スズキ新型ソリオ販売絶好調の確かな実力と人気度をじっくり検証

発売から半年で絶好調!! スズキ新型ソリオの確かな実力と人気度をじっくり検証

 2020年11月25日にフルモデルチェンジして2代目にバトンタッチしたスズキの新型ソリオが好調の販売推移を見せている。

 月販目標を5000台に設定したのに対して2021年1~5月の月販平均(登録実績)は4948台(前年同期実績146.8%)。ほぼ計画どおりの台数で推移しているわけだが、ただこの数字は実際の人気の高さに比べるともの足りない印象もあり、説明を加える必要がある。

 以下、スズキ販売店に取材した、ソリオ人気の高さと強さの要因について、流通ジャーナリストの遠藤徹氏に伺った。

 なお余談ですが、本企画担当編集者は、新型ソリオ成功の秘訣は、吉沢亮さん&橋本環奈さんによるキュートなダンスと、「ソ、ソ、ソーリオ♪」と異様に耳馴染みのよいフレーズで印象深いTVCMにあると睨んでおります。

文/遠藤徹 写真/SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】スズキの小型車で最も売れている新型ソリオ! 質感大幅アップで好敵手トヨタルーミーを追撃!!


■発売からおよそ半年が経過 好調に売れている新型ソリオ

2020年11月25日にフルモデルチェンジを発表、同年12月4日に発売された新型ソリオ(左)と新型ソリオバンディット(右)

 新型ソリオの場合、現状では「月販平均約5000台」という受注実績どおりに生産ができない状況にあるそう。

 販売店での説明によると、(販売現場での人気の高さに対して)サプライヤーからの半導体部品の供給遅れ、インド工場から輸入される一部部品が現地の新型コロナウイルス蔓延の影響で国内の相良工場での組み立てがスムーズに出来ないという。

 このため2021年6月上旬現在の納期は半年後以降となり、大幅に遅れている。したがって、推定バックオーダーは3万台に達している。現在までの受注分をフル稼働で組み立てることができたら、月間1万台前後売れているだろうと言ってもいいすぎではないスタートダッシュぶりである。

 現行2代目の人気要因は「新型になり質感を上げ、サイズアップさせたことで室内が広くなり、使い勝手を大幅に向上させた。改良型のマイルドハイブリッドユニットの搭載で、静かで加速性に優れた走りが実現出来ている。安全対策もより充実させている。」(首都圏スズキ店営業担当者)とコメントしている。

■新型からはストロングハイブリッドが消滅

先代ソリオにはマイルドハイブリッドに加え、EV走行が可能なストロングハイブリッドが用意された。新型はマイルドハイブリッドに一本化された

 新型ソリオはノーマルタイプと個性派タイプである「バンディッド」の2シリーズ構成となっている。ふたつの個性を持つフロントマスクで分けており、今回はノーマル3タイプ、バンディッド1タイプを設定している。

 バンディッドは(初代に設定のあった)EV走行可能なストロングハイブリッドを廃止し、改良型のマイルドハイブリッドに絞って搭載しているが、これまでの受注実績ではノーマルタイプのほうが70%程度と、高い構成比となっている。

 ノーマルタイプはNAエンジン1とマイルドハイブリッドユニット車2の合計3グレードなのに対して、バンディッドはマイルドハイブリッドエンジン搭載車1タイプであるのと、フロントマスクのデザインに好き嫌いがある、より個性的な顔立ちのために、シンプルな外観で仕立てたノーマルタイプのほうが人気は高くなっているようだ。

 発売当初、「EV走行可能なストロングハイブリッド車の廃止は新型ソリオの販売にマイナスの影響があるのではないか」と言われていたが、フタを開けてみると実際はそうではなく、大幅なプラス推移になっている。

 首都圏のスズキ販売店筋によると、「初代ソリオに設定していたストロングハイブリッドは1モーター&リチウムイオンバッテリーを組み合わせていたが、マイルドハイブリッドに比べて車両本体が20万円も高いのに、実走行燃費は1~2km/L程度しか延びていなかった。それにトランスミッションがマニュアルベースの2ペダル方式であり、変速ショックに違和感があったために、あまり売れ行きがよくなかった」という経緯がある。

 このために改良型のマイルドハイブリッドにしたほうがベターな売れ行きの推移となっている。

次ページは : ■新型ソリオの強みはモーターアシストが生み出す余裕の走り