名車ディーノ以来のV6モデル!ターボ+PHVの296GTBが上陸へ


■再定義されたGTBのデザイン

 296GTBのデザインは、フェラーリのミドシップ2シーターベルリネッタのアイデンティティを再定義することで、独創的でモダンなスタイルを目指したという。短縮されたホイールベースを活かし、塊感を与えたスタイリングは、過去10年間のベルリネッタのなかで、最もコンパクトなものとなった。

 最大の特徴は、従来のファストバックスタイルを捨て去ったこと。これによりパワーユニットが収まるルーフ後方部は大きく削り取られ、エンジンの存在を強調するデザインに仕上げられている。

 また、一筆書きで描かれたような流麗かつシンプルなラインを描きながら、同時に力強さのあるフォルムを構築している。まさに新時代のファイティングスタイルのフェラーリなのだ。

伝統のファストバックスタイルを捨て去ることで生まれた新たなベルリネッタデザイン

■スーパーなデジタルコックピット

 フルデジタルインターフェイスによるコックピットデザインは、SF90ストラダーレより採用されるものだが、前者では過去との決別の思いを込めて先進さが強調されたが、296GTBでは、最新技術を洗練されたコックピットデザインに溶け込ませることに注力。それがピュアでミニマリストな雰囲気を生み、力強さと美しさの調和に繋がっているという。

ドライバー中心に機能を集約されたシンプルなコックピットは、往年のスポーツカーのようにシンプルなダッシュボードレイアウトを実現した

 ボタンの配置は、ステアリングに集約したドライバー中心のレイアウトとなり、表示はメーターパネルに集約。助手席側との情報共有を図るべく、専用のサブディスプレイも設けられている。かなりモダンとなったコックピットだが、クラシカルなシフトを彷彿させるシフトパネルやフローティング構造のダッシュボードなど、往年のフェラーリを思い起こされるアクセントも加えられている。

次ページは : ■見どころ満載の新メカニズム