五輪やっても中止でもトヨタは笑う?? アルファード人気の陰で… 車販売現場の裏話 10選


 長引くコロナ禍。新車を売る販売現場のみなさんは奮闘中だが、その最前線では今、「これは見過ごせないぜ」という話がタンマリ転がっている。販売店に精通する自動車ジャーナリスト・小林敦志氏がお届けする!

※本稿は2021年5月のものです
文/小林敦志 写真/TOYOTA、AdobeStock、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年6月26日号

【画像ギャラリー】コロナ禍のなか開催迫るオリンピック…。そんななか飛び込んできた車販売現場のウラ話10コをギャラリーでクイックチェック!!!


■01 今、販売現場は車両電動化の波で大揺れ状態に!?

 電動化の波で今、販売店は揺れ動いている……。

 昨年末、経済産業省が「2030年代半ばまでに電動車のみにすることを検討」と発表。その報道は世の中に強いインパクトを与えた。当然、新車販売現場も強い関心を持っている。

 あるセールスマンは、「2030年代半ばまでの電動化(ここではBEV[純電気自動車]やFCV[燃料電池車]のこと)は厳しいですよ。うちの店でこの前ミライ(燃料電池車)を売りましたが、最寄りの水素ステーションまで片道20km。これでは興味のあるお客様には販売しますが、積極的には売れません」と話してくれた。

 また、ある日産系ディーラーのセールスは、「リーフを売るにはまだまだ敷居の高さを感じる」と話す。

 筆者が「集合住宅に住んでいる」というと、「そのようなお客様には積極的にリーフはオススメできません」と話す(集合住宅に充電施設を新設するのは至難の業なのである)。

 まずガソリン車並みに手軽に乗れるインフラ整備(充電施設など)を優先させてから電動化を行ってほしいところなのだが、残念なことに政府や行政からはそのような動きがなかなか見えない。

 このような状況なら、“不安を感じるセールスマンが多い”のも致し方ないことか。

水素ステーションの充実が課題のトヨタ MIRAI。よいものをオススメできないのは忸怩たる思いが募るのではないだろうか

■02 東京オリンピック やってもやらなくてもトヨタは笑う!?

 東京オリンピックが7月に開催されるならば、いつも通りのオリンピックとはいかないものの、ある程度世の中がお祭り騒ぎになるだろう。

 そうなると、新車購入に関心を示すお客が激減。販売の現場では、思うような活動ができなくなるはずである。

 新車販売業界では6~7月は夏商戦と銘打った増販期となっている。ただ、ここ数年は6月に比重を置く傾向が目立っているが、7月がまるまる期待できないとなると事態は深刻。頭を抱える店も多い。

 ただ、トヨタは7月19日に新型アクア、そして8月下旬には新型ランドクルーザーがデビュー予定。カローラクロスも同時期に国内投入予定との情報も入っている。

 これだけ“ウリのクルマ”を持っていれば前述した話は別。オリンピックをはねのけるほどの集客効果が期待できるのは確実。

 仮にオリンピックが中止となり、さらに感染拡大による“旅行に行くな”など、遠出の自粛要請が出されれば、「新型アクアが出たんだよなぁ」などと、新型車があり訪れやすい“近所の”トヨタ販売店に足を向ける人が充分期待できる。

 ……いずれにしろトヨタだけが笑うことになるかも!?

五輪の思わぬ影響もトヨタには無関係!?

次ページは : ■03 長引くコロナ禍で“ローン慣れ”に用心すべし

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ