フェラーリ初PHEV SF90ストラダーレに公道試乗! 新世代跳ね馬の実力


 モータージャーナリストの西川淳氏が、フェラーリ初となるプラグインハイブリッド車(PHEV)「フェラーリSF90ストラダーレ」に日本で公道試乗。

 F1ゆずりのハイブリッドパワートレインによるシステムパワーは1000馬力を発揮し、また一方で最大25kmのEV走行も可能とする新世代フェラーリの走りとは? その実力を西川氏にレポートしてもらった。

文/西川 淳
写真/柳田由人

【画像ギャラリー】フェラーリ創立90周年記念車「SF90ストラダーレ」はPHEVの怪物だ!!


■スクーデリア・フェラーリ設立90周年を記念したスポーツモデル

 「SF」。スクーデリア・フェラーリの略である。現在、街を走っている多くのマラネッロ製ロードカーのフロントフェンダーには跳ね馬の盾マークが飾られている。これがSFエンブレムで、フェラーリレーシングチームの証というわけだ。

 それゆえ、「SF90ストラダーレ」というネーミングにはマラネッロの気合が相当強くこめられたと言っていいだろう。曰く、スクーデリア・フェラーリ設立90周年を記念して……。

 SF90ストラダーレのデビューは2019年(ちなみに同年にスパイダーもデビュー)。

「SF90ストラダーレ」はその名の通り、スクーデリア・フェラーリの設立90周年を記念したモデルだ。注目のPHEVマシンだが、極限まで低く構えたスタイリングも只物でないオーラを発している

 遡ること1929年に、レーシングドライバーであり、モデナでアルファロメオ販売ディーラーも経営していたエンツォ・フェラーリがレーシングチームを立ち上げた。

 もっともそれは現代で例えるならフェラーリのディーラーが顧客のチャレンジカップ参戦を支援するような規模のものだったけれども、戦後にF1選手権がスタートすると一躍、その名声が世界に轟き始め、今となってはF1界になくてはならない存在にまで成長した。

 フェラーリというブランドの根底にはF1を筆頭するモータースポーツ活動があり、そのイメージに頼ってロードカーの販売戦略が構築されてきたわけだから、SF90という名前を持つロードカーがいかに重要なモデルであるかは容易に想像できることだろう。

 しかもそれは、いち早く電動コンポーネンツを採り入れたF1マシンに倣って、フェラーリのシリーズモデルとしては初めてプラグインハイブリッドシステム(PHEV)を採り入れた。跳ね馬のハイブリッドモデルとしては限定生産のラ フェラーリに続く第二弾である。

■記念モデルにふさわしく、従来モデルからの進化の度合いが半端ではない!

 それにしてもこのSF90ストラダーレほど、読むべき資料の多かったモデルはこの20年、見当たらない。日本での試乗を前にマラネッロ本社の開発陣とオンラインでのミーティングまで行われた。

 ハイブリッドシステムを筆頭に、エンジンとトランスミッション、マルチマテリアル(主にアルミとカーボン)の軽量ボディ&シャシー、内外装のデザインとエアロダイナミクス、エネルギー管理を含んだビークルダイナミクス、そしてマンマシンインターフェースなど、すべてにわたって従来のV8ミドシップモデルから大幅な進化を果たしているからだ。

 否、いみじくもマラネッロがこのクルマのことを「トップ・オブ・レンジ」と表現したように、SF90ストラダーレは単なるV8ミドシップモデルのハイブリッド進化版ではない。ひょっとすると伝統のV12+FR2シーターに代わってフラッグシップモデルになる可能性もあるのだから。

「SF90ストラダーレ」はミドエンジンフェラーリの定石どおりのスタイリングだが、フロントに2つのモーターを搭載した、トルクベクタリングe4WD車である。システム出力は1000馬力!!

 簡単に車両概要を復習しておこう。リアミドに4Lの改良版V8ツインターボエンジンを積み、新型8DCTとの間に電気モーターを一つ、フロントにも二つのモーターを備え、キャビンとエンジンとの間にバッテリーを積んだPHEVの跳ね馬である。e4WDであり、ミドシップモデルの四駆化は初。

 大幅な改良を加えたV8エンジン単体の最高出力は780ps。これに3つの電気モーターを加えたシステム総合出力は1000psで、跳ね馬ロードカーとしては史上最高のスペックだ。

 0→100km/h加速2.5秒、0→200km/h加速6.7秒も跳ね馬最速であり、かのフィオラノラップタイムでもラ フェラーリを上回るロードカー最速の1分19秒を記録した。と、これだけ聞かされたなら、マラネッロ教信者にとって、高額なお布施をしないという手はないだろう。

 筆者も初めて実車を見た時、そのスタイリングもさることながら、エンジン搭載位置の低さに目を見張り、もうそれだけで欲しい! と思ったものだ(買えないけれど)。ミッションの重心が下がり、エンジン上部やターボチャージャーまわりも大幅な設計変更を受けたため、驚異の低重心が実現したのだ。

 まだまだ紹介したいファクトは多いけれども、キリがない。そろそろ本題に移ろう。

次ページは : ■約25kmのEV走行が可能。効率重視のハイブリッドモードでも、公道では充分な性能だ

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ