インテグラ復活記念 ボクらのかっこインテグラは現在いくら?


■丸型4灯式ヘッドランプを持つ3代目インテグラが登場

デビュー当初は丸目4灯のプロジェクターヘッドランプを採用

 3代目のインテグラは1993年に登場。5月にクーペと呼ばれる3ドアハッチバックそして、7月に4ドアハードトップが販売開始された。

 特徴的な外観デザインは、フロントバンパーに内蔵した独立丸型4灯ヘッドライトを採用したこと。骨格には、フレーム断面の大型化とストレート化およびフレーム間の結合効率の向上により、高剛性ボディを採用している。

 足回りには「安定性」と「応答性」の高次元両立をめざし、4輪ダブルウイッシュボーンサスペンションに磨きをかけ、最上級グレードのSi-VTECにはキャンバー剛性を高める大径パフォーマンスロッド&タワーバーを採用していた。

 搭載するエンジンは、最上級グレードのSi-VTECには、1リッター当たり100ps、許容回転数8000回転を達成し、最高出力180psを発生する1.8L直列4気筒DOHC VTECを搭載。加えて、先代と同じ、1.6L直列4気筒ハイパー16バルブエンジンを採用し、電子燃料噴射システム仕様とデュアルキャブ仕様を用意していた。

■初代DC2型インテグラタイプRは万を持して登場し人気を博す

 1995年8月にインテグラはマイナーチェンジを行い、個性的な丸型4灯のヘッドライトからフォグライト内蔵のプロジェクター採用一体薄型ヘッドライトを採用するなど内外装の変更を行った。同時にレーシングカーのテイストと圧倒的なドライビングプレジャーを獲得、究極のFFスポーツモデルを目指したインテグラタイプRを設定した。

FF最強のハンドリングマシンと称された初代インテグラタイプR。車体はボディ剛性を強化しながら、メルシート(フロアカーペット下に付く防音材)の廃止などにより約40kg軽量化。サスペンションもSiRに対し車高を15mmダウンするなど強化。FFながらコーナーではグイグイとノーズが入り、アクセル操作による挙動変化も起こしやすいという鋭い切れ味と楽しさを持つ、駆動方式を超越したレーシングカーのようなハンドリングに仕上がった
DB8型インテグラ4ドアタイプR

 タイプRはボディの高剛性化をはじめ、徹底した軽量化、パーツの高精度化。そして、ロール剛性を強化したハードセッティングサスペンション+専用開発のハイグリップタイヤを装着するなど運動性能の徹底追及を図ったモデル。

 タイプR専用に開発された1.8L直列4気筒DOHC VTECエンジンは、最高出力200psを発生し、当時自然吸気エンジンとして世界最高のリッター当たり111psを達成した。

 タイプRは3ドアハッチバックだけでなく。4ドアハードトップにも設定。さらに1998 年1月にインテグラタイプRはマイナーチェンジ(通称98spec)を行い、ファインチューンを施した新エンジンの搭載やファイナルギアレシオの見直し。

 フロントブレーキのインチアップ、タイヤを215/45R16へサイズアップするとともに新設計の5穴16インチアルミホイールを採用するなど戦闘力をさらにアップさせている。

1998年1月に発売された後期型は98specRと呼ばれる。ワイドタイヤ(195から215に変更)、ホイールのインチアップ(15から16インチに変更)、ホイールナットも4穴から5穴に変更したほか、ブレーキローターの大径化やステンレス製の4in1等長エキゾーストマニホールドが装着された
なんの飾り気のないスパルタンなコクピット。モノコックの高剛性化、足回り、ECUの見直し、ファイナルギアレシオのローレシオ化などの変更が行われた。1999年12月には99スペック、00スペックといわれる最終型が発売された

次ページは : ■DC5型インテグラタイプRは2L、直4i-VTECのK20型搭載

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ