジュアリーセダンであるカムリに委ねるというわけである。

 「クラウンがSUVになるという話は正式には聞いておりませんが、例えクラウンがSUVになっても、セダンはクラウンは、しばらくは残ると思いますし、まだ正式な内容を聞いておりませんのでなんともいえません。ただ、クラウンの法人需要がアルファードに移っています。先日レクサスの営業マンと話したのですが、レクサスもSUVが大半を占めているからけっしてクラウンSUVは的外れではないと言っていました」(首都圏トヨタ販売店)。

次ページは : ホンダはアクティ廃止、オデッセイも?