新型ランクル300発表! さっそくディーラーに買いにいってみた!


悩ましかったエンジン選択は営業マンからナイスアドバイス!

GR SPORTは5人乗りディーゼルと7人乗りガソリンエンジンが選択可能という

 発表されたエンジンはガソリンが3.5L、V6ツインターボ(415ps/650Nm)、ディーゼルが3.3L、V6ツインターボ(309ps/700Nm)の2種類で、現時点ではハイブリッド仕様はラインナップされないことが判明している。

 GR SPORTは5人乗りディーゼルエンジンと7人乗りガソリンエンジンが選択可能。どちらもV6ツインターボ、TNGAプラットフォームで開発されたラダーフレームとともに軽量化・低重心化に貢献し、その結果燃費も改善している。「200系のZXでは実燃費がリッター4kmほどの極悪燃費だったが改善が期待される」と営業マンが説明してくれたそうだ。

 先代200系は4.6Lの大排気量ガソリンエンジン搭載とはいえ、スーパーヘヴィ級の車体を押し出すには低回転域でのトルクがやや不足して出足が鈍いところがあり、300系へと乗り換えを検討しているオーナーのなかには700Nmの強大なトルクで2.5トンを超えるクルマを引っ張るディーゼルエンジンに期待する声が大きいとのこと。

 またガソリンエンジンの7人乗りはこれまでは3列目シートを横に跳ね上げて収納していたのに対し、新型は床面に収納される形に改良。「大型スーツケースが5個積めるようになるなど積載性が向上したのがセールスポイントです」との説明を受けたという。

 GR SPORTは新設定のグレードなのでどれぐらい200系ZXオーナーがGR SPORTに流れるかは予測できないけれど、それでも相当の人気を集めるに違いないということだった。

 その話を聞いて友人Aは「やはりGR SPORTの5人乗りディーゼルエンジン一択」と思ったそうだ。確かに彼は独身なので7人乗りのクルマが必要とはとうてい思われないし、仮に燃費が悪くてもディーゼルであれば若干経済的な負担も軽減されるだろう。

ディーゼルは3.3L、V6ツインターボで309ps/700Nmを発生。ディーゼルエンジン仕様に人気が集中しそうだ

外装色・内装色はどう選ぶ?

トヨタSUVのフラッグシップとして豪華かつクオリティの高いコクピット

 ZXの外装色一番人気はアルファード同様、ホワイトパールクリスタルシャインになるだろうとの予想。GR SPORTのホワイトは、それとは異なるプレシャスホワイトパールだそうだ。直近のクラウンから採用された新色で、「ホワイトパールクリスタルシャインよりもさらに黄色みが少なく白さが引き立つ色」とのこと。友人Aが色見本を見た限りではそこまで違いは明白ではなかったそうだ。

 GR SPORT向けに用意される外装色はほかにはブラックとグレーメタリック、ダークレッドマイカメタリック。「ブラックはメタリックではなくソリッドカラーで磨き傷が目立ちやすいので濃色系だとグレーメタリックがいいかもしれないですね」と、営業マンからのワンポイントアドバイス。

 GR SPORT専用内装色はブラックとブラック・レッドのコンビの2種類。「コンビの内装はおそらくGRのロゴデザインを意識したもので専用のスポーツシートなどではないのでは」とのことだった。

次ページは : カーナビやそのほかのオプションはどうなっている?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ