ノア/ヴォクシー事前予約開始 ロッキー&ワゴンRスマイル好調!! ほか国内最新情報

本日事前予約開始ノア/ヴォクシー 今後の展開は?? ロッキー&ワゴンRスマイル&ノートオーラ好調!! ほか国内最新情報

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今月もあと3週間弱といったところ。相変わらずコロナ禍における半導体不足に振り回されているイメージの国内メーカーだが、ノア/ヴォクシーが事前予約の開始にこぎつけ、ロッキー、ワゴンRスマイル、ノートオーラが受注好調…と明るい話題も入ってきている(同時に納期も大いに気になるところではある)。

 今回はそうした話題とともに、アルファードや日産、ホンダの来季ニューモデルの話題、そして課題をお届け。

※本稿は2021年11月のものです
文/遠藤徹 予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年12月10日号

【画像ギャラリー】ノア、ロッキー、ワゴンRスマイル、ノートオーラ…画像とともに国内最新トピックを時短チェック!(16枚)画像ギャラリー

■トヨタ 次期型ノア/ヴォクシー 発表スケジュールを捕捉!

トヨタ新型ノア。2022年1月13日に発表・発売すると販売店に通達したもようだ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 トヨタは次期型ノア/ヴォクシーを2022年1月13日に発表・発売すると販売店に通達したようです。

 11月中旬にウェブでスタッフマニュアルが配布され、ティザーキャンペーン、12月8日から事前の予約受付を開始…といった流れになる模様。

 次期型はノアが3&5ナンバー、ヴォクシーは3ナンバーとなります。ミニバン初のTNGA、改良型2Lガソリン、1.8Lハイブリッドを搭載します。ハイブリッド車は4WD車も新規設定します。

 エスクァイアのみを廃止しヴォクシーを残したのは現行型の売れ行きが依然好調なためですが、ノアへの一本化という基本スタンスは変わっていないようです。

 またハイブリッドの2Lへの集約も将来像として保持しているようです。1.8Lのニーズが根強く、まだ2Lに拡大するニーズがない状況だと判断したようですが、将来的には高効率化が必要になり、車重とパワーユニットとのバランスを考慮すると2Lへの集約のほうがベストと見ているようです。

 こうした戦略は3年後のビッグマイナーチェンジで実施される可能性が高いと思われます。

◆新型ノア グレード別価格一覧
・X(7人乗り、8人乗り)…FF:267万円、4WD:286万8000円
・G(7人乗り、8人乗り)…FF:297万円、4WD:316万8000円
・Z(7人乗り)…FF:324万円、4WD:343万8000円
・Xハイブリッド(7人乗り、8人乗り)…FF:305万円、E-Four(7人乗り):327万円
・Gハイブリッド(7人乗り、8人乗り)…FF:332万円、E-Four(7人乗り)354万円
・Zハイブリッド(7人乗り)…FF:359万円、E-Four:381万円

◆新型ノア エアロボディ グレード別価格一覧
・S-G(7人乗り、8人乗り)…FF:304万円、4WD:323万8000円
・S-Z(7人乗り)…FF:332万円、4WD:351万8000円
・S-Gハイブリッド…(7人乗り、8人乗り)FF:339万円、E-Four(7人乗り):361万円
・S-Zハイブリッド…(7人乗り)FF:367万円、E-Four:389万円

◆新型ヴォクシー グレード別価格一覧
・S-G(7人乗り、8人乗り)…FF:309万円、4WD:328万8000円
・S-Z(7人乗り)…FF:339万円、4WD:358万8000円
・S-Gハイブリッド(7人乗り、8人乗り)…FF:344万円、E-Four(7人乗り):366万円
・S-Zハイブリッド(7人乗り)…FF:374万円、E-Four:396万円

新型ヴォクシー&ノア 全価格情報判明!! 267万円スタートで明日受注開始

■ロッキーハイブリッドが好調な滑り出し

ダイハツ ロッキーハイブリッド。新開発の『eスマートハイブリッド』が好調な滑り出し

 ダイハツが11月1日に発売したロッキーハイブリッドが好調な滑り出しです。

 1.2L、3気筒エンジンを発電に使う日産のe-PОWERと同じシリーズ方式のモーター駆動です。今回はFF車のみの設定ですが、近い将来は4WD車の追加もありそうです。

 ダイハツの小型車はこのパワーユニットを順次搭載する方向で開発を進めていると思われます。

次ページは : ■日産 ノートオーラ受注 好調に推移!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ